毎月の食費はいくら?みんなの平均食費とカンタン自炊節約術まとめ

毎月の食費のやりくりって大変ですよね。家計を支えるママは家事に育児に大忙しかと思います。家計を助けるために食費を節約している方が気になるのは、「みんなが毎月どれくらいのお金を食費にかけているか」だと思います。

他の家計の食費は気になりますが、なかなか聞く機会が無いのも実情ではないでしょうか。そこで今回はみんなが月にどれくらい食費にかけているかの平均を、家族の人数別に紹介したいと思います。また、食費を節約する方法もあわせて記載します。

家族人数別|毎月の平均食費

まずは家族人数別の毎月の食費の平均を見てみましょう。総務省が発表したデータによると、2016年度の家族人数別の毎月の食費は以下の通りとなっています。

表:家族人数別の月の食費一覧

家族人数自炊費酒代外食代総食費総支出エンゲル係数
1人26,681円1,971円11,156円39,808円158,911円25,2%
2人52,022円3,166円9,314円64,502円251,440円25.7%
3人59,489円3,061円11,510円74,060円286,969円25.8%
4人61,912円2,935円15,857円80,704円314,599円25.7%
5人68,759円3,305円17,023円89,087円335,931円26.5%
6人以上79,671円4,059円15,232円98,962円346,966円28.5%

※図は左にスライドします

参考:総務省|政府統計の総合窓口

総務省のデータでは、総食費と各項目の細かな内訳がありました。総食費には外食代と酒代も含まれていましたので、それらを除いた金額が自炊にかける費用ということになります。

総食費=自炊費+酒代+外食代

上記のデータを見てみると、家族人数が1人の場合の総食費は約4万円となっており、2人家族では約6万5千円、3人家族では約7万4千円となっています。

つまり、家族の人数が1人増えた時の総食費の増加分は、約2万5千円、約9千円と少しずつ減っていることが見て取れます。しかし、世帯人数が増えても外食代はあまり増加していません。

つまり世帯が多くなるほど外食を減らし、自炊を行って食費をおさえようとしていることがわかります。

すべての食事を自炊に切り替えた場合の総食費

自炊を行うことが総食費を抑えるポイントであることはご理解いただけたかと思いますが、仮にすべての食事を自炊に切り替えた場合の総食費はどのようになるのでしょうか。

引用:HOT PEPPER グルメリサーチセンター|外食市場調査

上記は、ホットペッパーが2014年に行った首都圏、関西圏、東海圏における、外食に関するデータですが、1ヵ月あたりの外食回数の平均は4.23回となっています。

仮に一日3食食べるとし、1ヵ月の日数を30日とすると、先ほどの総務省のデータを参考に、全ての食事を自炊に切り替えた場合の家族人数ごとの年間の総食費の差は以下の通りとなります。

年間で見ると、1人暮らしの場合、全ての食事を自炊にすればそれだけで約12万円節約できます。

他の家族人数でも約10万円以上は節約できることがわかります。こうしたことからも、やはり月の食費を下げるポイントは自炊の頻度にあると言って良いでしょう。

 

月の食費を安くする方法

自炊をする際は、以下のようなちょっと工夫でさらに食費を抑えられます。

買い物の仕方を工夫する

自炊をする場合に食材は主にスーパーなどで購入するかと思いますが、その時に以下のようなことに注意してみて下さい。

  • チラシからお買い得商品を見極める
  • 買い物に行く前に小腹を満たしておく
  • 迷ったらプライベートブランドを選ぶ
  • 食費の予算を決める
  • タイムセール時間に行けるように時間を調べる
  • 一週間分の食材をまとめて購入する

など

【関連記事】
上手な買い物の仕方13選|食材や日用品を安くゲットする方法まとめ
スーパーで使える節約術|スーパーに行く前と着いた後で出来る12の節約
全ての商品が無料のスーパーとは|海外と日本の無料スーパーまとめ

料理に用いる材料を工夫する

小麦粉やもやしなど、大量で安価に手に入る食材を多めに使用してみたり、作り置きをして食材を無駄なく使うのも食費を抑えるポイントです。

【食費節約 関連記事】
主婦歴32年の母直伝!作り置き節約レシピ4選と自家製冷凍食品のコツ
同棲カップルの平均食費と節約方法|二人前の節約料理レシピを紹介
節約小麦粉レシピ|節約に適した激安人気小麦粉と最適な保存方法の解説
節約もやし料理|もやしの節約効果と厳選もやしレシピ9つ

 

安くておいしい料理

「毎月の食費は抑えたい、でもおいしいものが食べたい」が皆様の本音かと思います。自炊費が下がっても、1回の食事量が減ったり、美味しく感じないものばかり食べたりしていては楽しく食事できません。

そのためここでは、安くておいしい料理を作る方法を紹介したいと思います。

小麦粉料理

小麦粉は商品によっては1Kg200円程度で購入できますので、節約にとても適しています。ここでは小麦粉を使ったおいしい料理を紹介したいと思います。

【すいとん】

すいとんとは、小麦粉とぬるま湯や水を混ぜたものを手でちぎったり丸めたりして出汁で煮込んだ料理です。

引用:クックパッド

【作り方】

引用:クックパッド

【関連記事】節約小麦粉レシピ|節約に適した激安人気小麦粉と最適な保存方法の解説

すいとんは一説によると室町時代から存在していた料理みたいです。好きな野菜をトッピングすることで、主食だけでなく、いろんな栄養素を補給することができますね。

もやし料理

もやしは1袋250gで35円程度なので、こちらも節約にぴったりの食材となっています。1日1回、1品をもやし料理にすることで、1ヵ月で約1万5千円節約の節約が可能になります。

