nanacoカードの作り方|3つの作成手段と無料で受け取る方法まとめ

コンビニに行くと「nanacoカードをお持ちですか」と聞かれることはありませんか?

(引用:nanaco公式サイト

nanacoカードは株式会社セブン・カードサービスが発行している

  • 小銭がなくてもスピーディーにお支払いができる
  • お買い物の際にポイントがたまる

などのサービスが充実した電子マネーカードで、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで簡単に入会手続きができます。

今回の記事ではこのnanacoカードの作り方3種類

  • 直接加盟店に行く方法
  • スマートフォンやパソコンを使った方法
  • 携帯電話を使った方法

について伝えていくとともに、手数料無料でnanacoカードを入手できる方法についてもお伝えします。

 

nanacoカードの作り方①|nanacoの加盟店で作る方法

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどnanacoの加盟店によく足を運ぶ人は、以下の手順でnanacoカードを作ってみてはいかがでしょうか。

店舗に行く

nanacoカードは入会受付が可能な以下の店舗に行けば発行できます。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • ヨークベニマル
  • デニーズ
  • SEIBU SOGO(西武・そごう)

申込書を記入する

nanacoカードは電子マネー機能付きのポイントカードのため、申込書には以下の個人情報の記入が必要になります。

【申込書の記入項目】

  • お名前
  • ご住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号
  • 親権者署名欄(15歳以下の方)
  • お申込ご本人について(ご職業の記入)

※必ずお申し込みになる本人が記入してください。
※15歳以下の方は親権者の同意(署名)が必要になります。

申込書を書き終えたら、レジカウンター・サービスカウンターで発行手数料の300円を支払えばその場で受け取ることができます。

nanacoカードには電子マネー機能がついているので、現金をチャージしたその日から使えるようになっています。

チャージできる上限額は50,000円で、1回のチャージ可能額は1,000~49,000円です。

 

nanacoカードの作り方②|スマートフォンやパソコンで作る方法

 

nanacoカードを作りたいのにお店が混雑している場合は、自宅にいながらにしてスマートフォン・パソコンで申込書を作ることができます。

お手持ちのパソコンやスマートフォンでweb申込みをする

nanacoの公式サイトにアクセスするとweb申込書を作成できる画面が出てきますので、ここからweb申込みを行いましょう。

web申込みをするとき必要となる個人情報は以下のとおりです。このときに自分で設定したパスワードは忘れないようにメモに残しておくと安心です。

【web申込書記入事項】

  • メールアドレス
  • パスワード
  • お名前
  • 性別
  • 生年月日
  • ご職業
  • ご住所
  • 電話番号
  • お得な情報の受け取り有無

web申込みを行った後はカードを作るのに必要な【web申込番号】が発行されるので、こちらを印刷するかメモしておく必要があります。

入会受付店舗に行く

web申込書を印刷したものか、web申込番号をメモしたものを、入会受付店舗に持って行き発行手数料の300円を支払うと、レジカウンターやサービスカウンターで、nanacoカードを受けとることができます。

手数料を払い終わったnanacoカードは電子マネー機能があるので現金1,000円からチャージが出来て、その日から使えるようになります。

 

nanacoカードの作り方③|ガラケーから事前申し込みをして作る方法

 

ガラケー(スマートフォンではない携帯電話)からだと事前申し込みができないのではないかと思った方もいるかもしれませんが、実はガラケーからでも以下の方法でnanacoカードの事前申し込みが可能です。

お手持ちのガラケーでweb申込みをする

nanacoのケータイ公式サイトにアクセスして必要事項を入力し、申込受付完了メールを送信しましょう。その後に【web申込番号】が折り返しメールで送られてきます。

※親権者の同意が必要になるので15歳以下の方は直接入会受付店舗で申込書を記入してください。

このメールには“お受け取り期限” が記載されているので、この期限内にnanacoカードの入会受付店舗に行く必要があります。

入会受付店舗に行く

【web申込番号】を控えてある状態で入会受付店舗に行き手続き後、発行手数料の300円を支払えば、nanacoカードを受けとることができます。

 

手数料を無料にする裏技

nanacoカードを作るときの手数料として300円かかることはお伝えしたとおりですが、ここではこの300円を無料にする裏技をお伝えします。

無料キャンペーンを利用する

実は「300円の手数料無料キャンペーン」が定期的に行われています。こうした情報はnanacoの公式サイトやnanacoの加盟店の公式サイトに記載されるのでチェックしてみてください。

8が付く日にイトーヨーカドーで作成する

8が付く日(8日,18日,28日)はイトーヨーカドーでnanacoカード手数料無料キャンペーンが行われています。

お近くにイトーヨーカドーがある方はぜひこの日を狙って無料でnanacoカードを作ってみてはいかがでしょうか。

nanacoカード一体型のクレジットカードを作る

還元率が高くポイントがたまりやすいセブンカード・プラスというクレジットカードはnanacoカードが一体型になっていて、

  • セブンイレブン、デニーズでは200円の飲食につき3ポイント
  • 西武百貨店、そごう、セブンネットショッピングでは200円の買い物につき2ポイント
  • 公共料金の支払い時は200円につき1ポイント

上記のnanaco ポイントがたまります。つまり、セブンカード・プラスを作れば300円を支払ってnanacoカードを作る必要がありません。

ただし注意しなければならないのは、セブンカード・プラスの会員費は初年度は無料でも2年目からはクレジットカード利用額が5万円以下の場合は年会費を払わなくてはいけないということです。

参考▶「セブンカードのよくあるサービス

 

まとめ

nanacoカードの作り方について説明しましたがご自分に合った作り方はありましたか?

今回の記事が少しでもnanacoカードを作ろうとお考えの方のお役に立てれば幸いです。