保険見直しの際におすすめの相談窓口4選

保険の見直し資料の画像

今入っている保険を見直したほうが良いのか、見直すタイミングはいつがいいのかなど、保険の見直しについての悩みをお持ちの方は多くいらっしゃると思います。

今回の記事では、

どのような人が保険を見直すべきなのか?
保険を見直すタイミングはいつがベストなのか?

について解説していきたいと思います。

また、実際に見直すにあたり活用をおすすめしたい相談窓口を4つ厳選してお伝えしていきます。

保険の見直しを行って、賢く節約してみましょう。

おすすめの保険見直し相談窓口4選

それでは、保険の見直しを行う際、ぜひ活用してほしいおすすめの保険相談窓口を4つ厳選してご紹介していきます。

訪問型相談窓口

保険見直しラボ

訪問型の保険相談窓口として有名な保険見直しラボは
・ファイナンシャルプランナーの質が平均的に高い
・取り扱っている保険会社が多いため比較検討しやすい
・全国対応してくれる
・他の相談窓口で断られた方も受け付けてくれる
など、多くのメリットがある相談窓口です。

保険見直しラボが数多くのメリットを生み出している理由としては、保険見直しラボでは自社ファイナンシャルプランナーという形態をとっていることが挙げられます。

自社ファイナンシャルプランナーとは、保険相談員であるファイナンシャルプランナーを自社だけで提供するというやり方で、他の代理店からファイナンシャルプランナーを派遣している他の相談サービスとは質に大きな差が出ます。

大手の会社で自社ファイナンシャルプランナーの形態をとっているのは今のところ保険見直しラボだけでしょう。

保険のビュッフェ

次にご紹介するのは、顧客満足度95%の保険のビュッフェです。保険のビュッフェの大きな特徴は、ファイナンシャルプランナーのクオリティが高いことが挙げられます。

具体的な指標として、MDRTという優れた生命保険と金融サービスの専門家による国際的組織の会員が2018年度時点で218名所属しています。

また、保険のビュッフェでは担当の変更が無料で行える交代保障制度を実施しています。保険の相談員は質だけではなくご自身との相性も大切なので、「自分と馬が合わないな」と感じた場合は、すぐに交代してもらえるのも大きなメリットです。

デメリットを挙げるとすれば、損害保険の取り扱いがないこと、取り扱い保険会社が15~20社ほどと他サービスに比べて少し少なめなことです。

相談したい内容が生命保険なのか、損害保険なのか、気になる保険会社の取り扱いはあるのか…そういった疑問は事前に確認してから相談するといいでしょう。

来店型相談窓口

保険見直し本舗

続いて来店型の相談窓口のおすすめをご紹介していきます。

CMでもおなじみの保険見直し本舗は、提供されるサービスがすべて無料で受けられるという大きなメリットがあります。

具体的には
・新規保険加入相談、見直し相談
・保険プランの提案
・保険の加入手続き
・アフターフォロー
のすべてが無料で受けられます。

また、全国に238店舗を展開しており、情報をすべて一元管理しているため、万が一引越しをしても最初から相談し直す必要はなく、前の情報を引き継いだ状態から相談をすることができます。

また、先ほどご紹介したMDRTの会員も108名所属しているので、相談員の質も安心できます。

保険市場

保険市場の魅力は何といってもその取扱い保険会社数でしょう。

生命保険、損害保険、少額短期保険合わせて83社の取り扱いがあり、多くの保険から自分に合った保険を選ぶことができます。

保険市場は保険の比較サイトを運営しているため、店舗に相談に行く前に気になる保険の保険料を比較することができるのも大きな魅力といえます。

また、来店型の保険相談窓口がメインですが、訪問での相談にも応じてくれますので、「やっぱり家まで来てほしい」という場合にも対応してもらえます。

保険の見直し相談に行く前にしておくべきこと

保険の見直しは相談窓口に行って相談するのがベターですが、相談前にしておくと、より効率的に提案してもらえる「事前準備」がありますので相談前にぜひチェックしてみてくださいね。

