格安simを用いてテザリングサービスを利用するための情報まとめ

テザリングとはスマホを使って、PCやゲームをオンライン環境につなぐことができるサービスのことをいいますが、格安simは大手キャリアとはサービスが違うのでテザリングができるか不安という人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は格安simとテザリングの関係についてまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

 

格安simでテザリングができる条件

基本的に格安simというのは、白ロム(simカードがささっていない状態)であるスマホに差し込み、APN(Access Point Name)設定をすることにより通信を行うことができるようになります。

しかし、様々な事情によりテザリングになるとAPN情報が強制的に変更されてしまってその結果、携帯会社によってはエラーが出てしまったりと、複雑なことが起きてしまいます。

そのため格安simの中にはテザリングができるものとできないものがあります。ここではどういった条件ならば、テザリングができるのかについて解説します。

《テザリングが可能な回線》

  Docomo(ドコモ)回線 au回線
キャリア版Android △(一部利用可能)
キャリア版iPhone
SimフリーAndroid
SimフリーiPhone

 

ドコモ回線の格安simのテザリング条件

Docomo(ドコモ)版Android端末の場合

Docomo(ドコモ)回線のAndroid端末は一部を除いてテザリングを行うことができません。

これは先程もお伝えしたAPN情報が関係しています。

APNとはそもそもご自分の端末をインターネットに繋ぐ際に必要な名前のようなものです。インターネット側も誰がインターネットの接続をしているのかを把握していないとセキュリティや顧客管理上でよろしくないので、端末一つ一つにネット上での名前をつけます。

APNは端末ごとに異なってきますが、APN情報が間違っているとインターネットに接続することができません。

ドコモがAndroid端末で利用するAPNは「spmode.ne.jp」ですが、ドコモ端末のほとんどはテザリングをONにすると「dcmtrg.ne.jp」に強制的に書き換えられてしまいます。

ドコモの端末は「dcmtrg.ne.jp」に書き換えられても正常に認証されてテザリングをすることができるのですが、Docomo(ドコモ)回線の格安simではエラーが出てしまうためテザリングをすることができません。

Docomo(ドコモ)版iPhone端末、simフリーAndroid、simフリーiPhoneの場合

こちらは心配なくテザリングを利用することができます。

au回線の格安simのテザリング条件

au版のiPhoneの場合

au版のiPhoneはau系格安simでテザリング機能を使うことはできません。これはau版のiPhoneにsimロック解除をしても同様です。

mineo(マイネオ)に電話確認をしたところ、こちらができない理由は「開発したsim」をau版iPhone端末に挿して試してみたら使えなかったということです。

もしかしたら今後はau版iPhoneでテザリングできるようになるかもしれませんね。

au版のAndroid、simフリーAndroid、simフリーiPhoneの場合

こちらは格安simを指してテザリングをすることができます。しかし、au系格安simを使えるsimフリーのAndroid端末がかなり少ないのが弱点です。

もし、Android端末を利用したい場合はDocomo(ドコモ)回線の格安simを利用して、Docomo(ドコモ)でAndroid端末を選んだほうが良いでしょう。

Xperia Linkのテザリング条件

「スマホとタブレット」か「スマホとPC」を同じSONY製品で揃えるとこちらのテザリングサービスを利用することができます。

しかもこちらのテザリングサービスは、テザリングをするときにスマホ側の操作が一切不要で、全てタブレットやPC側から操作を行えてしまうという利点があります。

Xperiaで格安simのテザリングが必ず使えるならば、Xperiaは相当いいメリットを持っていると言えますね。

 

テザリングをする上での格安simの選び方

これまではテザリングサービスを利用できる条件をお伝えしましたが、ここでは一体どのような観点からテザリングするための格安simを選べばよいのかを見ていきたいと思います。

速度が早いものを選ぶ

テザリングとは2回通信を行います。

  • インターネットとスマホ
  • スマホとPC

テザリングをするときにスマホとPCの通信速度が遅いのはどうしても避けられない事実です。

それに加えて「インターネットとスマホ」の通信速度まで遅かったらどうしようもなくなってしまいますので、格安simの中でも速度の早いものを選ぶようにしましょう。

データ通信量制限を大きいものを選ぶ

パソコンでテザリングをして作業をしてしまうと、あっという間にたくさんのデータ通信を行ってしまいます。

月末に通信速度を制限されないように通信データ量の上限が大きい格安simのプランを選ぶようにしましょう。

テザリングにオススメの格安simとプラン

上の条件を満たす格安simをご紹介していきます。

DMM mobile

基本的にDMM mobileは通信速度が早く、通信速度は昼12時を避ければ格安simトップクラスです。

しかし、昼の12時には格安sim最大のデメリットの通信の遅延が起きてしまいますので、こちらの時間ではテザリングを避けた方が良いでしょう。

データ容量も20GBのプランまであり、テザリングをするのにも安心の格安simです。

DMM公式サイトはこちら

UQ-モバイル

UQ-モバイルは基本的に一日を通して通信速度がとても早く、キャリアとも大差がない、むしろ上り(アップロード)に関してはキャリアよりも早い場合もあります。

データ容量も14GBのプランまであるので安心ですね。

U-mobile

U-mobileは25Gbのプランも有り、とにかくデータ容量が大きく、LTE使い放題のプランもあるので非常に安心です。

 

まとめ|テザリングは全ての格安simができるわけではない

テザリングは非常に便利なサービスですが、全てのスマホ、全ての格安simができるわけではありません。そしてテザリングができるけども向いていないsimもあるので、そこを吟味して利用していきたいですね。