海外でネットを使う方法は?迷ったらレンタルWi-Fiがおすすめ!

海外に行くにはさまざまな準備が必要となりますが、その中の1つに「ネット環境」があります。

最近ではスマホを持たずに出かける人はほとんどいないでしょうし、仕事であればパソコンを使うこともあります。

どちらにせよネット環境がなければ、そういったデバイスは使えないので、渡航前に準備しなければなりません。

そこでこの記事では海外でネットを使う方法を紹介していきます。

海外でネットを使う方法

まずは、海外でネットを使う主な方法をご紹介します。

フリーWi-Fi

フリーWi-Fiは「公衆Wi-Fi」とも呼ばれ、「カフェや空港、ホテル、駅」など様々な施設に設置されたWi-Fiです。

誰でも無料でネットに接続できますが、使える場所が限られているので、海外でフリーWi-Fiのみに頼るのはおすすめできません。

あくまで補完的に利用を目的に使うと便利なものです。

レンタルWi-Fi

レンタルWi-Fiとは、海外でも使えるモバイルWi-Fi端末をレンタルできるサービスです。

利用期間やデータ通信量、端末に応じてレンタル料金が設定されています。

キャリアの海外ローミング

「データローミング」とは、契約しているスマホ会社の電波が届かない場所(例えば海外)に行った際に、現地の通信会社の電波を利用してネットに接続できる仕組みのことを言います。

お使いのスマホで海外ローミングのプランに設定するだけで利用できます。

SIMカード

こちらは現地でSIMカードを購入またはレンタルして使う方法です。SIMフリースマホでないと利用ができず設定も複雑ですが、利用される方も多いです。

海外WiFiレンタルとは?

海外でネットに接続する方法はいくつかありますが、中でもおすすめなのが「海外Wi-Fiレンタル」です。

料金や通信量などコスパの観点からだけでなく、使いやすさでも利点が多いです。

ここからは海外で使えるレンタルWi-Fiについて解説していきます。

海外WiFiレンタルの概要

海外WiFiレンタルとは、海外でも使えるモバイルWi-Fi端末をレンタルしてネットを利用するサービスです。

スマホ側で細かい設定も必要なく、ポケットWi-Fiに接続するだけですので海外でも簡単にネットを利用することができます。

普段WiMAXなどのポケットWi-Fiを使っている人にとっては、非常に使いやすいサービスです。

利用の流れ

まずレンタルWi-Fi業者を決めます。料金安さ受け取り、返却の利便性などを踏まえた上で選びます。

その次に、渡航日数やデータ通信量などに応じたレンタルプランを決めていきます。

申し込み手続きや決済の完了後、指定日にWi-Fi端末を受け取り、利用後は各社指定の方法で返却という流れです。

業者・プランの選び方

レンタルWi-Fiサービスを行なっている業者は多数あります。そこで、失敗しない業者・サービスの選び方をご紹介します。

まず、最も重要なのは「利用可能エリア」です。Wi-Fiがあっても、利用場所が対応エリア外であれば何の意味もありません。

渡航先の国や地域に対応しているレンタルWi-Fiを選ぶ必要があります。

次に「料金」です。渡航日程やスマホの利用頻度・目的などに応じて、レンタル日数や1日当たりのデータ通信量などを考慮して料金プランを選びます。

最後に「補償」です。渡航先では何らかのトラブルによって端末が故障してしまうこともあります。その際に、端末補償などのオプションがあると安心です。

また、業者によっては「特典」を付けていることもあります。お得に利用するために特典も併せて確認しておきましょう。

海外WiFiレンタルのおすすめ検索サイト

海外Wi-Fiレンタルサービスがたくさんありすぎて、1つ1つ調べるのが大変だという人は、便利な検索サイトを利用してみるといいでしょう。

渡航先や日程、通信量、料金などから自分にあったレンタルWi-Fiをみるけることができます。

ここでは、主なレンタルWi-Fiの検索サイトを紹介していきます。

トラベルコ

ホテルや航空券、ツアーなどの検索サイトでもある「トラベルコ」では、海外Wi-Fiレンタルの検索も行なっています。

提携しているサービスも多く、渡航先と利用日数を入力するだけで、おすすめのレンタルWi-Fiサービスがヒットします。それ以外の条件を指定した詳細な検索も可能です。

検索でヒットしたサービスは、料金の高い/低い順、通信量の小さい/大きい順に並べ替えることもできるので、より自分あったサービスを選ぶことができます。

公式サイト:https://www.tour.ne.jp/w_wifi/

価格.com

総合価格比較サイトの価格.comでも、海外Wi-Fiレンタルの検索も行っています。

渡航先や利用日数、受取/返却方法などの条件で検索できます。

また、レンタルWi-Fiの人気ランキングや口コミなども投稿されているので、サービス内容だけではなくユーザーの評価も参考にできます。

公式サイト:https://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/

地球の歩き方

海外旅行に行く時に購入する方も少ないくないのではないでしょうか。地球の歩き方でも海外Wi-Fiレンタルの料金比較ができます。

上記2サイトと同様に便利な検索ができます。

公式サイト:https://www.arukikata.co.jp/wifi/

3大キャリアの海外ローミングとの比較

海外でネットを使うならレンタルWi-Fiがおすすめと紹介しましたが、根拠になる数値もあるほうが納得できますよね。

3大キャリアの「海外ローミング」と「海外Wi-Fiレンタル」を比較して、どちらがおすすめなのかを明らかにしていきましょう。

サービス名

料金データ通信量
au 世界データ定額980円/日日本での料金プランを適用
au 海外ダブル定額1,980円/日

2,980円/日

24.4MBまで/日

無制限

ドコモ パケットパック海外オプション200円/1時間

2,480円/3日

3,980円/5日

日本での料金プランを適用
ドコモ 海外パケホーダイ1,980円/日

2,980円/日

25MBまで/日

無制限

ソフトバンク 海外パケットし放題1,980円/日

2,980円/日

24.4MBまで/日

無制限

3大キャリアはデータ通信量が無制限なのはメリットですが、料金は1日あたり3,000円程とモバイルWiFiよりも高額です。

ドコモの「パケットパック海外オプション」は、3日以上の利用であればお得といえます。

それではレンタルWi-Fiの料金をみていきます。

参考にするのは「グローバルWiFi」でアメリカに行く際の料金です。

 

サービス名料金データ通信量
通常プラン1,170円/日300MB/日
大容量プラン1,470円/日600MB/日
超大容量プラン1,670円/日1.1GB/日
無制限プラン2,370円/日無制限

データ通信料無制限のプランの場合、レンタルWi-Fiの方が安いことがわかります。

キャリアの海外ローミングだと3,000円近くするところを、レンタルWi-Fiでは2500円以下で利用できます。

また、通信量ごとに細かくプランが設定されており、利用に応じたコスパの良いプランを選ぶことができます。

キャリアの海外ローミングは、日本で契約しているデータ量を元に海外でも使えるプランが用意されています。

一見コスパがいいように見えても、プラン料金に加え、別途データ通信量を追加する必要がでてくる可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

  • 海外でネットを利用方法は「フリーWi-Fi」「レンタルWi-Fi」「海外ローミング」「SIMカード」の4つ
  • レンタルWi-Fi選びには検索サイトが便利
  • 海外ローミングよりもレンタルWi-Fiの方が安く、プランも詳細に分かれている

モバイルwifiのオススメ比較ランキング


10社のモバイルwifi比較ランキング