部屋が寒い時の対策|効率よく部屋を暖められる暖房器具の特徴と使い方

冬、部屋にいてもものすご~く寒いときってありますよね。そんなとき、ついエアコンなどの暖房器具に頼りがちですが、暖房を長時間つけていたら当然電気代はどんどん高くなっていきます。

そこで今回の記事では、寒い部屋を効率よく温めるための暖房器具の組み合わせと、各家庭に合った暖房器具を買うために何を選んだら良いのか、暖房器具を用意できていない場合でも寒さをしのぐための対策などについてお伝えします。

部屋が寒い時のお金をかけない防寒対策

1人暮らしをしている人や、暖房器具がまだそろっていない方、暖房器具はあるけど本当に寒くなってからじゃないと使わないという方もいると思うので、暖房器具を使わなくても部屋の温度を逃がさずに済む室内防寒対策をお伝えしていきます。

コルクマットを使って対策

足元が冷たくて部屋も寒いときに便利なのが100均にも売っているコルクマットです。パズルのように組み合わせて使っていくので、うまく組み合わせて使いましょう。

直接床に足が触れないので、寒い思いをしないでよくなりそうですね。

段ボールを使って対策

カーペットの下に段ボールを敷くと、床からのひんやり感は減り、部屋が温かく感じます。

窓と窓枠に断熱シートorプチプチを貼って対策

断熱シートは外からの冷気を遮断してくれて、さらに結露の防止にもなるのでおすすめです。

断熱シートが高くて買えない場合は、プチプチを使いましょう。包装用のプチプチを窓に貼れば、冷気の遮断が出来ます。

カーテンを有効活用して対策

厚めのカーテンは、外から冷気が入ってくるのを防ぎ、さらには暖かい空気が窓に直接当たらないので結露も防げます

また、カーテンライナー(カーテンの裏につけるだけで冷気を遮断してくれるアイテム)もチェックしてみるとよいでしょう。

湯たんぽを複数使って対策

夜寝るとき寒い場合は湯たんぽを複数使うといいでしょう。1つは足首の近くに置きもう1つは抱きかかえる用に使うと暖かくなります。

湯たんぽには、金属製とプラスチック製とゴム製がありますが、保温性が一番高いのは金属製の湯たんぽです。

ただ、金属製は直接肌にあてると低温やけどをしてしまうのでタオルにくるむなどをして使用してください。抱きかかえ用で使う湯たんぽは、ゴム製かプラスチック製のほうが安心して使うことが出来ますよ。

 

部屋の寒さを暖房器具を使って解消する|コスパが良い暖房器具ランキング

部屋が寒い時でもいかに節約して寒さを解消していくのかを見てきましたが、やはり暖房器具を使いたいというシーンもあるでしょう。

ここではエアコン・ストーブ・ヒーターなどの暖房器具の特徴や使い方、効率が良く電気代を抑える方法についてお伝えしていきます。

電気代の計算式
1時間当たりの光熱費:100W ×1h=100wh
100wh=0.1kwh

石油ファンヒーター|648円/月

持ち運びも楽な小型化ヒーターで、暖房能力が高いので部屋全体を短時間で温められるというメリットがありますが、定期的な換気が必要になります。子供部屋や和室などに置くのがよいですね。

(1日の使用量)0.1kwh×(電気代)27円=2.7円

1時間2.7円なので8時間使うと21.6円となり1ヵ月使うと648円になります。

こたつ|1,296円/月

ご存知こたつです。スイッチを入れるとすぐに暖かくなりますし、家族団らんのマストアイテムと言っていいでしょう。

1時間当たりの光熱費ですが、 100Wでは2.7円、200Wでも5.4円程度(1KWh27円とした場合)なので、8時間使った場合は43.2円程度になります。1ヵ月間、毎日8時間こたつを使った場合は1,296円になりますね。

強200~300W 弱100W
使用時間(1時間) 約5.4円 約2.7円

部屋全体を温めることはできませんが、こたつにさえ入っていればエアコンを入れなくても過ごせますので、余計な電気代は抑えられるのではないでしょうか?

