Wi-Fiが繋がらない!取るべき方法とは?~スマホ・パソコン・ルーター

生活のさまざまな場所で、WiFiを使ってインターネットに接続している人は多いでしょう。

そこで困るのが、Wi-Fiに繋がらなくなことです。

ここでは、インターネットに接続できなくなったときに取るべき方法を紹介します。

※なおこれは、原則として、「家で」「Wi-Fiを使って」「ネット通信をしていること」を前提としています。

スマホの対策

まずは、「スマホを使っているときに、Wi-Fiに接続できなくなった」という場合について、スマホ側からできるトラブル解消方法について紹介します。

距離

Wi-Fiルーターは「電波」を飛ばして通信をしています。

そのため、ルーターから離れるとうまく電波を拾えなくなることもあります。

特に壁などの遮蔽物がある場合はこの傾向が顕著です。まずはWi-Fiルーターの近くに行ってみましょう

接続設定

接続設定がきちんと機能しているかを見てみましょう。「機内モード」になっていたら使うことはできません。

Wi-Fiに接続されている場合は、一度それをオフにします。その後再度オンにしてみてください。

自動的に、正しいWi-Fiを検知するはずです(パスワードを聞かれることもあります)。

アップデート

スマホはときどきアップデートを行う必要があります。しかしアップデートを行った後は、稀にWi-Fiを拾えなくなることもあります。

この場合は、後述する「電源を落として再起動させる」を選んだり、Wi-Fiルーターを再起動させたりしてみてください。

電源を切る

一度電源を切って立ち上げ直すことも有効です。

「電源を切って立ち上げることによって、どうして通信がうまくいくようになるのか」に関しては、専門家でも「その都度原因が違うこともあるので、断定はできない」としていますが、それでもかなり高い確率で状況が改善するのは確かです。

再起動のやり方はそれぞれ違いますが、たとえばiPhone6などの場合は、画面の中央下にあるホームボタンと、サイドにある電源ボタンを長押しすれば再起動をかけることができます。

パソコンの対策

パソコンがWi-Fiと繋がらない場合の対策についても見ていきましょう。

シャットダウン~再起動

スマホでも有効だった「シャットダウン~再起動」は、パソコンにおいても有効です。

Windowsの場合は、画面の向かって右端あるいはスタートボタンを押して、「電源」をクリック、再起動を掛けましょう。

Macの場合はバージョンごとで違いがみられますが、ノートの場合は左上のボタンを押すことでシャットダウン~再起動が掛けられます。

有線LANならLANコードが抜けていないか確認を

回線を安定させるため、有線LANを使っている人もいるでしょう。これが抜けていないか確認してください。

意外とこれが原因のことは少なくありません。特に足元にLANケーブルを這わせている人はチェックしてください。

ルーターの再起動

「モデム・ルーターの対策」にも繋がることですが、電源コードを抜いたり、ルーターを再起動させたりしてみてください。

違うブラウザで確認

「いつもはChromeを使っている」「いつもはsafariだ」という場合は、違うブラウザで試してみてください。

もし他のブラウザで繋がる場合は、該当ブラウザの異常や接続しようとしているURLが該当ブラウザに対応していない可能性があります(ネットワークは正常)。

ネットワークの接続を回復させる

これでも直らない場合は、ネットワークの接続が損なわれている可能性があります。

ネットワーク接続を確かめましょう。繋がっているようならば一度オフにして、再度繋げてみます

モデム・ルーターの対策

モデム・ルーター側でできる対策を考えていきます。

再起動

「再起動」は、モデム・ルーター側でも有効です。一度オフにしてみて、再度繋げましょう。

なおこれに関しては、「数分置いてからの方がよい」「繋がるまでにしばらく時間を見ておいた方がよい」と考える向きもあります。

距離

「スマホの対策」でも紹介しましたが、「距離」は非常に重要です。通信ができなくなっている端末のところに、意識して近づけてみましょう。

また、いつもよく使うもの(パソコンなど)の側にWi-Fiを設置し直すのもひとつの方法です。

LANポートやケーブルの確認を

有線LANを使っている場合、LANポートやケーブルも確認してください。ケーブルが断線されていたり、LANポートが痛んだりしていることもあります。

それでも直らない場合の対策

それでも直らないのならば、機械そのものではなく、「環境」を疑ってみるべきです。

契約

あまりないことではありますが、通信契約に基づいた請求額を納めていないと繋がらなくなってしまうことがあります

「口座を変えた」などの記憶がある場合は、こちらも確認してみてください。

また、そのWi-Fiルーターの規定よりも多くの端末を使っていると、通信速度が遅くなるなどの害が出てくることもあります。

家電の影響

無線機器などが近くで使われていた場合、電波が届きにくくなることもあります。

また、たとえば「電子レンジ」などでもこのような症状が起きる可能性があります。

ただし、アースをしっかりとっている限り、このようなことが起きる可能性はほとんどありません。

プロパイダの通信障害

今はそれほど頻繁には起こらなくなりましたが、プロパイダの通信障害が原因となることもあります。

通信障害が疑われる場合は、Twitterやホームページを確認すると案内されていることが多いかと思われます。それをチェックしてみましょう。

フリーWi-Fiに接続できない場合

フリーWi-Fiにつながらない場合は、

  1. ログインの条件をクリアしているか
  2. 電波状況が混み合っていないか

を確認しましょう。

ホテルのWi-Fiなどは、「パスワードを打ち込まないと使えない。そうしないと、宿泊客以外の人間のたまり場になってしまうから」としているところもあります。

この場合は、フロントなどでWi-Fiのパスワードの説明があるでしょう。

またそれ以外にも、SNSとの連携や、メールアドレスの登録が必要な場合もあります。

電波状況が混み合っていると、うまく通信をすることができないこともあります。

端末がどのWi-Fiを拾えばよいのかわからず、混乱したり短い断絶を繰り返したりすることがあります。

この場合、当該施設から少し離れてみると繋がるケースが多いです。

まとめ

多くの人が、Wi-Fi(インターネット)を使いこなすようになった今、「Wi-Fiルーターと繋がらない」「インターネットに接続できない」はとても大きな問題です。

特に、仕事などしている人にとっては影響が大きいことでしょう。

ただ、多くの場合、一度電源を落としてしまえば元に戻ります。まずはこれを試しましょう。

それでも上手くいかないようであれば、Wi-Fiルーターと端末の距離を近づけるなどの工夫をしてください。

また、有線LANの場合はその「線」がきちんと動いているかを見る必要があります。

それでも直らないようであれば、契約状況やプロパイダの通信情報を確かめるようにしてください。

なお、外のフリーWi-Fiの場合は、パスワードなどの入力が求められる場合もあります。利用条件もあわせて確認しておきましょう。

モバイルwifiのオススメ比較ランキング


10社のモバイルwifi比較ランキング