マイネオ(mineo)を解約するには|解約方法や解約時に必要な料金など

マイネオ(mineo)を解約して、他のsimとの契約を検討している人、いらっしゃいませんか。

  • サービスに不満があった
  • 通話音質が悪いように感じた
  • 通信速度が遅く感じた

人によって、さまざまな理由がありますよね。

ですが、マイネオを解約する際にも「どのように解約をしたらよいのだろう?」、「マイネオを解約したら、次はどのsimを利用しようか?」などわからないこともあるのではないでしょうか

そこでこの記事では、以下の事項などについてお伝えします。

  • 解約手続きの方法
  • 解約料金
  • 解約に適切なタイミング
  • おすすめのsim

マイネオ(mineo)解約手続きの方法

まずは解約するときの手続き方法を見ていきましょう。

マイネオ(mineo)公式サイトへアクセス

マイネオを解約したい場合には、以下のリンクより公式HPへアクセスし、『解約したい理由』を選択します。

アクセスページには、

  • 電波が入りにくい、もっと快適に通信したい
  • 利用する機会が少ない、使用しない
  • 月額の料金が高い

など、『ユーザーが不満を感じている可能性がある事柄』についての解決策が書かれています。もし、こちらの解決策を見ても解約したい場合には、『解約の方はこちら』を選択し、解約手続きに移りましょう。

【参考リンク】
解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ|mineoユーザーサポート

eoIDを入力してログイン→解約

マイネオを契約した際に設定した『eoID』(マイネオ会員向けサイトを利用するときに必要なID)を入力してログインしましょう。そうすると、契約している回線の情報が表示されるので、解約する格安simに間違いないか確認しましょう。

そして最後に、『同意する』にチェックを入れて確認画面に進み、画面の案内に従っていけば、たったこれだけで解約完了です。

simカードの返却

マイネオには、『Aプラン(※)』と『Dプラン(※)』2つのプランがあります。

※AプランとDプランの違いとは
Aプランは『au回線』を、Dプランは『ドコモ回線』を利用します。そのため、通信速度や通話音質が異なるなどの違いが生じます。

【関連記事】

マイネオ(mineo)の音質は?|音質を上げる方法やおすすめ通話アプリ紹介

Aプランでは、利用していたsimカードの返却が不要ですが、Dプランに関してはsimカードの返却が必要となります。返却方法は、解約手続き中に案内が表示されますので、その指示に従って返却するようにしてください。

 

マイネオ(mineo)の解約料金

解約方法の次は、『解約料金』について見ていきましょう。

違約金・解約金

ほとんどの格安sim会社や大手キャリア携帯会社には『2年縛り』があり、契約時から2年経過した時点以外で解約すると、違約金がかかってしまいます。

しかし、マイネオはいつ解約しても違約金・解約金がかかりません

MNP予約番号発行手数料

携帯電話会社を乗り換える際に、電話番号をそのまま引き継ぎたいという人は多いのではないでしょうか。そのときに必要になるのが、『MNP予約番号』です。

例えば、電話番号を引き継いでマイネオからauに乗り換えたい場合、まずマイネオに『MNP予約番号』を発行してもらってから、その次にauにその番号を伝える必要があります。

マイネオ(mineo)はこの『MNP予約番号』の発行にかかる手数料が、以下のように時期によって異なります。

時期 MNP予約番号発行手数料
13ヶ月以降(※) 2,160円
12ヶ月以内(※) 12,420円
※月の数え方について
3/17に契約した場合は、4月が1ヶ月目となります。(利用開始翌月基準なため)

 