部屋の中で大きなスペースをとることと、使用しない期間は収納が必要なのでちょっと邪魔になる点がデメリットです。

電気毛布|201円/月

寝る際には便利な電気毛布ですが、大きな特徴としては長時間利用しても電気代が安いという点が挙げられます。デメリットは長時間使うと汗をかき、身体から水分が失われてしまうので水分補給をとる必要があるといったところでしょうか。

1時間当たりの光熱費は、商品にもよりますが、なかぎし敷き毛布NA-023Sを例にすると1時間0.84円なので8時間使うと6.72円1ヵ月使うと201.1円となります。

強31Wh 中18Wh 弱3Wh
使用時間(1時間) 0.84円 0.49円 0.08円

暖まるまでの時間は約15分程度を見ておけばよいので、寝る直前にスイッチを入れておくことで快適な睡眠ができます。今はひざ掛け用や布団に重ねて使うタイプもあるので、就寝時に布団と重ねて使ったり、ひざ掛け用のサイズは膝にかけて使うこともできます。

電気カーペット|2,040円/月

電気カーペットはほかの暖房器具と一緒に使うことで体感温度が上がるという点と、安全性が高いのが魅力ですね。ただ、部屋を温めるものではないので、暖房効果ある範囲がカーペットの広さ分しかないのがデメリットになるでしょう。

1時間当たりの光熱費は1時間8.5円なので、8時間使うと68円1ヵ月使うと2,040円となります。

高温 中温
使用時間(1時間) 約8.5円 約6.2円

電源を入れればすぐに暖まり、フローリングや畳の上にも敷くことが出来るので、利便性は高いと思われます。

石油ストーブ|4,508円/月

石油ストーブは災害時でも使えて、部屋全体を温めるための暖房器具としては優秀な部類です。

だた、石油の価格次第では値段が高くなってしまう点(全国平均価格は135.5 円)と、定期的な換気が必要になるのがネックといえばネックですね。

例えば、1時間当たりの燃料消費量が0.218Lのストーブがあった場合、「1,551(灯油価格)÷18(リットル)×0.218(リットル・燃料消費量)=18.78円」で、8時間使用すると「18.78(円)×8(時間)」で150.2円となり、1ヵ月使った場合は4,508円となります。

暖まるまでの時間は体感ですが、約30分前後かかると思いますので、すぐに使えないのが難点です。

ただリビングにも各部屋にも置けますがから、割と重宝するアイテムではないでしょうか?

ガスファンヒーター|4,320円/月

ガスファンヒーターは、ガスの熱焼で水蒸気が出るので加湿器が必要なく速温性が高いですが、ガス栓とガスホースがなければ設置することができません。

また、スイッチを入れた時ガスのにおいがしてしまい、定期的な換気が必要になります。

木造11畳またはコンクリート15畳の部屋で使用した場合、1時間あたり18円ほどかかるので、8時間で144円1ヵ月使うと4,320円になります。

 

暖房器具の正しい選び方

暖房器具を買ったときのことを思い出してみてください。あなたはどのようなことを考えて購入しましたか?

電気屋の店員に勧められたから買ったという方、テレビで宣伝していたから買ったという方、宣伝商品に人気が出ているから買ったという方もいるかもしれません。

しかし、それでは効率的に家の中を温められていないかもしれませんよ。では、効率よく家を温めるためには、どのように暖房器具を選んだらよいのでしょうか。

シチュエーション別で選ぶ

どこを温めるのかにもよって有効な暖房器具は異なりますので、以下の表を参考にしてみてください。

目的 暖房器具
広い空間の空気全体を暖める エアコン
狭い空間の空気全体を暖める 石油ファンヒーター
ガスヒーター
オイルヒーター
石油ストーブ
特定の場所を暖める 電気カーペット
電気毛布
空気全体ではなく周辺を暖める 電気ストーブ
身体の部分的に暖める こたつ

効率よく広い部屋を温めるための暖房器具の組み合わせ例

1:エアコンとストーブ

エアコンをつけてから部屋全体が暖まるには時間が必要なので、つける前にストーブを一時的につけておくのがよいでしょう

ストーブはエアコンの補助で使うので、エアコンのみで部屋が暖まったと判断したら、ストーブは消すようにしてください。

2:エアコンとホットカーペットとこたつ

ストーブを使わずに、部屋の空気全体だけではなく体の一部も暖めたいと感じたら、エアコンとホットカーペットとこたつの組み合わせが有効です。

ホットカーペットの上にこたつを置きエアコンをつければ、真冬でも寒い思いをしなくてすみます。

3:エアコンと扇風機

エアコンの暖風を効率よく循環させたいときに使うのが、扇風機を一緒に使う方法です。

エアコンだけでは一定の場所しか暖かくならなくても、扇風機を使い風の流れを作ることで適当な循環が出来て空気全体が暖かくなります。

4:エアコンと加湿器

エアコンを長時間使用すると空気が乾燥してしまいますが、これを防いでくれるのが加湿器です。

空気の乾燥に弱い方にはもちろんおすすめですし、風邪のウイルスにとって快適な空間にしないためにも、加湿器をセットで使うといいかもしれません。

 

まとめ

ケースに応じて効率の良い暖房器具を使えば早く部屋を暖めることができますし、同時に節約もできます。この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。