【関連記事】保険の無料相談窓口を活用する4つのメリットと利用すべき人

ライフプランをある程度固めておく

「相談員のファイナンシャルプランナーが全部提案してくれるでしょ☆」
というおんぶにだっこ精神では自分にぴったりの保険を提案してもらえる確率は下がってしまいます。

事前に自分のライフプラン(今後どうしていきたいのか、何年後にどうなっている予定なのか)などをある程度固めた状態にしておくといいでしょう。

事前に今の保険内容を確認しておく

見直したい保険の保険内容を確認しておきましょう。

保険料はいくらなのか、いつから入っていて満期or更新はいつなのか、保障内容はどうなっているのかなど、わかる範囲で確認しておくことが大切です。

事前に現在の保険内容を把握できていれば、どこをどう変えたいのかという話がスムーズにできますので、相談時間の短縮にもつながります。

保険料の譲れないラインを決めておく

保険は保障内容を制限しなければいくらでも保険料が高くなってしまいます。

しかし、毎月の保険料の支払いで日々の生活が圧迫されては保険に入る意味がなくなってしまいますので、保険料の譲れないラインを事前に決めておくことが重要です。

譲れないラインの保険料をはじめに相談員に伝えておけば、その範囲での最適なプランを提示してくれるはずです。

保障内容の譲れないラインを決めておく

保険の見直しというと、みなさん保険料を下げることばかりに目がいってしまいがちですが、保障内容が適していなければいくら保険料を下げたところであまり意味はありません。

・絶対に必要な保障内容
・あったら嬉しい保障内容
・なくても困らない保障内容

という感じでレベル別に分けておくと、自分に合った保険プランを見つけやすくなります。

保険見直し相談は時間のかかるものだと心得ておく

1~2時間の相談でサクッと終わらせられる携帯電話のプラン変更と違い、保険の見直し相談は案外時間がかかるものです。

1~2時間では到底終わりませんし、1回の相談で終わることもかなり稀です。

保険の見直し次第で今後払う保険料の全額が大きく変わりますので、見直しにはじっくり時間をかけるべきと思っておくといいでしょう。

  • 絶対に必要な保障内容
  • あったら嬉しい保障内容
  • なくても困らない保障内容

という感じでレベル別にわけておくと自分にあった保険プランが見つけやすくなります。

保険見直し相談は時間のかかるものだと心得ておく

1~2時間の相談でサクッと終わらせられる携帯電話のプラン変更と違い、保険の見直し相談は案外長い時間がかかるものです。

1、2時間では到底終わりませんし、1回の相談で終わることもかなり稀です。

保険の見直し次第で今後払う保険料の全額が大きく変わりますので、見直しにはじっくり時間をかけるべきと思っておくとよいでしょう。

保険の見直し相談サービスの種類とメリット

保険の見直しをする際には、ご自身一人で抱え込まず、プロの手を借りるのが賢い方法です。

保険の見直し相談サービスには大きく2種類ありますので、それらのメリットと合わせてご説明していきます。

訪問型

あなたの自宅や行きやすいカフェなどに相談員が出向いてくれて相談に乗ってくれるサービスで、自宅やカフェなどで相談に乗ってもらえるのでリラックスしながら相談できるのがメリットです。