日割り利用料金

マイネオは通常の支払いは月単位ですが、解約した月は日割り計算になります。言葉だけだとわかりにくいので、具体例を用いて説明しますね。

  • 利用開始日:2016年5月3日
  • 利用終了日:2018年8月15日
  • 月額料金:2,520円

だと仮定しましょう。

2016年5月3日~2018年8月3日の請求金額は通常通り2,520円ですね。問題は2018年8月4日~2018年8月15日までの支払い。

まず、マイネオでは、解約日(8月15日)は利用日に含まれないので、最後の月の利用は8月4日~8月14日の11日間になります。

次に1日あたりの料金を計算すると【2,520円÷30日=84円/日】です。

よって最後の月の料金は、【84円/日×11日=924円】ということになります。

 

マイネオ(mineo)を乗り換えるのに適切なタイミング

解約金や違約金がないマイネオは比較的いつでも乗り換えやすい格安simですが、オプションをフル活用したタイミング、つまり、月の最後まで利用したタイミングが乗換時期として適切でしょう。

基本的に契約はひと月単位なので、途中で乗り換えてしまうと、支払っている料金のうちの半分を捨てていることになってしまうからです。

 

マイネオ(mineo)解約の際にかかる時間

マイネオは解約にどれほどの時間が必要になるのでしょうか。

解約手続きにかかる時間

マイネオ自体の契約は先ほど『マイネオを解約する際の手続き方法』でお伝えした通りなので、10分ほどで終了します。

ですが、ウイルスバスターモバイルを単体で契約されている方は、マイネオを解約しても、ウイルスバスターモバイルは解約されないので、別に解約手続きを行う必要があります。

以下のリンクより、ウイルスバスターモバイルの解約手続きができます。

【参考リンク】
ログインページ|マイネオ(mineo)

MNP予約番号を発行するためにかかる時間

電話番号を引き継ぐためには、マイネオに電話し、『MNP予約番号』を発行してもらう必要があります。発行は『10~15分程度』で完了するでしょう。ただ、マイネオでは9時~21時の時間帯しかMNP予約番号の発行の手続きができませんので、お気を付けください。

以下のリンクよりMNP予約番号発行の手続きが可能です。

【参考リンク】
ログインページ|マイネオ(mineo)

 

乗り換えにおすすめの格安simまとめ

マイネオから別の格安simに乗り換えるときにおすすめの格安simを『料金』『通信速度』の2つの側面からご紹介します。

できるだけ月額料金を安くしたいひとには『FREETEL SIM』がおすすめ

(引用:FREETEL SIM|料金・プラン|FREETEL(フリーテル))

おすすめ理由は、『月額料金の最安値が299円』であることです。そして、FREETEL SIMは『データ容量プランが使った量に応じて自動的に設定される』ことも、料金を安く済ませることができる理由です。

また、『2.9GB使った月は3GBプラン』、『7.5GB使った月は8GB』というように最低料金で済むようにプランを自動設定してくれます

ここではFREETEL SIMのメリットをお伝えしましたが、以下のリンクではFREETEL SIMと他格安simを比較していますので、ぜひご覧ください。

【関連記事】
目的別おすすめ格安sim(費用面)|ランキング形式まとめ

【参考リンク】
FREETEL SIM HP:FREETEL SIM|料金・プラン|FREETEL(フリーテル)

通信速度を重視するならばUQ mobile

通常の格安simは大手キャリア携帯会社の回線の一部を買い取って大勢で使っているので、通信速度が遅いです。細い道路をたくさんの車が走って渋滞しているイメージですね。

(印用:【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ)

ですが、UQモバイルはau回線そのものを使っているので、通信速度がauと同じ。そのため、格安simとは思えない通信速度を誇っています。

以下の記事で速度を比較していますので、気になる方はぜひご覧ください。

【関連リンク】
目的別おすすめ格安sim(通信速度面)|ランキング形式まとめ

【参考リンク】
UQモバイル公式HP:【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

 

まとめ

マイネオは解約料金や違約金などを取らないので、比較的解約しやすい格安simなのではないでしょうか。

ただ、MNP予約番号発行は、契約から12ヶ月以内に行うと1万円以上の料金がかかってしまうので、注意してくださいね。