ソフトバンク回線を利用できる格安sim一覧|メリットと料金比較まとめ

現在ソフトバンクの携帯を使っている方で、「格安simに興味がある」という方はとても多いです。しかし、「格安simを使えば携帯代が格段に安くなる!」くらいのことはわかっていても、具体的にいくら安くなるのかがわからなかったり、デメリットに対する不安があったりしてなかなか手が出せないという方は少なくありません。

そこで今回の記事ではソフトバンクユーザー向けに、格安simにした場合の携帯料金やメリット・デメリットなどをくわしく解説したいと思います。

ソフトバンク回線の格安sim一覧

数少ないソフトバンク回線の格安simの中でもオススメのsimをまとめました。

U-mobile

U-mobileの詳細

容量 月額料金 高速通信量
1GB 880円 1GB/月
3GB 1,580円 3GB/月
7GB 2,980円 7GB/月
30GB 4,980円 30GB/月

U-mobileのメリット

1,000円以内という破格でスマホを持てる

キャリアで買ったら最低でも5,000円はするでしょうが、U-mobileならば1,000円出さずともスマホを持つことができます。

LTE使い放題プランを格安で利用することができる

U-mobileはLTE使い放題プランを2,980円で提供していますが、大手キャリアの「10GB以上」や「使い放題プラン」と比較した時、月間でおよそ5,000円以上得する計算になります。

通話料半額アプリ「U-CALL」

格安sim全部に共通する欠点として「通話料金が高い」というものがありますが、「U-CALL」は通話料が半額になるので、たくさん電話をかける用ならばこちらのアプリを利用することで大手キャリアより安くなることもあります。

U-mobileのデメリット

時間帯によっては通信速度が遅くなってしまう可能性がある

格安simというのは大手キャリアの「帯域」という通信に使っているものの一部を購入して利用しています。それは当然少ない枠にですので、多くの人が使うと混雑してしまい、速度が落ちてしまいます。

LTE使い放題でも速度制限になる場合がある

使い放題プランがあるといっても、「短時間に一気に」通信を行ってしまうと、速度制限がかかる場合があります。

月額680円のプランも登場!格安スマホの詳細はこちらから!

b-mobile

b-mobileの詳細

高速定額 音声つき ライトプラン 音声つき 高速定額 ライトプラン
月額基本料 2,780円 1,980円 1,980円 1,180円
データ通信基本料 1,980円 1,180円 1,980円 1,180円
通信速度 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
データ量 使い放題 3GB 使い放題 3GB
音声月額基本料 800円 800円
通話料 20円/30秒 20円/30秒

b-mobileのメリット

低コストでスマホを持つことができる

データのみ用ならば900円、音声つきならば1,560円で利用することができますので、一年間使っても【900(円/月)×12(月)=10,800円】なので大変お得です。

一年間継続オプションで毎月1GBの高速通信がついてくる

以下のように、1GBもあればいろいろなことができますが、毎月無料で1GBついてくる嬉しいオプションがあります。

約1GB分
動画視聴 約500分
Web閲覧 約4,300ページ

iPadで10GB用の格安通信サービスを利用することができる

月額2,980円という破格で毎月10GBの高速データ通信を利用することができます。

b-mobileのデメリット

Wi-Fiスポットがない

最近では独自のWi-Fiスポットを用意している会社もあるのですが、b-mobileは持っていません。

速度に対しての低評価の口コミがある

やはり格安simの弱点である通信速度に関しては低評価があるようです。

Y!mobile

Y!mobileの詳細

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本使用料(1年目) 1,980円 2,980円 4,980円
基本使用料(2年目以降) 2,980円 3,980円 5,980円
高速通信容量※ 1GB(→2GB) 3GB(→6GB) 7GB(→14GB)

※新規・MNP変更の方は月々の高速通信容量が2倍になります。

Y!mobileのメリット

10分無料通話がついてくる

大手キャリアやほんの一部の格安simでは5分の無料通話がついてくるけれども、10分までの無料通話は他にはほとんどありません。電話して、ちょっと待たされるなんて日常茶飯事ですが、待たされると5分は恐らく超えてしまいますので、10分の無料通話は重宝されます。

+1,000円でかけ放題にすることもできる

たった1,000円でかけ放題になるというのは非常にお得です。

安いけどもソフトバンクと同じ回線だから通信速度が段違いに早い

格安simは基本的に大手キャリアの通信部分の一部を購入して、その少ない領域で通信を分け合うから遅くなってしまいますが、これが格安で済む理由です。しかし、Y!mobileでは料金は安いのにも関わらず、ソフトバンクと全く同じ回線を使っているので通信速度がとても早くなります。

