格安simのかけ放題プラン|時間を気にせず通話したい人のための知識

格安simのかけ放題プランは、なんと計15種類もあります。(2017/10月時点)

かけ放題時間格安sim名プラン名
時間制限なしY!mobileスーパーだれとでも定額
もしもシークスかけ放題フル
NifMoNifMo でんわ
楽天モバイルかけ放題
10分以内Lineモバイル10分電話かけ放題オプション
OCNモバイルかけ放題「ダブル」
イオンモバイル050かけ放題
NifMoNifMo 10分かけ放題
Y!mobileスマホプランS
IIJmio通話定額オプション
5分以内UQモバイルおしゃべりプランS
楽天モバイル5分かけ放題
Mineo5分かけ放題サービス
DMMモバイル5分かけ放題
1分以内FREETEL SIM1分かけ放題

そこで今回は「かけ放題プランがあるかないか」に重点を置いて格安simを比較したい方向けに、それぞれのプランの料金や特徴をくわしく解説します。

時間制限なしのかけ放題プラン4種の特徴

まず初めに「通話時間」と「通話回数」両方に関して無制限のかけ放題についてご紹介したいと思います。

Y!mobileのスーパーだれとでも定額

月額基本料金(最安プラン)1,980円(2GB)
かけ放題オプション1,000円

▶参考:スーパーだれとでも定額|オプションサービス|料金|Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileは回線がソフトバンクの回線と同一なのでとてもデータの通信が速いので、通話だけではなくデータの通信も利用していきたい人におすすめです。

もしもシークスのかけ放題フル

月額基本料金(最安プラン)600円(1GB)
かけ放題オプション1,800円

▶参考:料金プラン – エックスモバイル

通話もデータ通信もかなりする人っていますよね。そういった人におすすめしたいのが、この「もしもシークス」です。

格安simにしては珍しく、「通話し放題」「データ使い放題」どちらも利用できます。

NifMo のNifMoでんわ

月額基本料金(最安プラン)1,600円(3GB)
かけ放題オプション1,300円

▶参考:IP電話での通話定額!NifMo でんわ | 格安SIMのNifMo(ニフモ) – nifty

NifMoは格安simなのに珍しく「ファミリープランプログラム」があり、もしもご家族と一緒にNifMoを利用した場合は【契約数×0.5GB】のデータ容量をもらうことができます。

例えば3世代6人家族でNifMoに契約をしたとすると一人当たり【0.5GB×6人=3.0GB】のデータ容量をもらうことができますが、これは普通に個人で契約した時の【3GB=1,600円】と同じだけの容量になるので、「NifMo ファミリープランプログラム」を利用して家族と契約するだけで相当お得になるのがお分かりになるでしょう。

家族で利用するときにはぜひおすすめしたい格安simです。

>>【期間限定キャンペーン実施中】NifMoは、利用開始月の基本料金が0円!

楽天モバイル

月額基本料金(最安プラン)1,600円(3.1GB)
かけ放題オプション2,380円

▶参考:楽天モバイル: 楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル

楽天モバイルは格安simとしては珍しく実店舗を持っていますので、格安simについてあまり知識を持っていない人でも安心して相談をしたり乗り換えたりすることができます。

10分未満かけ放題プラン6種の特徴

次にご紹介するのは10分以内の通話が無料になる格安simです。10分もあればお仕事の軽い打ち合わせもなんかもできますね。

Lineモバイルの10分かけ放題オプション

月額基本料金(最安プラン)500円(1GB)
かけ放題オプション880円

▶参考:10分電話かけ放題 | オプション・料金 | LINEモバイル

Lineモバイルには今までになかった「SNSデータ通信無料」というおもしろいサービスがあります。

現代では連絡はlineで、情報収集はTwitterで行うようになり、まさに現代はSNS時代といわれる時代でしょう。

Lineモバイルはこの時代に求められているSNS系アプリの通信料を無料にしました。ですので、lineやTwitter、Facebookが無料になり、データ容量を使わないからパケットも減少しないというSNS好きにはたまらないサービスになっています。

