レシーピ!の家計簿機能と活用法|実際に使ってみてわかった4つのこと

レシーピ!」とは、DNP(大日本印刷)がリリースした完全無料の家計簿アプリです。かわいいデザインと豊富な機能が特徴的で、250万ダウンロードを超える人気アプリとなっています。

今回は、最近メディアでも紹介されて人気沸騰中のこの家計簿アプリ「レシーピ!」の機能や実際に使ってみた感想、活用方法などについてご紹介します。

家計簿アプリ「レシーピ!」の特徴と機能

DNP(大日本印刷)がリリースしている「レシーピ!」は、家計簿管理をサポートしてくれる完全無料の家計簿アプリです。この項目はレシーピ!の以下の特徴についてご紹介していきます。

  • かわいいデザインとゆるいキャラがお金の管理を応援してくれる
  • レシート撮影で簡単に入力ができる
  • レシートから献立(レシピ)を紹介してくれる
  • カレンダー、グラフで収支がわかりやすい
  • 「完全無料」なのにデザイン・機能が優れている

かわいいデザインとゆるいキャラがお金の管理を応援してくれる

レシーピ!はアプリの操作画面が全体的に絵本のようなカラフルなデザインとなっており、家計簿初心者でも飽きずに入力していくことができます。

引用元:DNP|完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」

レシート撮影で簡単に入力ができる

家計簿をつける際に大面倒になってしまうのが、入力ですよね。レシーピ!ではレシート撮影による入力ができるため、買ったものの入力も簡単です。

実際に使ってみると、店舗名や電話番号、買ったものの商品名まで読み取ることができ、このレシート撮影の正確さがわかります。

これで、「サイズ交換をしたいけど、この前買った服のお店が思い出せない!」ということもなくなりますね。

引用元:DNP|完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」

※画像は店舗名・商品名などを一部加工しています。

レシートから献立(レシピ)を紹介してくれる

レシーピでは、レシート撮影で読み取った食材からレシピを紹介してくれる機能もあります。「今日買ったもので何を作ろうか…」という際にも便利ですよね。

このレシピ紹介はNHK「きょうの料理」で紹介されたレシピなので、プロが考えたお手軽レシピを見ることができます。

引用元:DNP|完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」

カレンダー・グラフで収支がわかりやすい

収支を入力するとカレンダーやグラフから確認することができます。

カレンダーではその日に使ったお金の合計金額を確認でき、また、「この日は買い物をしたはずなのに入力されてない…」と入力忘れに気づくことができます。

グラフからは使ったお金の累計と「どの項目にどれくらいのお金を使ったか」ということがわかり、家計の割合をみることができます。

引用元:DNP|完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」

「完全無料」なのにデザイン・機能が優れている

デザインがかわいい上に、機能も充実しているレシーピ!ですが、全ての機能を使っても完全無料というのが嬉しいポイントです。レシーピ!の公式ページでは機能拡張による課金は今のところ予定していないようです。

引用元:DNP|完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」

しかし、今後はどうなるかわからないので、気になった方は今のうちにダウンロードしてみてください。

 

実際に使ってみてわかったレシーピのメリット・デメリット

家計簿を今まで付けたことがない面倒くさがり屋の筆者がレシーピ!を2ヶ月使って思ったメリット・デメリットは以下の通りです。

  • メリット:デザインとシンプルな操作性で3日坊主になりにくい
  • デメリット:収入の手入力がわかりにくい

この項目で、実際に使ってみた感想とともに詳しくお伝えしていきます。

メリット|デザインとシンプルな操作性で3日坊主になりにくい

レシーピ!の家計簿入力は3日坊主になりにくい工夫がたくさんあります。入力が継続できる最大のポイントは、レシート撮影による入力と「ごほうびバッジ」です。

レシーピ!では、レシート入力や手入力、月次の入力などの何かしらの行動を行うとごほうびバッジをもらえます。かわいいキャラクターが集まっていくのは、家計簿をつける励みになりますよね。

引用元:DNP|完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」

ちなみに、筆者はレシートをとりあえずもらってカバンに放り込み、通勤の時に手入力したり撮影したりして家計簿をつけています。

性格上、「毎日欠かさずやるぞ!」とはいかないため、空いた時間にまとめて入力して続けることができています。

デメリット|収入の手入力がわかりにくい

レシーピ!のデメリットを強いて言うなら、収入の記録を手入力する際に、支出の記録の画面と同じなので間違えやすいということだと思います。

友人とランチに行った際に、まとめて支払って後日返してもらったという細かい現金収入が発生したときの入力が面倒だなと感じました。

引用元:DNP|完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」

これはあくまでも筆者自身が使いながら思ったことなので、個人差があると思います。

 

レシーピをさらに活用して節約する方法

レシーピ!は、本格的な家計管理を行う「しっかりモード」を使うことで、さらに細かく正確に家計を管理することができます。また、レシート入力を行い、自分の購入傾向を蓄積していくことであなたにぴったりの商品の提案やポイントがもらえることもあります。

この項目では、レシーピ!のさらなる活用方法をご紹介します。

アプリによってつくポイントを利用して節約する

レシーピ!はdポイント楽天Edyと同期させると、レシート入力時にポイントがもらえる機能があります。

これはレシート撮影を続けていくと購入傾向や志向を読み取り、オススメの商品やポイントなどを提案していくという機能です。対応するポイントの種類はこれからも増えていく可能性があるため、これから注目の機能ですね。

レシーピで獲得したポイントを使用すれば家計簿をつければつけるほど、節約もできるようになります。

銀行口座やクレジットカードの情報を同期させてうっかり金欠を防ぐ

レシーピ!では「かんたんモード」と「しっかりモード」があり、モード切り替えを行うことでさらに正確に収支を管理することができます

しっかりモードでは銀行口座やクレジットの情報を入力することで、口座・カード引き落としになっている家賃や光熱費などのお金も管理することができます。

 

家計簿アプリは日々の支出を把握するのに最適

家計簿アプリは、日々の生活の収支を管理しながら、どの項目にどれだけのお金を使っているかを手軽に把握することができます。

家計を節約するためには、今の自分の収支を把握するということが第一歩になります。家計簿を始めるきっかけとして家計簿アプリは最適なツールのひとつです。

スポンサーリンク