タンス買い取りの高額査定となるポイントは?タンスの相場と売り方を紹介

タンスは家具の中でも大型なものが多く、処分を面倒に感じる方は多いでしょう。さらに面倒なだけでなく、処分するとなると費用が発生します。

しかしタンスの状態によっては、処分代金が必要どころか買取で高く売れることも!

タンスの状態・傷・汚れ・素材・ブランドなど要素は様々ですが、処分と買取の判断基準はどこにあるでしょうか。

この記事では買取の判断基準だけでなく、相場や買取の流れまでご紹介しますので是非参考にしてくださいね。

買取・処分の判断基準

処分したいタンスが売れるか処分するしかないのか、ここではごく一般的な判断基準となるポイントをご紹介します。

製造年数が10年以内かどうか

アンティーク家具や伝統工芸品を除いた一般的なタンスは、製造年数が10年を超えると耐用年数が過ぎている判断され査定減額の対象となります。

オークションでも販売が難しく、買取りを断られる場合もあります。

逆に製造年数の新しいタンスは買い取り価格、販売価格がアップしやすくなります。

デザインと色(ホワイト、ブラウン、ブラック)か

どんなインテリアでもマッチするデザインや色ほど需要がふえます。

部屋に合わせやすいシンプルなデザインや、白や黒や茶色などの王道の色調のほうが人気です。

組立式、オーダーメイドかどうか

組立式は一度分解すると強度が落ちるため、オーダーメイドは部品が手に入らないために需要が少なくなり、買い取り不可となる場合もあります。

傷や汚れの状態

目立つ傷やガタがあったり消えない臭いが付着している場合、売れにくくなったり買い取り不可となります。

付属品の有無

購入時に付属していた消耗品や替えの部品があると販売価格のアップにつながります。

購入時の価格

新品時の購入価格が低い場合は査定に期待がもてません。

一流家具メーカーや高級ブランドのタンスか

一流家具メーカーや高級ブランドのタンスは高額買い取りの対象となるケースが多いです。

そもそも高価な品が多く、中古でも欲しいという需要が見込めるので高価買取も期待できます。

ひとまず、シリーズ名に加えメーカー名や購入店など調べておくと相場を調べるのも査定してもらうのもスムーズに話がすすみます。

素材が高級木材か

メーカー名は不明でも高級木材を使用した造りのしっかりしたタンスは高査定の期待がもてます。

高級木材の例:キリ、ウォールナット、オーク、アッシュ

アンティーク家具か?(年代物の工芸品か?)

