マイルの貯め方|マイル貯金の基本と効率よくマイルを貯めるポイント

マイルとは、航空会社が導入しているポイントプログラム(ポイントサービス)で貯まるポイントのことで「マイル=ポイント」と、覚えてもらった方がわかりやすいと思います。

なお、1マイル100円~200円で設定されていることが多いです

一定のポイントが貯まったら特典と交換することが出来、「タダでハワイまで行けちゃう!」ということもありうるでしょう。飛行機に乗るならマイルを貯めない手はありません。

今回の記事では実際マイルを貯めるとどんな特典をもらえるのか、どのくらい貯まれば交換できるのか、効率よく貯めるにはどうしたらいいのかなど詳しくお伝えしたいと思います。

ちなみに、マイルとマイレージという言葉で混乱する人もいるかと思いますのでここで確認しておきましょう。

マイル ポイントプログラムでたまるポイントのこと
マイレージ 空港会社のポイントプログラムのこと

わかりやすく例えるならば、マイレージ=スタンプカードそのものマイル=スタンプカードに押すスタンプ、といったところでしょうか。

スタンプカードにスタンプを貯めなければ意味が無いように、マイレージに加入してもマイルを貯めなければ意味がないので、今回の記事でしっかりとマイルの貯め方を抑えてくださいね。

マイルの基本的な貯め方

まず、どうやったらマイルが貯まるのか、基本的な部分から確認していきましょう。

飛行機に乗る

飛行機に乗った距離でマイルがもらえるので、移動距離が長い国に旅行をすると多くマイルは貯まります。具体的には1マイル=1.60934キロ(1マイル=1.61キロメートル)で飛行機に乗った距離に応じてポイントが貯まるようになっています。

航空会社でメインなのはJALとANAかと思いますが、マイルが貯まる効率は2社でそこまで差はありません。

ただし、注意が必要なのはボーナスマイルで、ANAの場合は、毎年継続しているだけでボーナスマイルがもらえますが、JALの場合は、毎年初回搭乗時にボーナスマイルがもらえるので、「毎年必ず飛行機に乗るわけじゃないけれどマイルは貯めたい」という方はANAで貯める方がいいかもしれませんね。

マイルの貯め方シミュレーション

ここからは具体的にどのくらいの移動距離によってどのくらいマイルが貯まるのかシミュレーションしてみましょう。

例えばJALを使って東京から北海道に行った場合

東京―北海道の距離は直線距離820キロメートルなので1マイル1.61を割ると

820÷1.61=510

となり、羽田空港から北海道に行く場合510マイル貰える計算になります。実際にマイレージに加入する場合はこちらのURLを参考にしてください。

JAL公式サイトマイル】※JALマイルを貯めたい場合日本航空の飛行機に乗る
ANA公式サイト】※ANAマイルを貯めたい場合全日空の飛行機に乗る

クレジットカードを利用する

マイルを貯める方法として、「飛行機に乗る」ということが大前提にありますが、ただ普通に乗るだけでは当然マイルは貯まりません。

飛行機に乗る前に、クレジットカードに加入する必要があります。次の項目で、選ぶポイント別におすすめのカードをご紹介しますので、是非選ぶ際の参考にしてみてください。

高還元で選ぶならANA

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

引用:ANA公式アメリカン・エキスプレス

  • 年会費:7,000円+消費税
  • 家族カード年会費:2,500円+消費税
  • マイル移行手数料:6,000円+消費税
  • 基本ポイント:100円につき1ポイント
  • マイレージ還元率:1%
  • ANA側入会・継続特典:1,000マイル
  • ANA側フライトボーナス:10%
  • ANAグループでの利用:ポイント5倍
  • 海外旅行保険:最高3000万円
  • 国内旅行保険:最高2000万円
  • ショッピング保険:最高200万円/90日間
  • 空港ラウンジ:国内28空港/ハワイ/ソウル

 

