メルカリでの売り方|出品方法から高く売る方法まで写真を使って解説

一般人同士が自分の持ち物を売買することを可能にした人気アプリ「メルカリ」。自分の家にある不要物をスマホ一つで簡単に出品できるので、便利で大人気です。

中には、不要品を売るだけでなく手作りの品を売って賢くお小遣い稼ぎをしているママもいるようですね。

この記事では、メルカリではどのように登録して“出品”、“売却”、“売上金獲得”ができるのか、売り方にまつわる様々なことをお伝えします。

メルカリで売りたいものを売るまでの手順

メルカリに登録してから売上金を手に入れるまでにはどのようなステップがあるのかを見ていきましょう。

アプリをインストールし、登録をする

まずは、以下のリンクよりアプリをインストールして、個人情報を入力し、会員登録を完了させます。会員登録に必要な情報は“メールアドレス”と“電話番号”のみなので、2分~3分程度で登録が終了します。

写真や詳細情報を記載する

  • 写真
  • 商品の説明
  • 商品のカテゴリー
  • 商品の状態
  • 配送について
  • 販売価格

以上の項目について記載・入力していきますが、メルカリユーザーに商品を魅力的に伝えるために写真と商品の説明欄は特に重要です。

あなたの商品を魅力的に見せる方法については、メルカリで出品した商品が魅力的見える上手な売り方でお伝えしますのでぜひご覧ください。

商品が売れる

商品が売れた場合、“宅配便に指定する宅配予定時間帯”などメルカリ出品時点では決められなかったことについて知らせるために、購入者と連絡を取り合います

返事が来ない場合

連絡を取ってみたけど返事がこない…。そのようなときは、もう一度連絡を取りましょう。もしかしたら気づいていない、または返信を後回しにしているという可能性もあるからです。

もう一度連絡を取ってみても返事が来ない場合は、「購入者と連絡が取れません」とアプリ内の“お問い合わせ”よりメルカリ事務局に問い合わせましょう。取引自体をキャンセルすることが可能です。

商品を発送し、発送したことを購入者に伝達する

個人的な連絡が終了するといよいよ商品を発送するステップです。購入者は予定通りに商品が届くか気になりますので、発送が完了したら必ず発送完了の旨のメールを送りましょう。

また、同じ商品でも適した配送方法を選択することで、料金を安く抑えることが可能です。“商品の大きさと料金を考慮したベストな配送方法”については商品が売れた後の発送方法でもくわしく解説します。

売り上げを現金で受け取る

商品が売れてもすぐには現金を受け取れません。

購入者が受取通知をメルカリに送る→あなたが売り上げ申請手続きをする

この手順を通して初めてメルカリから売上金をもらうことができます。それでは、“受取通知”と“売り上げ申請”とは何か?という点について見ていきましょう。

受取通知とは

受取通知とは、メルカリと出品者に対して「商品を受け取ったよ!」というサインを購入者が送ることを言い、この通知がないと出品者にお金が振り込まれない仕組みになっています。

このような仕組みがあるのは詐欺や乗っ取りなどの犯罪のリスクを減らすためです。

商品が届いているはずなのに、購入者から“受取通知”が送られてこない場合

受取通知がないと、出品者は売上金を受け取ることができないので困りますよね…。

受取通知を送ってくれない購入者に対しては、まず、「商品が届いていたら受取通知を送ってください」という内容の連絡を送りましょう。相手は忙しくて忘れているだけかもしれないからです。

これでも返事が来ない場合や、返事だけして通知を送ってくれない場合などは、アプリ内の“お問い合わせ”よりメルカリ事務局に連絡をしましょう。

売上申請とは

購入者から受取通知が送られてきたら、売上申請をすることで、登録済みの銀行口座にメルカリからあなたへ売上金が振り込まれます。

以下では売上申請の方法・銀行口座の登録方法についてまとめました。

①左上の“”のようなマークをタッチ

②“設定”をタッチ

③“売上・支払申請”をタッチ

④“振込申請して現金を受け取る”をタッチ

⑤振込先口座の指定をする

⑥振込先を申請が完了したら、“振込申請金額”を入力する

売上金振込日

  • 振込申請の締め切り日:毎週月曜日
  • 売上金振込日:振込申請の締め切り日から数えて4営業日目

となっています。

下の画像は“2017年9月~11月の振込スケジュール”ですので、参考にしてみてくださいね。

 

メルカリで出品した商品が魅力的見える上手な売り方

メルカリに登録してから売り上げを受け取るまでの流れをご理解いただけたと思います。では次に、どうしたら商品が魅力的に感じられ、売れやすくなるのかをお伝えします。

紹介文を丁寧に書く

顔の見えない相手と取引をするメルカリでは、いかに相手に信頼してもらえるかを考えるのが重要です。

信頼してもらうためにできることは、相手が何を知りたいか相手は何を不安に思っているかなどを相手の立場になって考えて、それらについて可能な限り詳細に情報を伝えることです。