製造年数が百年を超える家具はアンティーク家具とされ、アンティーク家具の買い取りを強化しているリサイクルショップや専門店へ査定依頼してみる方が良い場合があります。

プレミアム価格もみられるのがアンティークの特徴です。

タイプ別相場と査定ポイント

ここでは実際にどのようなメーカーのタンスが売れるのかを紹介していきます。相場や査定のポイントなどもあわせて紹介していきます。

有名メーカー・伝統工芸品

売れるメーカーの品はデザインだけでなく、総じて材質が良く組立がしっかりしています。

長年安心して使えるからこそ市場で高評価を得ており中古でも高査定につながります。

ここでは伝統工芸品を作っている会社を含む、査定のつく日本の有名メーカーを紹介します。

日本の伝統工芸品・有名メーカー

仙台箪笥、名古屋桐簞笥、越前箪笥、大阪泉州桐簞笥、紀州簞笥、岩谷堂簞笥、春日部桐簞笥、加茂桐簞笥、松本家具、日光彫、軽井沢彫、カリモク家具、天童木工、イデー

ここにはないメーカーでも高評価の品は存在します。

オークションで出品したり、買い取り店で査定したりしてもらう前に、まずはメーカーを調べてみましょう。

海外ブランド

海外の一流ブランドの品も高品質なものが多く、市場の需要が見込めるため高査定につながります。

イタリア家具、ヨーロッパ家具、北欧家具、アメリカ家具などが人気です。

ここでは一例をご紹介します。

カッシーナ、アルフレックス、B&B、フリッツ・ハンセン、リーンロゼ、カサブランカ、ハーマンミラー、イームズ

もちろん高査定な海外ブランドは他にも多数存在するので、タンス本体だけでなく保証書や付属品などにブランド名の記載があれば検索してみる事をおすすめします。

アンティーク

アンティークは「古い」という意味のラテン語が語源です。

造りのしっかりした高級木材の古いタンスは高値の可能性があります。

しっかりしていて数十年以上前の家具なら査定してみる価値があります。

婚礼タンス

日本の風習や文化の概念を考えると、婚礼家具を中古で購入する需要は非常に少なく販売が見込めません。

さらには大型家具になるので運搬や保管、査定でも条件が悪いので高額査定は見込めません。

ニトリ・IKEAなどの価格帯のタンス

ニトリやIKEAなどで販売される家具は「ノーブランド家具」に該当します。

査定が低くなる組立式もみられます。

もともとの価格が安いものは運送費を考えると買い手が現れる可能性は低いです。

タンスを売る方法

ここではタンスを売る方法を紹介します。

タンスを売る前に以下の項目をチェックしておくと販売や買取がスムーズとなります。

  • ブランド名やメーカー名(ノーブランド品は購店舗名)
  • タンスのシリーズ名
  • 製造年数と使用期間
  • 傷や汚れの状態
  • 付属品の有無(保証書や消耗品など含む)

出張買取・宅配買取

いずれの場合も買取店がタンスを扱っているか、買取条件に合致しているか確認しましょう。

また、出張料や宅配料などが不要な場合もあるので、手数料も要チェックです。

出張買取

出張買取は電話やネットで買取の予約をすればスタッフが査定に来てくれる買取方法です。

その場で査定して金額に納得できれば買取が成立し、スタッフが運び出しまでしてくれます。

宅配買取

宅配買取は売りたいタンスを発送して査定してもらう方法です。

査定不可や対象外の品でなければ申し込み後に発送します。

フリマ(メルカリ・ジモティーなど)

メルカリなどのフリマは運搬を考慮すると、個人間のタンス販売には向きません

また、ジモティーは連絡がつかなくなるリスクがあるため、時間が限られた引っ越しのタイミングでの処分は取り返しがつかなくなる場合もあります。

それでも利用を検討するのであれば、運搬手段や時間的余裕の確認を必ずしておきましょう。

ネットオークション(ヤフオクなど)

素材が高級木材でないノーブランド品は1,000円~3,000円程度の価格しかつきません。

タンスの送料が万単位の価格となる事を考えると、直接引き取り以外で売るのは難しいです。

逆に高級木材のしっかりしたタンスは送料を考慮しても充分に売れる可能性があります。

ただし落札される日数が不確定です。処分までの時間が限られている場合はおすすめ出来ません。

買取例:ナラ材 日本製の6杯のチェスト

落札価格:156,000円

引用:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p692824532

ヤフオクやメルカリでタンスを販売した場合、集荷・梱包・運び出しまでをプロに一貫して行ってもらえるサービスを利用できます。

購入者も搬入・設置・資材回収までしてもらえ、お互いにとってメリットだらけですのでおすすめです。

ヤマト運輸 らくらく家財宅急便

大型らくらくメルカリ便

リサイクルショップ

リサイクルショップでは出張買取・宅配買取・店頭買取をしている場合があります。

それぞれのショップで買取方法や買い取れる品物が異なります。

タンスを専門に扱うショップも存在します。

買取例:花梨の無垢材 整理ダンス 引出し7杯 真鍮取っ手

買取価格:8,000円

引用:https://oikura.jp/bought/370135.html

出張買取の流れ

取り扱い品目にタンスがある事を確認し、事前に売れるタンスかのチェックをしておきましょう。

出張買取の場合は出張料や宅配料のチェックは欠かせません。

査定から買取完了までの流れを簡潔に紹介します。

  • 電話・買取申込みフォームで買取店に連絡
  • 相談後、買取日時を決定
  • 当日スタッフが査定に訪れ、その場で査定額を決定(品物によっては後日査定額を提示する場合もあります)
  • 査定額に納得できれば即時現金買取(返事が後日、あるいは納得いかない場合はキャンセルとなります)
  • 買取成立の場合、運び出しまで全てスタッフが実施

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ノーブランド量産品から高級ブランド、高級木材使用の伝統工芸品やアンティーク家具まで存在するのがタンスやチェストの特徴です。

時間がない場合は出張買い取りが一番おすすめですが、売りたいタンスの情報はなるべく多く集めておくのが買い取り価格アップの第一歩です。

引っ越し費用や処分費用の足し、ちょっとしたお小遣いになるので、まずは買取を考えてみてはいかがでしょうか。