格安simに乗り換えるときの流れと事前に知っておくべき注意点まとめ

格安simが流行り、どんどんキャリア離れが進んでいます。この記事をお読みのあなたも「今のキャリアから格安simに乗り換えたい」と思っていませんか?

そこでこの記事では格安simのことを全然知らない人でも格安simに詳しくなって、乗り換えられるように記事を書きました。

格安simにしてしまったら、キャリアには戻れないと言われるほど、お得で素晴らしいものなのでぜひ検討してみてください。

 

格安simに乗り換えるために必要なもの

格安simは手続きや設定が複雑というようなイメージがついている方もいると思うので、まずは必要になるものを整理したいと思います。

MNP予約番号

新しいスマホに今使っている携帯電話の電話番号を引き継ぎたい場合は、「MNP予約番号」というものを今使っている携帯電話会社に貰う必要があります。

「MNP予約番号発行代金」は会社によってまちまちなのですが、基本的には2,000円~3,000円ほどです。

なお、これは電話番号を引き継ぎたい人専用なので、「別に引き継がなくてもいいよ」という方はMNP番号を発行する必要はありません。

本人名義のクレジットカード

基本的に格安simの料金支払はクレジットカードによる決済になります。

ただ、例外として「LINEモバイル」に関しては、コンビニで買える「プリペイドカード」のようなカードの「Apple Pay」による支払いも可能となっていますので、もしクレジットカードをどうしても使えない・使いたくないという場合は「Apple Pay」を利用して「LINEモバイル」を契約するのも一つの選択肢です。

本人確認書類

本人を確認することができないとsimの契約をすることができないので、契約の際は忘れないように注意しましよう。

名義人確認書類

高校生などは比較的多いのが、スマホは自分が使っているけども、支払い・名義人が親御さんになっているパターンです。

基本的にsimの会社を替えるときには名義人の同意が必要になりますので、注意しましょう。

 

格安simに乗り換えるための流れ

ドコモやソフトバンクのような大手キャリア携帯会社は直接お店に行って店員さんに要望を伝えていれば契約をできてしまいますが、格安simはそうはいきません。

では格安simに乗り換えるためにはどのようにすればいいのでしょうか。一通りの流れをまとめたので、ぜひご覧ください。

MNPを利用するかどうかを決める

まず、はじめに決めることは「現在の電話番号を引き継ぐか、引き継がないか」です。

引き継がない場合は何もせずに格安simの契約をしてよいのですが、引き継ぐ場合には現在契約している携帯電話会社に問い合わせてMNP番号を発行してもらう必要があります。

ちなみにMNP番号の発行には手数料がかかり、その料金は2,000円~3,000円です。

違約金を確認する

大手キャリアでしたら基本的に契約期間は2年間になります。ここでよくある間違いが、「2年以上使えばいつでも替えていいんでしょ?」というものです。

この考えは間違っていますし、契約にはもっと細かくまで知っておかないと損する取り決めがありますので、正しい知識をここでお伝えできればと思います。

正しい知識とは

  • 解約期間は25、26か月目だけであること。それより短い期間でも長い期間でも解約したら違約金がかかる
  • 契約一月目の最終日は、翌月の最終日になる。しかし、契約日が1日の場合は、当月の最終日になる

というものです。

言葉で説明しても難しいので、具体例を考えてみましょう。

2016年8月9日に契約したとした場合の契約期間について図にしました。

色を分けましたが、25,26か月目の2018年9月、10月のみ無料での解約ができます。それ以降の2018年11月以降になると、新しく2年間の契約が始まります。

必要に応じてsimロックを解除する

格安simを契約して、現在使っているスマホに挿せば使えるとお考えの方もいるかもしれませんが、基本的にそれはできません。

その理由は、大手キャリアが、自分たちの会社のsim以外使えないようにする「simロック」という機能をスマホに適用しているので、格安simを挿してもデータ通信も通話も使えないからです。

基本的に、格安simをお使いのスマホに適用させて動かすためには

  • simフリーのスマホを使う
  • 大手キャリアのスマホのsimロックを解除する

という2パターンになりますが、ここではsimロックを解除する方法について説明します。

実はsimロックを解除するには手数料はかかり、さらにsimロックの方法はキャリアによって変わってきますので、サイトを見てみてください。

<simロック解除>

MNP予約番号をもらう

MNP予約番号をもらうと決めた方はキャリアのMNP予約番号発行の手続きをします。その方法は以下のURLをクリックして、指定された方法で発行してもらって下さい。

<MNP予約番号>

格安simを選び、必要に応じてスマホを購入する

格安simを選んだ後は、使いたいスマホを選びますので、「simロックされていないスマホ」か「simロック解除済みスマホ」をご用意ください。

格安simカードを申し込む

お気に入りの格安simサービスに申し込みをしてください。

格安simのAPN設定する

スマホと格安simの両方が手元に揃ったら、APN設定を行います。

APN設定とはインターネット上での自分の名前であり、こちらがないとインターネットを利用することができません。

キャリアで契約した場合はこちらの操作が必要ないので楽なのですが、格安simの場合はご自分で設定を行う必要があります。

格安simに乗り換えるときの注意点

格安simに乗り換えると料金が非常に安くなる一方で、やはりデメリットも存在します。ここではそのデメリットについて見ていきましょう。

キャリアメールが使えなくなる

これが一番良く言われるデメリットなのではないでしょうか。フリーメールアドレスでの登録を禁止しているサイトや機関もあるので、そのようなサービスを利用している方からしたらキャリアメール(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpなど)を使うことができないのはとても辛いことだと思います。

初期設定や手続きは自分で行う

同じくらい有名なデメリットが、「手続きや設定を自分で全て行わなくてはいけない」というものでしょう。

しっかりと調べて理解できれば全然難しいものではありませんが、機械に不慣れな方からしたら難しいかもしれません。

機能性が低いこともある

格安simと同時に売られている格安スマホというものがありますが、こちらは機能性についてイマイチなものが多いです。価格との兼ね合いでお決めになってください。

今使っているスマホ端末が使えないケースがある

先程お伝えしたようにsimロック解除のお話です。現在契約しているキャリアに問い合わせをすれば教えてもらえます。

使い始めるまでに時間がかかることがある

支払い能力があるのかというような審査があるので、MNP番号を移行するために数日間要することもありますので、注意が必要です。

 

まとめ|格安simに乗り換えるときには流れをしっかり把握しておくべし

格安simはいろいろな会社が提要していて様々なサービスが提供されていて、ご自分に合ったサービスを選びさえすれば、何もデメリットを感じないはずなのです。

つまり、格安simのメリットは「価格が安いこと」。デメリットは「初期設定の複雑さ」です。

しっかりと調べて初期設定さえできてしまえば、デメリットはないようなものなので、格安simに乗り換えようかお考えになられている場合は、きちんと調べて、きちんと理解をして格安simをお得に使ってくださいね。