香水を高価買取させるには?査定アップのためにすべきこと

未使用品や貰い物で開封していない、あるいは少し使用してそのままにしているなど自宅に眠っている香水がある人も多いかと思います。もし使用する予定がないのであれば早めに買取査定に出す事をおすすめします。

今回は香水の買取方法や査定額アップのポイントについてご紹介していきます。

処分・買取の判断基準

最初に処分・買取の判断基準に関して、3つの観点から解説していきたいと思います。

ブランド

香水において高額査定対象となるのは主にハイブランドや高級コスメのブランドが中心となります。

これに対して、ドラッグストアなどで販売されている値段がお手頃な香水はブランドという付加価値がないことから買取が難しいため、処分するのが妥当です。

しかし、新品未使用であればメルカリなどで売ることもできるので、残量などを考慮して判断すべきでしょう。

残量

香水の買取目安は残量が半分以上あることです。店によっては3割残っていれば買取可能なこともありますが、もちろんその場合は査定額が大幅に下がってしまいます。

従って残量が3割以上残っていたら買取査定やフリマアプリに出すことを検討し、それ以外の場合は処分することをおすすめします。

変色

香水は一度開けてしまえば、少しずつ揮発して色が濃くなっていきます。基本的に買取店においては変色や変質した香水は買取されません

もちろん、衛生的に問題のある商品はフリマアプリに出品したりすることも控えた方がよいでしょう。そのため、変色・変質が見られる香水は処分するのが妥当です。

査定額アップのためにすべきこと

なるべく早く売る

香水は劣化が早いです。基本的に開封後約3ヶ月~1年が使用期限と言われています。

使用期限が過ぎてしまったものは基本的に買取できません。そのため、購入してから買取に出すまでの期間が短ければ短いほど、高額査定が狙えるようになります。

残量

上述したように買取の目安は半分以上の量が残っていることでした。

もちろん、できるだけ残っている方が高価買取につながるため「使用することはないな」と感じたらすぐに使用を止め思い切って売りに出してしまいましょう。

保存方法に気をつける

香水は保存が難しい商品ですが、適切な保存方法をとっていれば査定額アップが期待できます。

まずは直射日光にさらさない・低温管理をする・箱のまま保存・密閉を怠らないことが重要です。これらを満たせば基本的に長持ちさせることが可能です。

香水は基本的にアルコールと香油から構成されています。上記のことを守らないとアルコールが蒸発し、においがきつくなっていきます。

従って蒸発を回避させ、酸化を防ぐために空気に触れる時間を少なくさせることが重要です。

同じブランドの化粧品とまとめて売る

同ブランドの商品をまとめて売ると査定額が高くなる傾向があります。自宅に同ブランドの化粧品などが残っていないかチェックしましょう。

高額査定が出やすい商品

続いて高額査定になりやすい商品について、大きく2つに分けてご説明します。

限定品やアンティーク品

稀少性が高い商品やSNSなどで話題になった限定品などは高額査定になりやすいとされています。もちろんこの傾向は香水に限ったことではありません。

市場原理に則って買取店の査定員は査定を実施するので、希少性が高い香水は高値が付きやすいです。

ブランド

シャネル、ディオール、ゲラン、シャンパトゥ、クロエ、アニックグダール、イヴサンローラン、シュウウエムラ、資生堂、カネボウ、ロクシタン、アナスイ、エスティーローダー、SK-2」などの香水は特に高価買取が期待できます。

香水の買取サービス

続いて香水の買取サービスについて、3つに分けて解説していきます。

出張買取・宅配買取

出張買取・宅配買取でおすすめのお店を2店ご紹介します。

ウルトラバイヤープラス

ウルトラバイヤープラスは新品・中古品問わず買取可能です。全国に約300人の鑑定士が在籍し、1点から出張査定が可能です。

連絡してから最短で30分ほどで訪問してもらえることから、早々に査定してもらいたい人にとっては非常に便利な買取店と言えるでしょう。

公式サイト:https://ultra-b.jp/

ポラリスコスメ

査定料・振込手数料・送料が無料で、かつ買取をキャンセルした際の返送料も無料なので、自身で負担する料金を0円で査定依頼をすることが可能です。

東京と名古屋、大阪に出張買取センターがあることから、それら近郊であれば最短で当日訪問も可能です。

公式サイト:https://i-polaris.jp/

店舗買取

店舗買取のおすすめのお店を2店ご紹介します。

歌舞伎屋

歌舞伎屋は新宿に店を構えている買取店です。新品未開封はもちろんのこと、サンプル品や試供品など美容関係のものは何でも買い取ってくれます。

また、残りわずかな香水も買取可能な場合があるので、他店で断られたとしても歌舞伎屋に見積りを出すことをおすすめします。

年中無休で営業しているため、いつでも気軽に売りに行くことができるお店です。

公式サイト:http://kabukiya.tokyo/

リ ゴールド

リ ゴールドは女性の身の周りにある品々をちょっとしたお小遣いに変えてくれるような買取店です。香水においては、箱なし商品や使いかけでも買い取ってくれます。

実店舗はショッピングモールにあることが多く、主婦の方も気軽に利用することができます。

公式サイト:http://regold.jp/

フリマアプリやオークション

フリマアプリやオークションの観点からおすすめのサービスを2つご紹介します。

メルカリ

フリマアプリと言えば、やはりメルカリの名前が最初に挙がります。

基本的にどのような商品でも買い手さえ見つかれば取引が成立するので売る際の柔軟性は高いと考えられます。一つ注意点として挙げておきたいことが、商品情報を適切に書くことです。

特に香水はどれだけ使用して、いつ購入したかを明記しておくと後々のトラブルを避けることが可能になります。

慣れてしまえば出品するのにそれほど時間がかかるわけではないので、忙しい合間でも売りに出す事が可能です。

公式サイト:https://www.mercari.com/jp/

ヤフオク

業界最大手のネットオークションと言えばヤフオクとなります。メルカリと違って若干カジュアルさに欠けますが、利用している人の質はメルカリよりも高い傾向にあります。

会員にならないと落札システム手数料が割引にならないなど、メルカリよりも参入障壁が高い傾向にありますが、自分の売りに出す予定の香水がヤフオクで高値で売れているのでれば、ヤフオクに出品することも選択肢の一つとして考えても良いでしょう。

公式サイト:https://auctions.yahoo.co.jp/

まとめ

これまで香水の買取に関してご説明してきました。

香水は劣化の早い商品ですので、もし必要でないと判断したら早めに買取査定をすることをおすすめします。

また、残量や使用の有無によっても買取可否が変わるため、複数の買取店で比較することが高価買取には重要です。

またメルカリやヤフオクでも相場を確認しておきましょう。場合によっては買取店よりも高く売れる場合があります。