UQ WiMAXを他WiFiと比較して詳しくご紹介します!口コミも!

モバイルWiFiというと、WiMAXを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

テレビCMでもよく見かけますよね。しかし、WiMAXと言っても多くの種類があります。

今回はそのひとつである「UQ WiMAX」についてフォーカスします。

光回線や他WiMAXとの比較もご紹介しますので、それらで迷っている方も是非読み進めてください。

UQ WiMAXとは?

「WiMAX」とはモバイル回線(無線回線)の1つで、これがあれば外出先でもネットが気軽に利用できます。

このWiMAXという回線を使ってインターネットに接続する事業者(プロバイダー)が多数存在します。ただしWiMAXに対応するモバイル回線は「UQ WiMAX」ただ1つだけです。

・・・ややこしいので簡単にまとめましょう。

まとめ
  • UQ WiMAX:WiMAXを扱うモバイル回線(※目に見えないものです)
  • ルーター:中継機器。四角いデバイスを見たことがあるのでは。
  • プロバイダー:ネットを通す管から、ネットにつなぐ役目を担う企業

UQ WiMAXは本家本元として、プロバイダーのサービスも運営しています。

しかしプロバイダーのみを取り扱う別事業者もいるので、UQ WiMAXを取り扱う企業はたくさんある事になります。

UQ WiMAXの運営会社はKDDIの関連会社であるUQ コミュニケーションズです。

深田恭子さんのCMでお馴染みの「UQモバイル」の運営会社でもあります。

光回線とモバイル回線の比較

WiMAXの説明の前に、2つのインターネット回線についてご説明します。

提供会社の例 接続方法 速度制限 使える場所
光回線(固定) フレッツ光
EO光 など
ルーターまで
有線
制限なし 家の中
モバイル回線(無線) UQ WiMAX
Y!mobile
AU など
ルーターまで
無線
条件による
制限あり
どこでも

光回線は速度制限など基本的にありませんが、家の中でしか利用できません。またルーターの取り付けに工事が必要になると、工賃が発生します。

当然工事が必要になると、利用開始も遅くなります。

一方のモバイル回線は手元にルーターが届いた当日から利用できます。

基本的にルーターの役割というのはデバイスをネットにつなぐ事で、スマートフォンのテザリング機能はルーターの仕事をしている状態とも言えます。

まとめ
  • 光回線は家の中専用。高速で無制限に使える
  • UQ WiMAXは、デバイスが到着した日から利用できる
  • スマホもモバイル回線のルーターになる

モバイル回線の中でUQ WiMAX(回線)が他の回線とどう違うのか、以下でご説明します。

UQ WiMAXの特徴

UQ WiMAXはモバイル回線の中で最も速度が速いルーターです。

また規制の条件も緩いため、あまり制限を気にせず使える所が魅力的です。

UQ WiMAXの優位性

UQ WiMAXの特徴は何と言っても通信速度の速さです。光回線に慣れている方が使用しても、ストレスフリーな速さを感じる事ができます。

また家庭用のルーターもあり、配線などの手間もなく即日使えるのは非常に便利です。

Y!mobileとの比較

エリアの広さはY!mobileが若干リード。

しかし通信速度はUQ WiMAXが大きくリードし、プロバイダーによっては費用面でもリードします。

テザリングとの比較

WiMAXと比べると速度が遅くスマホの電池消耗も激しいです。

大容量プランなどで容量無制限にしても、WiMAXを契約した方が安上がりになります。

ただし、エリアに関しては他のモバイル回線より優れているため、非常時に重宝するでしょう。

UQ WiMAXと他社製品の回線を比較

UQ WiMAX Y!mobile auデータMAXプラン
月額料金 3,392円~
(プロバイダーによる)
3,696円~
(プロバイダーによる)
5,980円~
(キャリアのプラン)
通信制限 無制限 無制限 無制限
速度 1,237MBps 972Mbps WiMAXと同じ

モバイル回線の月額料金はプロバイダー次第です。これについては後述する「プロバイダー選びで料金が変わる理由」をご参考ください。

通信速度ですが、WiMAXとY!mobileではWiMAXが断然早いようですね。

また基本無制限のプランもありますが、3日で10G以上を利用すると制限がかかります。

プロバイダー選びで料金が変わる理由

ルーターをネットに接続する事業者をプロバイダーと呼びます。モバイル回線という線を使って、プロバイダーがネットに接続している訳です。

WiMAXの回線は「UQ WiMAX」たった1つですが、プロバイダーにはUQ WiMAXの他にも沢山あります。つまり、接続だけを担う会社がいくつかある訳です。

どうして沢山のプロバイダーが存在しているのでしょうか?わかりやすく言うと、格安simとキャリアsimの違いと同じです。

UQモバイル(格安sim)はAU(キャリアsim)の設備を借りて利用者を集めているので、設備の維持費がかかりません。

また実店舗数も少なく、サポートもネット対応にするなどして費用を抑えています。こうした理由から、格安で提供が可能になっているのです。

UQ WiMAXプロバイダーは、ここで言うキャリアsimにあたります。だからプロバイダー次第で値段に差が出てくるのです。

UQ WiMAXのプロバイダー比較+オススメポイント

UQ WiMAX Broad WiMAX カシモ WiMAX GMOとくとくBB JP WiMAX
月額料金 4,380 3,411 3,480 3,609 3,500
追加オプション 端末保証
U-NEXT
レコチョクBEST
LTEオプション
安心サポート
My Broadサポート
okaimoa
(LTEサービス有)
安心サポート
U-NEXT
安心サポート
公衆無線LAN
インターネット安心セキュリティー
LTEサービス有
アマゾンギフト券
(LTEサービス有)

