新婚夫婦にかかる生活費の平均はどれくらい?節約しながら貯金する方法

新婚生活において一番不安になるのは、やはりお金の問題ではないでしょうか?

「食費はどれくらいに抑えたらいいのか?」
「どうやって節約をしたらいいのか?」
「どれくらいの家賃の家に住めばいいのか?」
「共働きした方がいいのか?」

そこで今回は、新婚生活でかかる平均的な出費をもとに、うまく生活をやりくりする方法をお伝えします。

状況別|新婚夫婦にかかる生活費

新婚夫婦にかかる生活費について、3つの状況別に考えていきたいと思います。

1ヶ月の生活費の合計額平均

ゼクシイが公表した『新生活準備調査2016』によると、新婚夫婦の1ヶ月の平均支出は、20~25万円が34%と最も高い割合でした。

引用:ゼクシイ新生活準備 2016

1ヶ月の生活費の内訳平均

では、1ヶ月の生活費平均20~25万円の内訳はどのようになっているのでしょうか?『新生活準備調査2014 リクルートブライダル総研調べ』によると、下記のとおりとなっています。

1.住宅費 8万2千円
2.食費 4万1千円
3.光熱費・通信費 2万4千円
3.保険料 2万4千円
3.交通・趣味・レジャー 2万4千円
6.被服・理容費 1万4千円
7.その他 3万7千円

共働きの場合

夫婦そろって外で働いているぶん、食費や交通費などは上記の数値よりも増えていくと考えられますが、一方では家を空ける時間が長くなるぶん、光熱費は安くなると考えられます。ある新婚夫婦の一例を挙げてみます。

夫の収:300,000円
妻の収入:100,000円
夫婦の収入:400,000円

食費(外食費を含む) 35,000円
水道代 4,000円
電気代 3,000円
ガス代 9,000円
電話代 25,000円
被服代 20,000円
趣味・レジャー代 30,000円
日用雑貨 15,000円
住居費 70,000円
ローン 40,800円
保険料 9,000円
その他 48,000円
支出の合計 308,000円

引用:ゼクシイ あなたの家計簿みせて!

専業主婦である・妊娠している場合

妻が専業主婦である、または妊娠している場合では、妻が家にいることが多いと考えられるので、そのぶん光熱費が高くなると考えられます。

食事を家で作るのであれば、夫の外食が減ることで、そのぶん食費を安く抑えることができるでしょう。ある新婚夫婦の一例を挙げてみます。

夫の収入:231,000円
妻の収入:0円

食費(外食費を含む) 40,000円
水道代 5,000円
電気代 5,000円
ガス代 6,000円
電話代 13,000円
医療費 5,000円
日用雑貨 2,500円
住宅費 65,000円
駐車場代 4,000円
ローン 15,525円
保険料 37,000円
夫のお小遣い 2,000円
支出の合計 218,025円

引用:ゼクシイ あなたの家計簿みせて!

子供がいる場合

子供がいるケースの一例を見てみましょう。夫婦だけのケースとは違い、医療保険や学資保険がプラスされるため、そのぶん生活費も高くなりますね。

子供がまだ幼い場合は共働きが難しいので、夫もしくは妻のみの収入で生活しなくてはいけません。

夫の収入:25~28万円
妻の収入:0円
夫婦の収入:25~28万円

食費 35,000円
光熱費 18,000円
雑費  5,000円
住宅費 76,000円
旦那お小遣い 15,000円
旦那昼食代 7,500円
新聞 3,000円
携帯代 18,000円
固定電話ネット代 4,500円
医療保険 18,000円
学資保険 10,000円
支出の合計 210,000円

引用:ミクル掲示板

 

