Cartier(カルティエ)を高価買取してもらう方法!人気のシリーズも紹介

カルティエの売却を検討されている方に、高価買取のコツや高く買取してもらえるモデルをご紹介しています。

買取方法(店頭・出張・宅配)とおすすめの買取店

お持ちのカルティエのアイテムを買取してもらう方法として3パターンの方法があります。

その中で高く安心して買取してもらには宅配買取がおすすめです。

なぜなら、冷静に納得した上で売るか売らないか決められるからです。

またどの地域でも利用でき、取り扱う商品の実績やノウハウが他の買取方法に比べて圧倒的に高いことも挙げられます。

①店頭買取

お店に出向き買取してもらう方法です。対面方式で目の前で査定、その場で買取してもらえます。

すぐにお金が必要な場合にお勧めの方法です。売却後、キャンセルができないことに要注意。

②出張買取

自宅まで査定士が来てくれる方法です。

事前に来てほしい日程や場所を電話や問い合わせフォームから連絡します。

キャンセルの場合も出張費や見積もり料など一切無料で利用できるお店がほとんどです。

また店頭買取と違い、クーリングオフが適用されることもあるので、場合によっては売却後もキャンセルすることができます。

③宅配買取

お店に商品を送って買取してもらう方法です。

出張買取と同様に、事前に電話や問い合わせフォームより申し込みを行いましょう。

キャンセルの場合も出張費や見積もり料など一切無料で利用できるお店がほとんどです。

また、梱包用品なども無料で送ってくれる場合があります。

出張買取と同様に売却後でもキャンセルできる場合があります。

お勧めの買取店

ブランディア

宅配買取の実績が豊富で、これまでの実績や買取点数が圧倒的に多い為ためおススメです。

テレビや雑誌でもよく見かける為安心感が高く、HPも見やすく過去の買取実績が見れるので送る前に参考にすることができます。

なんぼや

送る前に事前に「LINEで査定」を利用することで、買取価格の見積もりを聞くことができさらに10%も買取をUPしてもらえるお得なキャンペーンがあるためおススメです。

Cartierの人気高額買取商品

ジュエリー

ラブブレス

ラブブレスは昔から不動の人気があります。モデルチェンジがあり新型と旧型があります。

大きな改善点を新旧でご説明します。

旧型の方は、つけ外しがねじ式になっており一人で着けたり外したりするのが難しくかったのですが、新型でプッシュ式に改善され一人で装着できるようになりました。

新型の方が使い勝手がよく人気も高くなり中古市場でも高値で取引されています。旧型でも20万前後~で取引される事が多いです。

更にダイヤモンドなど宝石がセットされているモデルなら更に高額で買取してもらえます。

※シーズンや状態や付属品により買取価格の変動がありあくまでも目安となります。

ジュストアンクル(JUSTE UN CLOU)

ジュストアンクルは比較的新しいシリーズで、釘を曲げたようなデザインです。男女共に人気があります。

ネックレス・リング・イヤリング・ブレスレットが展開されていますが、特にブレスレットのジュストアンクルが人気が高く買取も高くなります。

ダイヤモンドが付いていないノーマルのイエローゴールドのタイプで40~50万で買取実績があります。

ウォッチ

ベニュワール

1906年に発表され、ケースの素材はゴールドのみを使用しダイヤモンドなどを装飾したラグジュアリーモデルです。

モデルチェンジをしながら今も高い人気があります。

初期のモデルでも高く買取してもらえますが、現行モデルの方が高く買取してもらえます。

また、サイズが小ぶりになったミニ・ベニュワールも人気が高く、中古市場でも高値で取引されています。

レザーアイテム

マルチェロ(ハンドバッグ)

マルチェロは2012年に発表された、比較的新しいコレクションラインになります。

様々な素材が使用されたモデルが発表されており、ハイクラスなアイテムだとクロコダイルが使用されている物もあります。

2Cロゴが特徴的で、ショルダーストラップがついているので2WAYで使用することができます。

中古市場では、比較的黒色がほかの色より少し高く取引されている傾向があります。

Cartierの歴史

カルティエは王族御用達の世界五大ジュエリーブランドです。

その創業は1847年に【ルイ・フランソワ・カルティエ】にてパリのモントルグイユ通りにジュエリー工房を譲り受ける形でスタートしました。

プラチナを素材に早くから使用し、フランスの王族御用達のブランドとして有名になりました。

また、操縦中に操作機器を離す事無く使用できる時計が無かったため、1904年に腕にレザーベルトを使用した腕時計を開発しいち早く腕時計の開発の先駆けとなりました。

他にも、レザーアイテムやライター・ペンなどの雑貨小物などのカテゴリーも取り扱い、リシュモングループを牽引する中核ブランドで世界中の人を魅了し続けるブランドです。

高く買取してもらうポイント

使用後にはメンテナンスして綺麗な状態にする。

時計やジュエリーは使用後には柔らかい布で汚れをとり、付属品のBOXが傷んでしまう事がありますので直射日光の当たらない風通しの良いところで保管しましょう。

バッグや財布などのレザーアイテムは、角擦れや色落ちに注意しましょう。

パテント素材の物ですと色移りする事があり、色移りしてしまうと買取価格が大幅に下がってしまいます。

タイミングは早いほどよい

新作が出ると、前のモデルは型落ちになってしまい買取価格が下がります

特に財布等のレザーアイテムの新作の展開が早いため使わないと思った時にはできる限り早く査定依頼をされる事をお勧め致します。

並行輸入品

インターネットや大型家電店、並行輸入取り扱い店にて新品の本物のCartierのアイテムが定価よりも安く販売されています。

正規品と並行輸入品の違いは、日本に輸入される際に正規代理店を通して入ってきているかどうかの違いになります。

ですので、並行輸入品でも買取してもらう事が可能です。

正規品と並行輸入品の見分け方は、付属品の保証書(ギャランティーカード)に日付、ショップ印があるかどうかで判断することができます。

カルティエは並行輸入品でも国内でリペアーサービスを受けられるため、売却の際も大きく買取価格が変わることがないです。

※アフターダイヤモンド(カルティエ以外の所でダイヤモンドを後で付けた)等のカスタム品や一部アイテムでは修理を受けれない場合があります。

他のブランドでは、並行輸入品の場合リペアーサービスが受けれない場合があったり、買取価格が大幅に下がることがありますが、Cartierの購入時の場合は並行輸入品の方が得と言えます。

まずは無料査定に出そう

カルティエを高く買取してもらうにはお持ちのモデルの新作が出るより前に早く見てもらう事が大きなポイントになります。

無料でお持ちのカルティエのアイテムの買取価格を見積もりしてくれます。

査定金額を聞いた後、売るかどうかを決める事が出来ますので是非まずは無料査定を依頼してみましょう。

最近のコメント