年会費無料で選ぶならOrico card THE POINT

Orico Card THE POINT

引用:オリコ公式

  • 年会費:無料
  • 家族カード:あり(年会費無料)
  • ETCカードも無料
  • 還元率: 100円につき1ポイント
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
  • ポイント付与対象の電子マネー:モバイルSuica、ICOCA、iD、QUICPay、 au WALLET(MasterCardのみ)
  • 入会して半年間は還元率2%
  • ネットショップ500店舗以上が加盟している(オリコモールを経由してポイント1%~5%上乗せ出来る)
  • Amazon、楽天、Yahoo!で買い物しても1%上乗せされる
  • 貯めたポイントはAmazonギフト券、iTunesギフトコード、楽天ポイント、Tポイント、ANA、JALのマイルに変換可能
  • オリコパッケージツアーで国内外の旅行が割引になる

 

高還元で選ぶならJAL

JALカード CLUB-Aゴールドカード

引用:JAL公式

  • 年会費:17,280円
  • ポイント:200円につき1ポイント
  • 家族会員:8,640円
  • マイル還元率:1%
  • コンシェルジュのようなサービスを受けられる
  • WAONのチャージ・QUICPayの利用でマイルがもらえる
  • 海外旅行が快適にできるサービスが充実している
  • 年に100万円以上の利用でマイルがお得に貯まる
  • 長距離のフライトや飛行機に乗る回数が多いとフライトボーナスがたくさん貯まる

 

年会費無料で選ぶなら:JMBWAON

JMBCARD WAON

引用:WAON公式

  • 手数料:無料
  • 年会費:無料
  • マイル還元率:200円で1マイル
  • ポイント:200円で1ポイント
  • 毎月5日15日25日はイオンでJMBWAONカードを使うと200円につき2マイル貯まる
  • 毎月10日にイオンでJMBWAONカードを使うと200円につき5マイル貯まる

 

提携のホテルに泊まる

ANAもJALも提携しているホテルがあるのでそこで宿泊をするとマイルが貯まります。こちらはJALが提携しているホテルを検索したものです。

国・地域or 都市or都道府県・ホテル名で検索をかければ、どこのホテルでマイルが貯められるかがわかります。

引用:JALホテル一覧

ANAの提携しているホテル一覧の一部ですがこちらも宿泊することによってマイルが貯まる仕組みなので利用するといいでしょう。

引用:ANAホテル一覧

電子マネーの機能を利用する

電子マネーを利用するときはEdyとiDの機能を使うことでポイントが貯まります。

Edy

  • 通常200円ごとに1ポイント
  • Edyマイルプラス対象店では200円ごとに2マイル貯まる
  • ANAモバイルプラスという月額324円を契約すると200円で3マイル貯まる

ANAモバイルプラスについてはこちらを参考にしてください。

ANA公式モバイルプラス

《対象店》

  • ビッグエコー
  • ニッポンレンタカー
  • アネックス
  • マツモトキヨシ

マイルプラス対象店

iD

  • 通常100円当たり1マイル貯まる(1ポイント10マイルコースの場合)
  • ANAカードマイルプラスにした場合マイルプラスのお店で100円~200円1マイル貯まる

以下にANAマイル移行の申込URLを貼りましたので興味のある方はどうぞ

コースお申し込みフォーム

他のポイントカードで貯めたポイントをマイルにあてる

ANA

  • nanacoポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント

が交換できます。

JAL

  • JTBトラベルポイント
  • タイムズポイント
  • ちょコムポイント
  • Pontaポイント

が交換できます。

 

マイルが貯まりやすい場所

スーパー・コンビニ・ドラグストア

  • イトーヨーカドー
  • イトーヨーカドーネット通販
  • セブンイレブン
  • 爽快ドラッグ
  • 沖縄ファミリーマート
  • マツモトキヨシ

レストラン

  • 京成友膳
  • スターバックス
  • メルセデス・ベンツ コネクション

他にもマイルが貯まるレストランはあるので気になる方はご自分の住まいを検索してください。

グルメマイル

 