【関連記事】LINEモバイルの格安simとは|LINEモバイルのスペック・メリット・料金まとめ

>>あのLINEが格安スマホ・SIMを提供!お得なキャンペーン実施中~

OCNモバイルのかけ放題「ダブル」

月額基本料金(最安プラン)900円(110MB/日)
かけ放題オプション1,000円

▶参考:OCNでんわ 格安SIMでも通話料金がおトク!業界初のかけ放題が登場! | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCNモバイルのかけ放題ダブルは、データ容量を月次で設定しているのではなく、日時で設定しています。

つまり、「今日は使いすぎたから、今日はもう低速ね。明日から高速に戻すよ」というように一日単位でデータ容量を設定してくれるというわけです。

このように自動でデータ使用料を平均化してくれるため、データ通信を使いすぎてしまうことがありません。

>>【1通話10分まで】何度でもかけ放題オプションが月額850円!

イオンモバイルの050かけ放題

月額基本料金(最安プラン)480円(1GB)
かけ放題オプション1,500円

▶参考:格安スマホ通話定額050かけ放題|イオンモバイル

イオンモバイルの格安simの料金プランは10種類以上あり、その中から自分に合ったプランを探し、かけ放題をオプションでつける形になります。

>>月額480円~スマホが持てるイオンモバイル。お得なキャンペーン実施中!

NifMoの NifMo 10分かけ放題

月額基本料金(最安プラン)1,050円(3GB)
かけ放題オプション830円

▶参考:NifMo 半額ダイヤル / 10分かけ放題 – nifty

月々2,000円以内で、かけ放題を利用できてしまいます。安さで選ぶのであればNifMoがよいですね。

>>【期間限定キャンペーン実施中】NifMoは、利用開始月の基本料金が0円!

Y!mobileのスマホプランS

月額基本料金(最安プラン)1,980円
かけ放題オプション0円

▶参考:                  スマホプラン S/M/L – Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileは基本プランに10分のかけ放題が含まれています。つまり、1回10分未満の通話であれば何回通話してもタダということになりますね。

Y!mobileは格安simの中でも通信速度がかなり早い方なので、かけ放題と併せて快適な通信サービスを利用したい人にはとてもおすすめです。

IIJmioの通話定額オプション

月額基本料金(最安プラン)1,600円(3GB)
かけ放題オプション830円

▶参考:通話定額オプション | IIJmio

「通話がメインだからデータ容量は少なくていいや」と思って契約したものの、結果的にデータ容量を使いすぎて速度制限がかかってしまったことはないでしょうか。

そういった事態を回避するためにもおすすめなのが、このIIJmioです。

もし仮に当月にデータ容量を使い切ることができなかった場合は、次の月に繰り越すことができますし、万が一通信速度が低速になったとしても通信のバースト機能があるので、一時的に調べ物をしたい際にも困りません。

>>【期間限定】1年間1,300円でスマホを使えるチャンス!

5分間以内かけ放題プラン4種の特徴

簡単なお店の予約や、友達との待ち合わせ時の連絡の取りあい程度なら5分以内の通話でも事足りるでしょう。ここでは5分間以内なら無料で通話できる格安simのプランをご紹介します。

UQモバイルのおしゃべりプランS

月額基本料金(最安プラン)1,980円(2GB)
かけ放題オプション0円

▶参考:UQ mobileから5分かけ放題の「おしゃべりプラン」が新登場! | 【公式】UQコミュニケーションズ

インターネット中、あまりの通信の遅さにイライラしたことはありませんか? UQモバイルならば格安simの中でも断トツの通信速度を誇っているので、この問題が解消されるかと思います。

格安simだけれども、通信速度にはこだわりたいという人におすすめの格安simです。

楽天モバイルの5分かけ放題

月額基本料金(最安プラン)1,600円(3.1GB)
かけ放題オプション850円

▶参考:楽天モバイル: 楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル

かけ放題に関してはこれといった特徴らしい特徴はないのですが、

楽天モバイルはスマホの品ぞろえが非常に良いので、スマホの機種にこだわりたい人にはおすすめです。

※もちろんsimカードを挿入するだけで利用できるので、機種変更が絶対に必要になるわけではありません。

mineoの5分かけ放題サービス

月額基本料金(最安プラン)1,400円(500MB)
かけ放題オプション850円

▶参考:mineoでんわサービス|サービス紹介|mineo(マイネオ)

