格安simに乗り換えた時に電話番号を引き継ぐ方法とオススメのsimまとめ

格安simに乗り換えると費用面ではお得になりますが、もし仮に電話番号が変わってしまったら、いままで利用していたサービスが利用できなくなったり、古い友人と連絡を取ることができなくなってしまうなど、デメリットもあります。

そこで、この記事では「どのようにすれば格安simに乗り換えたときに電話番号を引き継ぐことができるのか」について見ていきます。

格安simへの移行時に電話番号を引き継ぐための手順

前のスマホと同じ電話番号を使いたい方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ここではそのような方に向けて「番号をそのまま使いたい場合の引き継ぎ手順」について詳細を解説していきたいと思います。

MNP予約番号を発行する

現在契約している携帯電話会社に電話をして「MNP番号を発行してほしいです」と伝えましょう。その際に電話口のオペレーターが引き留めてくることがあるかもしれませんが、簡単に発行してくれます。(※ただし手数料はかかります。)

このMNPとは「ナンバーポータビリティ」の略で、簡単に言うと、携帯会社間で電話番号を移行するために必要なパスワードのようなものです。

au:解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ
ドコモ:携帯電話の解約・MNPを利用した解約
ソフトバンク:ソフトバンクから他社へ変更する場合

格安sim契約時にMNP予約番号を記入する

取得したMNP予約番号を格安sim契約時に記入しますが、半角数字10桁の番号なので、間違えないように注意して記入してくださいね。

そして間違いなく記入して契約が完了した時点で、自動的に前のキャリア携帯電話会社との契約は切れます。

番号が引き継がれるまで待つ

もともと契約していた会社から新しく契約した会社へと「電話番号についての情報」が渡るまで待ちます。この間にも携帯電話を利用できますが、電話機能は使えないので、注意しましょう。

 

電話番号を新規で発行するために必要な手順

では先ほどとは逆に、「電話番号を新規で発行したい場合にはどのようにすればよいのか」について見ていきたいと思います。

キャリア携帯会社を解約する

MNP予約番号を発行して引き継ぐ場合、お伝えしたように携帯電話の変更がキャリア携帯会社の方へ通達されるので、自動的にこれまでの契約が解約されます。

しかし新規で電話番号を発行するときは、そもそもMNP予約番号を発行する必要がないのでこの通達もいきません。そのため、二重払いにならないためにも、キャリア携帯会社を自分で解約する必要があります。

格安simを購入する

  • ネット通販
  • 格安sim販売店

などで、新規として格安simを購入すれば、その際に新規の電話番号を取得できます。

新規購入の手続きですが、これまで携帯を新規で購入した時と同じように、契約書類にサイン、捺印をする流れになります。

 

格安simの選び方

今までキャリア携帯会社のスタッフにオススメされるがままにスマホを契約された方もいるかと思いますが、格安simは事前にスペックや料金などを自分で調べて購入する必要があります。

なぜなら、ドコモショップやauショップのように全国各所に格安simショップ(相談窓口)を設けているわけではないからです。(ただ最近は少しずつ窓口が増えてきています。)

家電量販店の格安simコーナーでは店員さんにくわしい話を聞くことは可能かもしれませんが、この章では格安simのどこを見て選べばいいのかをくわしくお伝えしたいと思います。

費用で選ぶ

徹底的に安さにこだわりたい方には、格安simの中でも価格の安さに定評のある「LINEモバイル」と「DMMモバイル」を特におすすめします。

《格安sim最安値比較》

格安sim 最安値プラン
LINEモバイル 500円 ※1,100円
DMMモバイル 525円
UQモバイル 980円
Mineo 700円
Y!mobile 980円

(2017年10月時点)

他の有名格安simと比べて「LINEモバイル」と「DMMモバイル」が安いのはご覧の通りです。

特にLINEモバイルに関しては1,100円のプランを契約すると、「LINE」や「Facebook」、「YouTube」などのSNSにかかる通信料が無料になります。

常にSNSをしたり動画視聴したりして毎月10GBの通信料を使う方であっても1,100円しかかからないのは魅力的ですね。

【関連リンク】
LINEモバイルの格安simとは|LINEモバイルのスペック・メリット・料金まとめ

通信速度で選ぶ

格安simの弱点はズバリ「通信速度」が遅いことです。大手キャリアの回線の一部を格安sim業者が買い取り、それを多くのユーザーで使う仕組みであるため、どうしても通信が遅くなってしまうのです。