ここではもやしを使ったレシピを紹介したいと思います。

【もやしのベーコン卵炒め】

引用:クックパッド

【作り方】

引用:クックパッド

【関連記事】節約もやし料理|もやしの節約効果と厳選もやしレシピ9つ

もやしは安い割に栄養もたくさんあります。身体にもよくて節約もできてしまう一石二鳥の食材ですね。どんどん活用していきましょう。

作り置き料理

1週間分の料理を一気に調理して置いて冷凍しておく「作り置き」は、忙しい主婦や1人暮らしの社会人にぴったりの節約方法です。ここでは、作り置き可能な料理のレシピを紹介したいと思います。

【焼き豚】

引用:クックパッド

【作り方】

引用:クックパッド

【関連記事】主婦歴32年の母直伝!作り置き節約レシピ4選と自家製冷凍食品のコツ

焼き豚を作り置きしておけばそれだけで一食分のおかずに出来ますね。お弁当にもピッタリだそうなので、昼食や夜食に利用して下さい。

 

その他の食費に関するデータ

家族人数ごとのデータの他に、地域や男女別のデータもありましたので、ここでは番外編として紹介しておきます。

平均世帯(2.99人)の地域別平均食費

総務省が発表している、2人以上の世帯(平均2.99人)の地域ごとと、各地域の代表的な都市別の月の平均食費を紹介します。

表:地域別月の食費一覧

地域自炊費酒代外食代総食費総支出エンゲル係数
北海道51,958円3,502円8,947円64,407円256,736円25.1%
東北55,710円3,522円8,927円68,159円262,495円26%
関東60,031円3,094円13,819円76,944円296,004円26%
北陸58,980円3,317円11,672円73,969円296,132円25%
東海58,160円2,610円12,893円73,663円292,261円25.2%
近畿60,605円3,295円11,691円75,591円279,114円27.1%
中国57,613円3,484円10,148円71,245円267,205円26.7%
四国52,749円2,842円9,840円65,431円280,548円23.3%
九州51,767円2,960円9,908円64,635円260,938円24.8%
沖縄46,805円2,458円8,538円57,801円210,651円27.4%

※図は左にスライドします

参考:総務省|政府統計の総合窓口

表:都市別月の食費一覧

都市自炊費酒代外食代総食費総支出エンゲル係数
札幌市55,009円3,909円10,527円69,445円287,325円24.2%
仙台市59,020円3,738円11,345円74,103円281,024円26.4%
東京都区部63,875円3,320円17,785円84,980円321,147円26.5%
新潟市59,328円3,910円9,970円73,208円275,978円26.5%
名古屋市60,569円2,659円14,042円77,270円295,673円26.1%
大阪市60,754円3,863円12,215円76,832円251,435円30.6%
広島市60,297円3,457円14,434円78,188円306,819円25.5%
松山市54,995円2,701円10,146円67,842円279,359円24.3%
福岡市55,576円2,434円14,054円72,064円303,957円23.7%
那覇市49,493円2,923円10,483円62,899円244,574円25.7%

※図は左にスライドします

参考:総務省|政府統計の総合窓口

やはり東京や大阪などの大都市圏の総食費は他の地域に比べて高いみたいですね。また、最も高い東京と最も安い那覇市の総食費を比べてみると、約2万2千円近くの差となっています。

1人暮らしの年齢別の月の食費

年齢によって月の食費にどのような変化があるかも見てみましょう。総務省が発表した年齢別1人暮らしの月の食費は次のようになっています。

表:年齢別1人暮らしの月の食費一覧

年齢食費酒代外食代総食費総支出エンゲル係数
35歳未満19,332円1,094円19,154円39,580円150,625円26.3%
35歳~59歳26,273円3,192円16,155円45,620円183,106円24.9%
60歳以上29,295円1,651円6,036円36,982円149,552円24.7%

※図は左にスライドします

参考:総務省|政府統計の総合窓口

1人暮らしの男女別の食費

性別によって食費は変わるのでしょうか。1人暮らしの男性・女性それぞれの月の平均食費を確認してみましょう。

表:男女別月の食費一覧

性別自炊費酒代外食代総食費総支出エンゲル係数
男性25,121円3,152円16,012円44,285円157,916円28%
女性28,052円934円6,890円35,876円159,784円22.5%

※図は左にスライドします

参考:総務省|政府統計の総合窓口

地域別シングルの月の食費

最後に地域別の1人暮らしの月の食費を見てみましょう。

表:地域別月の食費一覧

地域自炊費酒代外食代総食費総支出エンゲル係数
北海道・東北27,745円1,850円7,174円36,769円154,094円23.7%
関東26,622円2,174円13,573円42,369円171,808円24.7%
北陸・東海26,257円1,452円11,776円39,485円157,006円25.1%
近畿27,593円1,888円12,052円41,533円154,368円27%
中国・四国27,351円2,318円8,255円37,924円142,931円26.5%
九州・沖縄24,474円1,904円7,645円34,023円143,500円23.7%

図は左にスライドします

参考:総務省|政府統計の総合窓口

まとめ

いかがでしたでしょうか。世帯別や年齢別の食費と比べていただいて、ご自身の月の食費が高いか安いかご理解いただけましたでしょうか。

食費を安く抑える一番のポイントは自炊を行うことにあります。節約を考えている方は積極的に自炊を行うようにしましょう。

食べログでお得な外食生活!


食べログプレミアムサービス


食べログのプレミアム会員になると、最低でも20%OFFの特別クーポンがゲットできちゃいます!

プレミアム会員は月額300円なので、一回でもクーポンを利用したらとても得しちゃいます♪

お得に外食生活を楽しんじゃいましょう!