「自分の余ったパケットをあげたい!」「今月はパケットが足りないからほしい!」といったパケットの分け合いができるのがmineoです。

もらえるパケットは月に1GBまでと決まっていますが、家族ではない人同士がパケットを寄付したり、シェアしたりすることができるのが特徴的です。

月のパケットをいつも使い切ってしまう人にはとてもおすすめの格安simです。

【関連記事】マイネオ(mineo)の音質は?|音質を上げる方法やおすすめ通話アプリ紹介

DMMモバイル

月額基本料金(最安プラン)1,140円(3日間の通信量366MB以内)
かけ放題オプション850円

▶参考:10分かけ放題 – DMM mobile

DMMモバイルは業界最安値を目指していてとても低価格な上に、利用料金の10%が毎月DMMポイントとしてキャッシュバックされます。このポイントはDMM.conの買い物に利用することができるのでお得です。

1分間以内かけ放題プラン1種の特徴

軽い待ち合わせや、用件だけ伝えられればよいといった人向けの、1分以内なら通話料無料のプランについて見ていきましょう。

FREETELの1分かけ放題

月額基本料金(最安プラン)999円(100MB)
かけ放題オプション399円

▶参考:特長|だれでもカケホーダイ|FREETELの通話SIMカード専用「電話かけ放題アプリ」

毎月使用するデータ容量に差がある人は、一体何GBの格安simを契約すればいいのか、迷いますよね。

5GB使うのに3GBを選んでしまったら通信速度制限がかかってしまうし、2GBしか使わないのに10GBのプランを選んでしまったら損をしてしまいます。

そんな時におすすめなのがこの「FREETEL SIM」で、あなたが使った分のパケットに合わせて最適なプランに自動で変更をしてくれます。

ただしデータ容量が大きいプランに自動変更されるごとに基本通信料金が高くなっていってしまうので、通話にせよデータ通信にせよ、いずれにしても使いすぎに注意が必要なプランです。

筆者が格安simのかけ放題プランを使ってみた感想

筆者は1年2か月ほど「Y!mobile」のサービスを利用しています(2017年09月現在)。

Y!mobileの無制限の方のかけ放題プランの利用はしていませんが、10分のかけ放題サービスの利用はしていますので、こちらの使い心地や、不便に思ったところなどについて書いていきたいと思います。

通話の品質はキャリア利用時と変わらない

筆者はキャリア(au)からY!mobileのsimに変更しましたが、いざ契約が終わり通話をしてみると、auの時の音質と変わりなく、とても安心したことを覚えています。

電波の範囲は気にならない

Y!mobileの回線はもともとソフトバンクのものということもあり、圏外になるということも全然なく、通話時も雑音が入ることもなく、使い心地はよいです。

スマホの種類が少なかったところがちょっと不満だった

Y!mobile のsimに変えて1年が経ったころ、筆者のスマホが壊れてしまいました。(筆者が乱雑に扱っていたためです…。)

この時、保険に入っていなかったせいで修理費用が高くつき、いっそ新しいスマホを購入しようと決意してY!mobileの店舗に向かったのですが、置いてある機種が少なくて困ったのを今でも覚えています。

豊富な品ぞろえの中からスマホを選びたい場合は、Y!mobileはおすすめできないかもしれません。

契約してから2年で割高になるのがネックである

Y!mobileと契約してから2年経つとデータ容量2倍のサービスが切れて割高になるのがネックに感じているので、その際には他のsimへ乗り換えてしまおうかと思っています。

まとめ

各格安sim会社が出しているかけ放題プランの特徴についてまとめた今回の記事はいかがだったでしょうか。しっかり吟味して自分に合った格安simを見つけてくださいね。

▼【現在キャンペーン実施中】格安SIM提供会社の一覧」
《NifMo》IIJmio(みおふぉん)
《OCN》

《LINEモバイル》
《イオンモバイル》
《IIJmio(みおふぉん)》
《UQモバイル》