Y!mobileのデメリット

データの繰越ができない

余ったデータを次の月に繰り越すことはできないので、ここが少し痛いところです。

入時にスマホの機種が少ない

スマホを替えるときはできれば機種にはこだわりたいものですが、Y!mobileは機種数が少なめです。Y!mobileは「11種」、ソフトバンクは「25種」ありますが、その数は半分ですので圧倒的に少ないことがわかると思います。(2017年08月現在)

 

ソフトバンクのプランから格安simに変更した場合の料金差額シミュレーション

仮に大手キャリアソフトバンクから格安simに乗り換えた場合、どのくらい月額料金が変わってくるのかを見てみたいと思います。

電話をメインに使っている人のケース

電話をメインで使う場合はY!mobileを使用することをオススメしているので、Y!mobileとソフトバンクを比較したいと思います。

Y!mobile ソフトバンク
データ基本料(1GB) データプランS:1,980円(2年目以降:2,980円) 3,132円
ウェブ使用料 324円
通話基本料 スマ放題:2,916円
オプション 誰とでも定額:934円
合計月額料金 2,914円(2年目以降:3,914円) 6,372円
2年間累計金額 81,936円 152,928円
差額 70,992円

電話を使わずにSNSやインターネットを使っている人のケース

データ通信をよく使う場合はb-mobileの利用をオススメしていますので、ソフトバンクとb-mobileを比較したいと思います。

b-mobile ソフトバンク
データ基本料(30GB) 4,980円 8,640円
ウェブ使用料 324円
通話基本料 1,836円
合計月額料金 4,980円 10,800円
2年間累計金額 119,520円 259,200円
差額 139,680円

 

格安simを使用しているユーザーの声

では実際に格安simを利用している人からしたら格安simの使い心地というのはどのようなものなのでしょうか?そこを見ていきたいと思います。

b-mobile

設定が簡単!!

機械類は苦手なので一人できちんと設定できるか不安でしたが、
ものの数分で終わってしまい驚きました。
手順どおりにするだけで本当に簡単だと思います。

(引用元:b-mobile(日本通信)の口コミ・評判(みん評)

U-mobile

通信量無制限のU-mobile、これは便利すぎ

最近格安SIMのU-mobileに加入しました。

ここって格安SIMだと珍しく通信し放題プランがあるんですよね。私は自宅にネット回線を引いてないので通信量がネックだなあって思ってたんです。でも無制限なら問題ないんじゃないかなって思ってこれにしました。

機種はASUS ZenFone2 Laserとセットで加入したんです。今まで使ってたのも2年前のものですしバッテリーも結構消耗してるので、新しいほうがいいなってことでこれにしました。通話つき使い放題プラン(月額2730円)を使った感想ですが、正直遅いです。

動画とか見るにはちょっと力不足だって感じますが、ネットサーフィンをする分には問題ないです。結構2chとかのテキストタイプのサイトを見ることが多いんですが、これなら問題なく使えてます。

あと、スマホってなにげにアプリの自動更新とかで知らず知らずに通信量つかっちゃってることが多いんですけど、使い放題だとこういうのがほんと便利です。

やや速度は遅い(大体1M/bps~2M/BPSぐらい)のが気になりますが、私のように自宅で無料WIFI使えない人にはとってもお勧めだと思います。

(引用元:U-mobileの口コミ・評判(みん評)

>>【注目】月額680円のプランも登場!格安スマホの詳細はこちらから!

Y!mobile

通信速度改善

ワイモバイルにして、通信速度が改善されたことに満足しています。

ただ、購入店とは異なるワイモバイルへ行き、料金請求の確定日について尋ねたことがあったのですが、購入店でない店では携帯の使用方法を教えること以外はできないという回答をいただきました。
機種を知らないので〜最初の契約内容を知らないので〜などとも言っており、結局購入店に電話して尋ねました。

すると、購入時対応してくださった店員さんではなく、別の方が出てすぐに答えてくれました。
機種確認なし、契約内容確認なしだったので、先の一連の流れを伝えたところ、めんどくさがる店員もいるんです、とのこと。

一応カスタマーセンターに確認したところ、購入店舗でない店でも、使用方法以外に故障修理等取り扱ってくれるそうで安心しました。

店舗によって異なるものの、丁寧に誠実に対応してくれる店員さんもいるのだなと実感しました。
今後もそのような信頼できる店員さんがいるところで相談し、継続利用したいと思います。

(引用元:Y!mobileの口コミ・評判(みん評)

 

まとめ|ソフトバンク回線格安simは少し費用が高めだがキャリアと比較するとかなり安い

格安simがたくさんありますが、ソフトバンクの格安sim少し高めです。

しかし、サービスが充実していて、大手キャリアと比較しても半額程度で済むということもあり、とてもオススメのsimになっています。

スマホ代を節約したい方は、よろしければ今回の記事を参考に検討してみてはいかがでしょうか。