飲み会代を節約する7つの方法と上手な飲み会の断り方まとめ

飲み会はどうしてもお金がかかってしまいます。

「給料日まであと10日もあるのに5千円で過ごさなきゃ…」
「結婚式のご祝儀代を払わなきゃいけないからお金はとっておかなきゃ…」

こんなときに飲みに誘われると、正直、困ってしまいませんか?

サッポロビール株式会社が209名の男女に対して行った「先輩・上司との飲み会で心配に思うことを教えてください」というアンケートの結果、「お金が心配」と答えた人の割合は4分の1近くにものぼりました。

(引用元:サッポロビール株式会社「社会人1~3年目へ飲み会に関するアンケート調査」)

今回の記事では飲み会代を節約する方法や、飲み会に誘われたときの上手な断り方についてくわしくお伝えしますので、「現在お財布の中身がちょっと寂しい…」という社会人さんは特に参考にご覧ください。

飲み会代を節約する方法|初級編

まずは飲み会代節約方法の初級編について見ていきましょう。

経費で落とす

歓迎会や達成会など仕事関連の飲み会限定になりますが、自腹ではなく経費(事業を行っていくのに必要と認められる費用のこと)で落とせないかを打診してみましょう。

厳密には、こうした仕事関連の飲み会は『社内交際費』に分類され、法律上は経費計上が可能になります。

会社の考え方やルールがあるので、法律上は可能だとしても必ずしも経費で落とせるわけではありませんが、打診してみる価値は十分にあるかと思います。

クーポンを活用する

Hot Pepperやぐるなびなど、クーポン情報が掲載されたサイトを活用するのもひとつです。コース料理が数百円オフになるクーポンや無料でデザートをつけてもらえるクーポンなど、様々なものの中からお得度の高いものを探してみましょう。

HotPepper
ぐるなび

幹事を引き受ければクーポンで実質タダにできる

中には「幹事様分の飲食代無料」というクーポンもあるので、率先して幹事を引き受ければ飲食代をタダにできます

クレジットカードで支払う

現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうがポイントがついてお得です。仮に100円につき1ポイント(1円)付与されるクレジットカードで支払いをした場合、5,000円支払ったとすると50円ぶん得する計算になります。

もしもこの飲み会を月2の頻度で行った場合は年間1,200円キャッシュバックされることになりますし、あなたがまとめて支払って個人からお金を徴収するようにすれば、付与されるポイントは増えてさらにお得になります。

しかし、クレジットカードでの支払いは“お金を使っている感覚が薄れてしまう”というデメリットもあるので要注意です。

クレジットカード【関連記事】
楽天カードがお得な理由6選|クレカブランドの選び方・ポイントの貯め方

株主優待券を活用する

もしもあなたが企業の株を保有している場合は、企業から送られてくる株主優待券(株を保有している人に対する優遇制度のこと)を活用してみるのも良いでしょう。

運賃割引券や商品券はもちろん、飲食系の企業であれば、その飲食店で使える数千円相当の割引券やタダ券などが送られてくることがあります。

「株主」という響きは堅苦しく感じられるかもしれませんが、10万円以下で株を購入することもでき、こうした株主優待を目的に少数の株を購入する方も少なくありません。

 

飲み会代を節約する方法|上級編

続いて、飲み会代節約方法の上級編についてもお伝えします。

誰かのおごりに設定する

少数での飲み会ならば、グループの中の誰かに奢ってもらうのもひとつの手段です。部下が上司に奢ってもらうのは一般的な会社では頻繁にあることですし、パチンコで大勝した友達に甘えてみるのもそれほど不自然なことではありません。

また、飲み会の前に軽いゲームをしておき、負けた数人に支払ってもらう罰ゲームを設定するのもよいでしょう。ただし“あまりにもその人の負担になるような甘えかたはしないこと”がポイントになります。

くれぐれもみんなが無理なく気持ちよく飲めることが大前提ですので、親しいメンバーの飲み会限定で、それもかなり場の空気を読んだ上で実践しなくてはいけません。

宅飲みにする

とにかく安く済ませたいという方は、誰かひとりの家を飲み会会場にする、つまり宅飲みをするのがよいでしょう。

居酒屋やバーで飲むと1杯500円ほどするお酒も、スーパーで購入すれば1杯120円弱で済ませられます。おつまみも同様に、安価で購入したり自宅で作ったものを食べたりすればかなり安上がりな飲み会になります。

ただし、外で飲むのとはまた少し雰囲気が異なるのと、立地の問題から難しい場合もあるかもしれません。また、宅飲みができるのは気心知れた人との飲み会限定になるでしょう。