新婚生活費を節約するコツ

新婚生活費を節約するためには、小さなことでも地道に積み重ねていくことが大切です。ここでは節約のコツをご紹介します。

節約のために抑えたい支出を把握しておく

光熱費

水道、ガス、電気などの光熱費は変動しますので、意識次第で節約することが可能です。例えば水道代はお風呂での割合が一番高いので、残り湯を洗濯に使ったり、お風呂掃除用に使ったりと、工夫次第で節約できることはたくさんあります。

また、お風呂の温度を1℃下げてガス代を少しでも抑えたり、エアコンの使い方を工夫したりと、光熱費節約のためにできることも多いです。ぜひ実践してみてください。

水道光熱費の節約記事まとめ

食費

住宅費に次いで二番目に出費の多い支出が食費です。外食の回数を減らしたり見切り品を上手に活用して自炊したりすることで大きく節約できます。

食費の節約記事まとめ

住宅費

生活費の中で最も高い出費がこちらの住宅費です。どのくらいの家賃の住宅に住むのか、ということは、とても大事な決断だといえるでしょう。一般的に、家賃は収入の3割程度に抑えると良いとされています。

夫婦の収入 理想の家賃
18万円 5万4千円以下
20万円 6万円以下
25万円 7万5千円以下
30万円 9万円以下
40万円 12万円以下

夫婦の収入に合わせた理想の家賃は、こちらの表のとおりです。

各種保険料

新婚夫婦の各種保険料の割合は、収入の8~10%が理想とされています。いかに安く抑えるかは、専門家に直接相談するのが一番よい方法だと思います。無料相談を実施している保険会社もありますので、積極的に活用していきましょう。

ただし、いくら節約のためとはいえ、夫や妻の体が一番大切なはずですので、そこまで切り詰めて考えるべきではないかと思います。万が一のこともしっかりと頭に入れ、各種保険料を考えていきましょう。

【関連記事】
終身保険を貯蓄目的で利用するなら早めの加入が良い理由とデメリット
養老保険で貯蓄したい人が知っておきたいメリット・デメリット・使い道

カード払いにする

支払いをクレジットカードにすることで、貯まったポイントで支払いができたり、カード支払い限定の割引があったりと、節約に繋がることもあります。カードで節約する方法については、こちらの記事も参考にしてみてください。

カード・ポイントの節約記事まとめ

カード払いの注意点としては、支払う金額がわかりにくいため、後になって多額の請求がきてしまうことがあるということです。その場で現金を支払う必要がないので、カードを使った時はその旨を必ず家計簿に記載しておきましょう。

共働きする

夫婦で共働きすることにより、単純に収入が増えます。収入が増えるということは、そのぶん使えるお金や貯金できるお金が増えるということです。

また、二人とも日中に働くなど、家に誰もいない時間が増えることにより、電気代や水道代などの光熱費を節約することもできますね。妻が専業主婦などの場合は家にいる時間が多くなるはずですから、何かしらの光熱費は必ず発生してきます。

夫婦で共働きすることにより、単純に収入が二人ぶんになるだけでなく、光熱費などの出費を減らすことにも繋がるということですね。

共働きのリスク

夫婦で共働きすることで使えるお金や貯金できるお金が増える一方、リスクとなることもあります。それは、外出が多くなることから、食事を外で済ませることもそれに伴って多くなる恐れがあるということです。妻が専業主婦で料理を作るのであれば、夫は家で食事をすることが多くなるでしょう。

しかし共働きの場合は、お互いが疲れて料理を作りたくないという状況も充分に考えられるので、食費がかさんでしまうというリスクが考えられます。

家計簿をつける

家計簿をつけることで、「毎月どれくらいの出費があるのか」ということを数字で明確に把握できます。毎日使った額を記入しておくことで、無駄な出費に気づくこともできますね。

「なかなかお金が貯まらない…。」と悩んでいる方はぜひ家計簿をつけ、自分が何にお金を使い、そしてそれは本当に必要なものなのか、今一度しっかりと考えていきましょう。

書くことを目的にしない

家計簿をつける目的は、『無駄な出費に気づいてそれを減らしていくこと』です。書いて満足するのではなく、しっかりと実行していくことが一番大切です。

家計簿をつけることが習慣化すれば、モノを買う時にも「本当にこれは無駄な出費ではないか?」と考える癖がつき、必要なモノだけを買うという生活へと変わっていくでしょう。