多くのメルカリユーザーが知りたいことの代表例が以下になります。

  • キズや汚れはどのような状態なのか
  • いつ買ったものなのか
  • どのくらい劣化しているのか
  • なぜ売ろうと思ったのか

あくまで一例ですが、ぜひ商品情報欄に書いて、見てくれた人を安心させてあげてください。

魅力的な写真を用意する

写真は「インパクト」「商品の魅力」「商品の状態」を一発で伝えるスーパーツールです。徹底的にこだわって魅力的な写真を用意しましょう。

とはいっても、写真のこだわり方がわからない人も多いと思うので、どうしたら魅力的な写真になるかをお伝えしたいと思います。

写真で魅力を伝える

以下の写真のセルカ棒は三脚にもなるので、スマホをセットして集合写真を撮ることも可能です。

上の4枚の写真を見るだけで、

  • スマホを挟めること
  • ネジでカメラを装着できること
  • 三脚機能があること
  • 本体が伸びること

これらのことがわかりますね。このように、写真で商品の使い勝手の良さや形状など様々な魅力を見せてあげることによって、相手に「ほしい」と思わせることが大切です。

他の出品者の写真をたくさん見てモデルを見つける

(引用元:マフラーで検索した商品一覧 -メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

メルカリで商品が売れている人は写真の撮り方が上手です。ですので、まずはその人たちの写真の撮り方をマネしてみましょう

まず、あなたが出品したいものに近いものをメルカリで検索してみて、良さそうな写真、つまりモデルを見つけます
モデルとして適している写真は以下のとおりです。

  • サイズがわかるもの
  • 色がわかるもの
  • 商品が整えられている(きれいに服がたたまれているなど)

様々な角度、距離からたくさん写真を撮る

先ほど決めたモデルを参考にしつつ、写真を20~30枚撮りましょう。これくらい大量に写真を撮ると、“細かい角度”や“光の当たり方”が微妙に変わり良い写真が何枚か見つかると思います。

メルカリは商品写真を4枚まで掲載できるので、以下の条件を満たすベストショットを4枚選択してください。

  • 全体を映す写真がある
  • キズや汚れがある際にはそれを移す写真がある
  • おすすめポイントを映す写真がある
  • 写真加工アプリを使用する

明るさ調整、色合い調整などができる写真加工アプリを利用しましょう。なぜなら、明るさを調整することによって商品細部の質感を知ることができ、また、色合い調整でかわいい雰囲気やかっこいい雰囲気など写真を自分が演出したい雰囲気にできるからです。

【加工前写真】

【加工後写真】

これらの調整ができる写真加工アプリとしておすすめなものが“Adobe Lightroom CC”です。

 

買ってもらえる値段に設定する

当たり前ですが、値段も重要です。安すぎても利益にならず、高すぎても売れません。あなたの商品に似た商品の値段を、メルカリ内はもちろんアマゾンヤフオクなどで調べ、それを参考に値段を決めましょう。

ただし、メルカリは出品中に閲覧者から値切りコメントが送られてくることがあります。場合によっては落札後に購入者から値切りコメント送られてくることもありますので、これらを考慮して少し高めに値段を設定しておくのも一つの手かもしれません。

もちろん、“出品中”、“落札後”どちらにおいても値切りに応じるかどうかは出品者次第です。あなたが値切りに応じてでも売りたい場合に値段を下げるようにしましょう。

 

商品が売れた後の発送方法

メルカリの配送費は出品者負担購入者負担を出品者が選択できます。
購入者負担だと配送料金分だけ購入者が支払う料金が高くなってしまうため、購入者が見つかりにくくなることは予想がつきますよね。

そのため、配送料金は安く抑えた上で、出品者負担にして購入者を見つけるのが売れやすくするポイントです。そこでこの項では、配送費を一番安く済ませる方法についてお伝えします。

発送方法詳細

普通郵便

チケットやギフトカードなど、規定サイズに収まる100gまでの商品なら、普通郵便で安く送ることができます。その料金は以下の通りです。

《定形郵便物》

重量 料金
25g以内 82円
50g以内 92円

※定形郵便物:縦23.5cm・横12cm・高さ1cm以内

《定形外郵便物-規定内》

重量 料金
50g以内 120円
100g以内 140円

※定形外郵便物-規定内:縦34cm・横25cm・高さ3cm以内

クリックポスト

縦34cm・横25cm・高さ3cm以内かつ100g~1kgの商品を送るときに日本全国一律164円で送ることができます。しかも郵便ポストから差し出してネットで運賃を決済できるので、手間もかかりません。詳細は公式HPをご覧ください。

レターパック

重さが1kg~4kgでA4サイズよりも小さく、高さが3cm以内の場合はレターパックライトがおすすめです。
レターパックライトは日本郵便のサービスの一つで、全国一律料金360円で配送をしてもらえます。

しかも、ただ配送するだけでなく追跡サービスがついているので、商品の購入者に「いまどこに商品がありますか?」と聞かれたとしても困りません。

ゆうメール

高さが3cm以内に収まらないときに、おすすめのサービスが日本郵便の“ゆうメール”です。重さが3kg以内ならば、170サイズの商品すべての配送が可能です。料金は以下の通りです。

重量 料金
1kg~2kg 560円
2kg~3kg 710円

なお、170サイズとは「縦+横+高さ」の合計の長さが170cm以内のもののことを言います。

らくらくメルカリ便

3kgを超える商品を配送したいときはらくらくメルカリ便を利用しましょう。送料は日本全国一律です。

重量 料金
3kg~5kg
(80サイズ)
700円
5kg~10kg
(100サイズ)
900円
10kg~15kg
(120サイズ)
1,000円
15kg~20kg
(140サイズ)
1,200円
20kg~25kg
(160サイズ)
1,500円

 

まとめ

メルカリはユーザーが多いため、どんなものでも売れるとは言いますが、売るための技術を身につけておいた方がもっと売れるようになります。この記事を参考に、メルカリをさらに有効活用してもらえたら幸いです。