居酒屋ではなく宅飲みにした場合のシミュレーション

《5人で飲み会をした場合の比較例》

  メニュー 居酒屋価格
(大衆向け居酒屋チェーン)
宅飲み価格
(スーパーで購入または自炊)
お通し×5 350円×5
ビール(中)×5 398円×5 233円×5
生レモンサワー×5 450円×5 88円×5
ハイボール×5 390円×5 98円×5
ジントニック×5 480円×5 98円×5
梅干しサワー×5 390円×5 98円×5

シーザーサラダ 490円 200円
枝豆×5 290円×5 180円×5
海老ときのこの熱々アヒージョ 498円 380円
馬刺し 598円 398円
ソーセージ2種盛り4本 498円 298円
串焼盛り合わせ5本 688円 440円
合計 16,512 5,691
一人あたりの支払額 3,302 1,138

※居酒屋メニューの価格は土間土間和民笑笑を参考(全て税抜)
※宅飲みメニューの価格は都内スーパーを参考(全て税抜)

上記はあくまでもシミュレーションではありますが、大衆向け居酒屋で安く済ませても、やはり宅飲みの安さにはかないません。同じようなメニューで約2,000円弱もの差額が生まれるのはやはり大きいですよね。

あえてオンライン飲み会にする

近年は「オンライン飲み会」という新しいカタチの飲み会も流行ってきています。オンライン飲み会とは、Skypeなどのインターネット通話を使用して、それぞれが自宅にいながらにして画面上のお互いの顔を見ながら飲み会を行うというものです。

食べたいもの・飲みたいものを自分で用意するので安く済ませられますし、外に出る必要がないので飲み会終了と同時に即寝が可能になるのがメリットです。

オンライン飲み会に参加するメンバーが同じ時間帯に同じアプリケーションを使用することが前提になるのと、接続不良で誰かがいきなり落ちる(ログアウトする)危険があるのが難点です。

 

飲み会に参加しないという究極の選択肢がある|「お金ないから」以外の上手な断りかた

お金がないのに無理して自腹で飲み会へ参加する必要はありません。しかし、あまりにも正直に「お金がないからゴメン」という断り方をしてしまうと、かえって相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。

それではそんな時、一体どのようにして断るのが相手の気分を害さずに済むでしょうか。ここではそんな上手な飲み会の断り方について見ていきましょう。

※“嘘をつく”という行為にはなりますが、あくまでも“相手の気分を害さないための断り文句”という観点からお伝えしていくので、参考程度にご覧ください。

体調不良

テッパンの断り文句と言えば「体調不良」でしょう。断られた側も、体調が悪いのにあなたに無理にお酒を飲ませようとは考えないはずです。

「ごめん、実は今週から風邪気味で…。一緒に箸でつついたりすると移してしまうかもしれないから…。」などとさりげなく相手を気づかう姿勢を見せるのがポイントです。

身内の不幸

「遠い親族に不幸があって、ちょっとワイワイ飲める状況じゃないんだ…」という断り文句も、深刻なだけあってすんなり受け入れてもらえそうです。

ただし、会社によっては忌引きを申告すると亡くなった人の名前や亡くなった日付などを記入した忌引届を提出しなければならない場合もあります。

また、人の不幸を理由にした断り文句はそう何度も使えるわけではありませんし、余計に人に気を使わせることにもなりかねませんので、どうしても、どうしても相手の気分を害さずに飲み会の誘いを断らなければならない場合限定でお使いください。

誰かの記念日

「実は今日、結婚記念日で嫁さんとディナ―だから行けないわ~」「今日、彼氏の誕生日デートなんだ」といったお断りも有効です。既に先約が入っており、それが大切な人との予定なら…と、誘ったほうも諦めがつきやすくなります。

ただし一般的にはそう何度も記念日が訪れるわけではないので、こちらも先ほど同様、乱用には注意しましょう。

医者からの飲酒ストップ

「医者から飲酒を控えるように言われているんだよね~」と言う断り文句も有効です。本当にあなたのことを大切に考えてくれる相手なら、そう断られたら普通は「無理やり飲ませるわけにはいかない」と考えるはずですからね。

ただし、それだけの間柄の相手にこれをカミングアウトするということは、相手に本気で心配をさせてしまいかねないということはよく覚えておいてください。あまり深刻な演技はせず、ジョーク交じりに伝えるのがよいでしょう。

 

まとめ|「行けたら行く」はNG

本当に金銭的に困窮している時に飲み会に誘われたら、選択肢は以下の2つです。

・安価で済ませられるように工夫する
・どうしても財布に厳しいときはお断りする

よく乗り気しない飲み会の誘いに対して「行けたら行きます」と返事をする方もいますが、はっきりしない返事は幹事を困らせてしまいます。

また、参加できるものと受け取られて勝手に人数にカウントされ、その人数でお店の予約をとられてしまうこともあるのでご注意くださいね。

飲み会代の節約に関する今回の記事が、あなたの無理のない飲みニケーションのお役に立てたのであれば幸いです。