*予算はすべてギガ放題で、3ヶ月以降の利用料金を表します

解説していきます。

UQ WiMAX

  • 端末保証:盗難・紛失・修理の保証サービス 380円/月
  • U-NEXT:映画やドラマが楽しめるサービス 1,990円/月
  • レコチョクBEST:音楽聞き放題のサービス 908円/月
  • LTEオプション:au 4G LTEに接続可能 1,005円/月

本家本元のUQですが、オプションで魅力的なのはLTEでしょう。

地下鉄、地下街、広範囲のエリアでWiMAXが届かない所までカバーしてくれます。

Broad WiMAX

  • 安心サポート:盗難・紛失・修理の保証サービス 550円/月
  • MyBroadサポート:パソコン等のサポートやメールサービス 907円/月
  • okaimoa:ネットショップの利用権 600円/月

オプションサービスにはありませんが、ギガ放題プラン(3,411円)だとLTE回線がなんと利用無料!

とってもお得です。

カシモWiMAX

  • 安心サポート:盗難・紛失・修理の保証サービス 300円/月
  • U-NEXT:映画やドラマが楽しめるサービス 980円/月

U-NEXTが本家より随分安いようですが、見放題ではないようです。1ヶ月目の利用料金が1,380円と非常に安いです。

とりあえず試しに使ってみたい方には、オススメのプロバイダーです。

GMOとくとくBB

  • 安心サポート(水漏れサポートは500円):盗難・紛失・修理の保証サービス 300円/月
  • 公衆無線LAN:一部地域にてLAN接続可能 362円/月
  • インターネット安心セキュリティー:ウイルスセキュリティサービス 500円/月

公衆無線LANは地域が限定されますが、地下でも利用できるので便利です。

プランによってはLTEの利用も無料となり、総合的な金額も安め。人気のプロバイダーとなっています。

JP WiMAX

  • 端末安心サポート:盗難・紛失・修理の保証サービス 550円/月
  • JPサポート:パソコンのトラブルシューティング 907円/月

LTEエリア使用料が3年間無料(以降1,005円/月)の嬉しいサービス。解約金が更新月以外はかかってきますが、無料お試しキャンペーンも利用できます。

事前に使い勝手が確認できるのは嬉しいですね。

結局どんなプロバイダーがオススメで、どんな人が利用すべきなの?

安さで選ぶなら、本家よりも他のプロバイダー(MVNOと言います)がいいでしょう。しかし本家本元でもあるUQ WiMAXを選ばれる方が多いのも事実。

それは格安simよりもキャリアsim(AUやdocomo)を選ばれる理由と同じです。MVNOはあくまでも本家から一部設備を借りて使用しているイメージを持っていてください。

安心をとるか、安さをとるかは選ぶ人次第という事になります。

外で時々ネットが使いたい程度であればテザリングで十分です。しかし動画や容量の大きいデータを取り扱う場合には必需品ではないでしょうか。

ギガ放題を利用したテザリングも素晴らしいのですが、速度も遅く電池の消費がとても速いです。

実際に使っている人のレビューを、Twitterでみてみた


機種変更に料金がかかる場合、本体だけ購入してsimを交換するのもいいですね!うまい使い方です。


ネットゲームもWimaxで出来ています。光回線とほとんど変わらない事がわかりますね。


固定回線よりも料金が安い事から、まとめて乗り換える人もいるようです。


WiMAXは契約期間中には解約金が発生します。更新月は覚えておいた方がいいですね。


エリア内でも、電波の悪い所はまだあるようですね。地下であったり、電波の悪い環境ではLTE回線に切り替えるなどして対応しましょう。


Wi-Fiが混雑しているか、動作が不安定になっているのかもしれません。再起動しても解決しない場合はサポートセンターに問い合わせましょう。

まとめ

  • UQ WiMAXは多くの会社が取り扱っているモバイル回線のこと。
  • UQ WiMAXはY!mobileより早く、光回線と同等の速度が出せる
  • プロバイダー選びは料金か、安心かの選択
  • 地下で使う場合は4G LTEに切り替えが必要
  • simの入れ替えで機種変更を無料にする事も出来る

なかなか仕組みが理解しにくいネットの世界。しかし理解をすればするほどお得に快適にネットを使えるようになるので、是非他の記事もご覧ください。