貯まったマイルのお得な使い道

ここまでで、マイルの貯め方をご紹介してきましたが、この章では貯まったマイルの使い道についてご紹介していきます。

この特典が欲しいからあと●マイル貯めたい!」というほうが、貯めるのが楽しくなりそうですよね。

飛行機での移動時に利用する

マイルを使うことで飛行機代が浮き無料で乗れる

マイルで航空券をゲットすることができます。マイルの目安は以下を参考にして下さい。

JALマイル ANAマイル
国内航空券 95,000~2万マイル 1万~2万3千マイル
海外航空券 15,000万マイル以上 12,000万マイル以上

マイルを使えば座席のアップグレードが出来る

片道12,000万マイル以上で座席のアップグレードが可能になります。

アイテムリスと商品と交換が出来る

ANA特典】や【JAL特典】などを見てもわかるように、所定のマイルを貯めることで素敵なアイテムと交換が可能になります。

電子マネーと交換する

JALやANAで貯めたマイルを電子マネーに交換するときに付く価値は1マイル1円で、それぞれ電子マネーカードは異なります。以下を参考にしてください。

JAL ANA
WAONポイント iTunes
Amazonギフト券 Tポイント
Dポイント 楽天ポイント

※一例です。

マイルは有効期限があるのでどうしても使い切れないときは電子マネーと交換しましょう。

JAL交換その他】【ANA交換その他

クーポン券と交換する

マイルと航空クーポン券と交換するときの価値は1マイル=1.2~1.25円になります。JALの場合は「JALクーポン」ANAの場合は「ANAスカイコイン」があります。

JAL|JALクーポン(2,000円×6枚)

引用:JAL公式サイト

 ANA|ANAスカイコイン

クレジットカード別ポイント配当

引用:ANA公式サイト

 

効率よくマイルを貯める方法

以下では、効率的にたくさんのマイルを貯める方法についてご紹介します。

貯まりやすいクレジットカードを使う

JALマイルを貯めたいのであれば、JALカードを使うとよいでしょう。JALカードには効率的にマイルを貯めるための「ショッピングマイル・プレミアム」というサービスがあります。

このサービスは、いつものお買い物でマイルが貯まるのはもちろんのこと、毎月の公共料金の支払いにもマイルが貯まるのでかなりお得です。

JALカードでお買い物や公共料金の支払いをすると以下のようにマイルが貯まります。

JAL公式サイトショッピングマイル・プレミアム

引用:JAL公式

一方、ANAマイルを貯めたいのであれば、ANAカードを使うのがおすすめです。

ANAカードは三井住友VISAカードでの発行が可能で、電子マネー「iD」も標準搭載されています。

  • 還元率は50~1.00%で、10マイルコースを選べば100円で1ポイント貯まります。
  • 例えば月5万円カードで支払った場合 500円分貯まります。
  • 公共料金は残念ながら使用できません。
  • 楽天EdyやIDを使うことが出来るお店ではANAカードを使用することが出来ます。

年会費や入会資格などはWAONにするのか、ETC専用カードにするのか、ApplePayにするのかなど選ぶカードによって変わってくるのでこちらも下記の公式サイトをご覧ください。

引用:クレジットカードエントリー

 

マイルを貯めている人が知っておくべきポイントの期限

注意したほうが良い点について3つお伝えします。

  • マイルの期限は3年間
  • 特典空港券用の座席数は限られている
  • クレジットカードの使い過ぎ など

3年以内に何万マイルかを貯め使い切らないと失効しますし、マイルのために不必要なものまで買ってしまっては意味がありませんので、カードを使う際は使いすぎには気をつけましょう。

 

まとめ

飛行機によく乗る人は、ついで感覚でマイルを貯めたほうが貯めないよりはお得ではないでしょうか。マイルが貯まれば普段できない事も出来るので楽しみに変わると思います。

  • ANA/JAL共にパッケージツアーの割引
  • 国内空港でのお土産品店や免税店での割引
  • JAL/JTA便での機内販売商品の割引
  • ホテルニッコー&JALシティでの割引・特典
  • 飛行機への無料搭乗

これらがマイルを貯めていない人よりも貯めている人だから出来る、お得な特典です。 今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。