1本の狭い道路を何台もの車が通ろうとすると渋滞する…こんなイメージですね。しかし、そんな通信速度の弱点を克服した格安simも登場してきています。それが「Y!mobile」と「UQmobile」です。

《格安sim通信速度比較》

アップロード ダウンロード
Y!mobile 16.7 8.8
UQmobile 34.9 4.9
DMMモバイル 3.1 4.7
LINEモバイル 7.2 5.4

(参考元:2017年2月格安SIM・格安スマホ通信速度調査

他の格安simと比較するとこの2つの通信速度が優れていることがわかりますよね。

一般の格安simは、大手キャリア携帯会社から回線の一部を買い取って、それを多くのユーザーで分け合っているため遅いのですが、Y!mobileはソフトバンク回線そのもの、UQmobileはau回線そのものを利用しているため、圧倒的に早いのです。

【参考リンク】
サービス|Y!mobile(ワイモバイル)

データ通信量で選ぶ

月々のデータ通信量で毎月悩んでいる人は、データ容量使い放題のプランを選択した方が良いかもしれませんね。UQモバイルがデータ通信量使い放題プランを提供し始めたので、下記のリンクからぜひチェックしてみてください。

【参考リンク】
UQ mobile お申し込みサイト | 格安スマホ・SIM

無料通話時間で選ぶ

長電話が好きな方向けにおすすめしたいのは、「無料通話プラン」や「かけ放題プラン」を展開している格安simです。以下の記事でくわしくまとめてありますのでぜひご覧ください。

【関連記事】
格安simのかけ放題プラン|時間を気にせず通話したい人のための知識

 

もし自分のスマホが格安simに対応していない場合

実は、すべてのスマホが格安simに対応しているわけではなく、simフリーのスマホを入手するか、スマホのシムロックを解除しないと、格安simを利用できません。

  • simフリーのスマホを入手する方法
  • スマホをシムロック解除する方法

格安simを利用するための上記2つの方法については以下の記事も参考にご覧ください。

【関連記事】
格安simに乗り換えるときの流れと事前に知っておくべき注意点まとめ

 

格安simに乗り換えるときに電話番号を引き継ぐメリットとデメリット

電話番号を引き継いでsimに乗り換えた場合のメリットとデメリットを最後におさらいしておきましょう。

電話番号を引き継ぐメリット

過去に連絡先を交換した人に連絡先の変更のお知らせをする必要がない

携帯電話の番号を変えたら、自分の番号を知っている人に番号の変更を知らせないと、向こうから連絡をしてくることができないですよね。電話番号を引き継いでしまえば、こうした手間は必要ありません。

SNSでつながることができる

電話番号を知っている・知らないはSNSを使用する上でも重要です。最近のSNSは電話帳でお互いがつながっていればSNSに「友達かも」という表示を出してくれるからです。

LINEでID検索ができる

実は格安simはLINEでの年齢認証の設定ができないので、当然、18歳以上しか利用できないID検索機能も利用できないことになります。しかし、大手キャリア携帯で一度年齢認証をしておくと、電話番号を引き継ぐことにより、格安simでもLINEのID検索が可能になります。

電話番号を引き継ぐデメリット

引き継ぎのために数日間電話番号を使うことができない可能性がある

お伝えしたように、MNP予約番号を利用した時は手続きに多少の時間を要する場合が多いです。この期間に電話がかかってきた場合は通じませんので、大切な電話がかかってくる可能性がある時期には引き継ぎを避けるのがよいでしょう。

MNP予約番号発行のために手数料がかかる

格安sim会社によって金額は異なりますが、基本的には2,000円~3,000円ほどの手数料がかかります

 

まとめ|格安simに移行する際は電話番号を引き継ぎするのがオススメ!

基本的には電話番号を引き継いだ場合のメリットのほうが大きいです。今回の記事が、現在の電話番号のまま格安simに移行したい方の参考になれば幸いです。

▼【現在キャンペーン実施中】格安SIM提供会社の一覧
《LINEモバイル》

《UQ mobile》