また、小さいお子様がいる場合は自宅に来てもらえれば気兼ねなく相談できるのも大きな魅力です。

会社によっては無料相談サービスを利用すると賞品がもらえることもあります。

来店型

ショッピングモールなどに設置してある店舗での相談サービスです。

買い物のついでや仕事帰りに相談することが可能なので、気が向いたときにいつでも相談できるのがメリットといえます。

ただし、土日や会社帰りの時間帯は混雑していて順番待ちをしなければいけないこともあるので、事前に予約できるのであれば予約してから出向くと良いでしょう。

保険を見直す必要がある人の特徴

まずは、どのような人が保険の見直しをすべきなのか、見ていきます。

保険に入ったきっかけが営業マンに熱心に勧誘された人

情に流されやすい方だと、勧誘した営業マンに流されてそのまま保険に入ってしまうケースが多々あります。

「営業マンが熱心に勧めてくれたから」「営業マンが一生懸命頑張っていたから」「営業マンが信頼できそうな人だったから」

など、保険商品そのものよりも、営業マンを理由に保険に加入した場合、実際はあなたの生活状況に適していない保険に入っている可能性があります。

上記に少しでも当てはまると感じている方はすぐに見直しを検討した方がいいと思われます。

自分が入っている保険の保障内容を把握しきれていない人

保険商品は年々複雑になってきています。そのため、自分が入っている保険の保障内容を把握しきれていない方も結構いらっしゃると思います。

しかし、いざというときに最大限保険を活用するためにも自分が入っている保険についてはしっかりと保障内容を把握しておくべきです。

もし、現在加入中の保険についてしっかりと把握しきれているという自信がない場合は、見直す見直さないに関わらず確認の意味も込めて保険の相談窓口にいってみるといいでしょう。

加入するときどの保険を選んでいいかわからなかった人

「確固たる理由はないけれど、なんとなく保険に入ったほうが良いと思ったから」
という曖昧な理由からはじめての保険に入ってしまった人も、一度見直した方がいいです。

はじめて保険に入る際には保険に関する知識はほぼゼロに等しいでしょう。

加えて、どういう保証がついていてほしいなどのはっきりした希望がない状態でなんとなく選んでしまった場合は、現在の状況に適した保険である可能性が低いため、できるだけ早いタイミングで保険の見直しを行ったほうがいいと言えます。

「みんながこれを選んでいるから」という理由で加入した人

「●●さんがこの保険を勧めていたから」
「口コミで多くの人の評価が高い保険商品だったから」
という理由で保険を選んだ方も、保険の見直しを行うことをお勧めします。

人によってライフプランやライフステージがバラバラであるため、人によって最適な保険プランは当然異なります。

あなた自身のライフプラン、ライフステージと現在加入している保険プランがマッチしているかどうか一度確かめたほうがいいでしょう。

保険を見直すべきタイミングとは

保険の見直しは定期的に行ったほうがいいと思いますが、環境や状況が変わったタイミングは特に保険の見直しに適している時期といえます。

具体的に見ていきましょう。

  • 結婚したとき
  • 子供ができたとき
  • 家を購入したとき
  • 子供が独立したとき
  • 定年退職したとき
  • 転職したとき
  • 離婚したとき
  • 保険料が家計を圧迫していると感じたとき

これらのタイミングは保険の見直しに最適のタイミングと言えます。

保険の見直し方がわからない人はファイナンシャルプランナーに相談すべき

保険の見直しをする際には、
・自身のライフプランが固まっていること
・生活状況を把握できていること
・保険の知識を持っていること
が重要となります。

1つ目と2つ目は自分だけで事足りますが、3つ目の保険の知識を持っていることというのは多くの方にとってハードルが高いと思います。

もし保険の見直しの際に最適な保険プランを選ぶ自信が無い場合はファイナンシャルプランナーに相談することも検討するといいでしょう。

保険の相談窓口ではファイナンシャルプランナーの資格を持った相談員が親身に相談に乗ってくれますので、相談員にご自身のライフプランや生活状況を伝え、最適なプランを提案してもらってみてください。

【関連記事】毎月の保険料を節約する方法|保険加入の目的と見直しのタイミング

まとめ

保険は一度入ってしまえばそれで終わり、というものではありません。

ライフステージの変化や収入の変化、求める保障内容の変化によってその都度見直ししていくべきものです。

できるだけ早めに保険の見直しをすることで、家計全体の見直しにつながりますので、面倒だと後回しにせず、ぜひ今回の記事を参考にしていただければと思います。

保険の無料相談窓口!


保険コネクトのイメージ画像

保険コネクトだったら、多数の保険会社から自分にピッタリの保険が探せます。

複数の保険プランを比較して、簡単にお得な保険がすぐわかる!

あなたは無駄に高い保険料を払い続けてるかもしれません。

あなたの保険はどれくらい安くなる??簡単60秒入力!