そうすれば、生活の中から無駄な出費がなくなり、結果的にお金が貯まっていくことに繋がっていきますよ。

【関連記事】レシーピ!の家計簿機能と活用法|実際に使ってみてわかった4つのこと

500円貯金をする

500円貯金をするという方法も、節約生活には有効です。100円ではなかなかお金が貯まりにくく、1000円では少し高い…。そういった意味でも500円貯金は手軽に行えますし、お金が貯まるスピードも早いでしょう。

毎日500円貯金を続けることによって、例えば1ヶ月では1万5千円、半年では9万円、1年ではなんと18万円も貯金できることになります。気づいた時にこれだけお金が貯まっていたら、とても嬉しいですよね。

500円貯金を継続するコツ

お店などで買い物をする時は、できるだけ500円のお釣りがくるように工夫しましょう。900円の買い物をしたら1,400円を出したり、500円の買い物では100円玉を5枚出したり1000円札を出すなどして、なるべく500円玉が増えるように工夫するといいですね。

毎日1枚でも貯金箱に入れることができれば、知らぬ間にどんどんとお金が貯まっていきますよ。なお、途中で開封してお金を使ってしまうことを防ぐために、フタのない貯金箱を使うことをオススメします。

どちらが何を払うのか話し合う

新婚生活で節約をするために、どちらが何を払うのか、どのような方法で出費を抑えていくのか、夫婦間でしっかりと話し合いをしておくことが大切です。

あらかじめ1ヶ月の生活費を決めておく

あらかじめ1ヶ月の生活費を決め、その中で切り盛りをするという方法です。二人の収入を合わせ、その中から生活費にどれだけ使えば貯蓄ができるのか、どうすればある程度我慢のない生活が送れるのかなど、しっかりと話し合いを行いましょう。

この際、使う生活費だけではなく、貯蓄する額まで決めることが大切です。一般的には収入の20%が理想の貯蓄額といわれていますので、夫婦の収入から1ヶ月の貯蓄額を決定していきましょう。

支出項目ごとに支払い分担を決めておく

食費や光熱費、レジャー費や通信費などの変動の激しい費用に関しては、どちらがどの支払いを担当するのかをあらかじめ決めておくのも有効です。

支払い担当を決めておくことで、それぞれが担当した項目の出費は抑えようと心がけるはずですので、結果的に全体的な変動費の節約が期待できますね。

 

子供が生まれるまでが一番貯金できる

結婚してから一番お金を貯めることができるのは、子供が産まれるまでの間です。家族が1人増えるわけですから、そのぶんお金がかかってくるのが想定できますね。

引用:ベネッセ 教育情報サイト

こちらは、出産から22年の間にかかる養育費の平均です。出産・育児だけでも100万円近くのお金がかかるとされていますから、それを見越して新婚生活の節約を行っていく必要がありますね。

ここまで紹介してきたように、

  • 家計簿をつけて日々の出費を計算する
  • 無駄な出費を抑える
  • 毎日500円貯金をする

などを徹底し、子供が生まれるまでの間にコツコツとお金を貯められるよう夫婦で協力していきましょう。

 

まとめ

一人暮らしから二人暮らしに生活が変わると、これまで以上に多額のお金がかかることに気づかされるかと思います。どちらか一方だけの収入だけでは生活が厳しいですし、共働きであってもなかなか思うように貯金ができないというお悩みをお持ちの方も多いかと思います。

この記事で紹介してきたように、小さなことをコツコツと積み重ねていくことが、節約や貯金のためには必要不可欠です。ぜひ夫婦で協力をし、話し合いを重ねながら新婚生活を送っていただきたいなと思います。