ペットボトルウォーターサーバーはお得?メリットとデメリットを解説

ペットボトルウォーターサーバーのメリットやデメリットのほか、宅配型レンタルウォーターサーバーとのコスパ比較を詳しく解説していきます。

この記事のポイント
  • ペットボトルウォーターサーバーは市販のペットボトルが使える
  • ペットボトルウォーターサーバーは、初期コストがかかる、衛生面に問題があるなどのデメリットが多い
  • ペットボトルウォーターサーバーよりも宅配型のウォーターサーバーがおすすめ

ペットボトルウォーターサーバーとは

市販のペットボトルを使って簡単に冷水と温水が出せる「ペットボトルウォーターサーバー」。実際に使用してみると、その利便性の高さに驚くはずです。

冷たい水が飲めるのはもちろん、温水を使えばインスタントコーヒーやカップ麺などをすぐに作ることができます。

なお、ペットボトルウォーターサーバーには、スーパーやコンビニなど、どこにでも売っている水が使えます

ペッボトルウォーターサーバーの注意点

手軽に冷水と温水が楽しめるペットボトルウォーターサーバーですが、やはりデメリットもあります。

衛生面

ペットボトルウォーターサーバーは、基本的にサーバー内の清掃ができないため、利用している間に雑菌が繁殖します。

これによって水の鮮度が落ちてしまいます。

特に夏場はサーバー内を完全に乾燥させるのが難しいので、殺菌の繁殖スピードが速まります。

一方、レンタルウォーターサーバーは業者が定期的にメンテナンスをしてくれるので、衛生面に不安はありません。

それだけでなく、最近ではサーバー内部を自動洗浄してくれるウォーターサーバーも登場しています。

キンキンに冷えた水が出ない

ペットボトルウォーターサーバーの冷水は、10〜15℃が一般的です。中には、冷水が常温とほとんど変わらないペットボトルウォーターサーバーもあります。

レンタルウォーターサーバーなら5〜10℃の冷水が楽しめるので、「キンキンに冷たい水が飲みたい」という人は、レンタルウォーターサーバーがおすすめです。

注水される量が少ない

ペットボトルウォーターサーバーはタンク容量が少ないので、どうしても交換頻度が多くなります。

レンタルウォーターサーバーは8〜18Lのボトルを取り付けて使用しますが、ペットボトルは2Lがせいぜいです。

普段から多量の水を使う場合は、ペットボトルの交換だけでも手間がかかります。また、温水と冷水の各タンク容量も、レンタルウォーターサーバーに比べると少ないです。

水漏れする可能性がある

対応できる口径はサーバーによって決まっているため、指定サイズ以外のペットボトルを使うと水漏れする可能性があります。

ペットボトルサーバーには、専用のアダプターが付属していますが、これをつけ忘れると水漏れや故障の原因になるので注意してください。

もちろん、専用アダプターは定期的な洗浄と交換が欠かせません。

初期コストがかかる

ペットボトルサーバーは比較的安価とはいえ、本体価格の平均10,000円前後です。

購入してから「やっぱり買い替えたい」と思っても返品はできないので、購入に要した費用全額が無駄になってしまいます。

一方でレンタルウォーターサーバーは、利用者が本体を買い取る必要はありません。

また、「無料お試し期間」を設けている業者も多いので、気に入らなければ利用料金を一切負担することなく返品することができます。

レンタルウォーターサーバーとペットボトルのコストを比較

ペットボトルウォーターサーバーとレンタルウォーターサーバーのコストを比較してみましょう。

ここでは、一般的なペットボトルウォーターサーバーと、宅配型レンタルウォーターサーバー「コスモウォーター」を比較します。

ペットボトルウォーターサーバーコスモウォーター
初期費用10,000円(本体価格)0円
レンタル料金0円0円
水の料金(500mlあたり)25円79円
メンテナンスなし自動洗浄
冷水温度10℃~15℃6℃~10℃
温水温度80℃~90℃80℃~90℃
電気代(月額)700円465円

表を見てみると、ペットボトルウォーターサーバーは水の料金では比較的安いです。

しかし、初期費用や毎月の電気代だけでなく、メンテナンスや冷水温度でもコスモウォーターが優れています。

レンタルウォーターサーバーのメリット

毎月利用する水の量によっては、レンタルウォーターサーバーとペットボトルウォーターサーバーの料金差がない場合もあります。

レンタルウォータ―サーバーを契約した方が、長い目で見るとお得になるケースも少なくありません。プランによっては、サーバーレンタル代も不要です。

いずれにしても、コストだけではなく、水タンク交換の手間や衛生面を含めた総合的な判断が必要です。

それではレンタルウォーターサーバーのメリットを見ていきましょう。

安全性が高い

最新のレンタルウォーターサーバーには自動洗浄機能が付いているので、常に清潔な水を飲むことができます。

おいしい水を飲むためには、細菌の繁殖は防げる安全性の高さは大変重要です。

また、厳しい水質検査に合格した天然水だけが配送されてくるので、自宅で気軽に安全なおいしい水を楽しめます。

なお、水タンクは定期的に各家庭に届けられるため、毎月の発注やスーパーなどから持ち運ぶ必要がありません。

手軽に冷温水が飲める

レンタルウォーターサーバーは機能性に優れているため、ペットボトルウォーターサーバーよりも温度が低い冷水が抽出されます。

もちろん、温水も簡単に出せるので、ココアやコーヒー、カップ麺などを手軽に作ることもできます。特に冷たくておいしい水にこだわるなら、レンタルウォーターサーバー一択となるでしょう。

備蓄水としても活用できる

地震などの災害時には、水道が止まってしまうことも少なくありません。そんなときにレンタルウォーターサーバー用の水タンクがあれば、備蓄水として利用することができます

なお、一部のレンタルウォーターサーバーは停電時でも稼働するので、万が一の時でも安心しておいしい水が使えます。

まとめ

ペットボトルウォーターサーバーは、利便性や衛生面を考えるとあまりおすすめできる商品ではありません。

ウォーターサーバーの本格的な機能を活用したいなら、宅配型レンタルサーバーを選びましょう。

トータルコストも大切ですが、家族や職場でおいしい水を楽しむためには、安全面や衛生面への配慮は欠かせません。

最近のコメント