新幹線でWiFiを使うならどれがおすすめ?種類や特徴を解説!

新幹線の移動中はパソコンを使って仕事をしたり、スマホやタブレットで動画・音楽・電子書籍などを楽しんだりして時間を過ごすこともあるでしょう。

これらには全てネット環境が必要となりますが、新幹線でネットに接続するにはどんな方法があるでしょうか?

今回は「フリーWiFi」「モバイルWiFi」「スマホのデータ通信」といった方法を紹介していきます。

この記事のポイント
  • 新幹線では「新幹線が提供するフリーWiFi・キャリアのWiFiスポット・モバイルWiFi・テザリング」でネット接続ができる
  • フリーWiFiに接続するには設定が必要なため、前もって準備しておく
  • それぞれ一長一短であるため、状況に応じて使い分けるのがおすすめ

新幹線が提供するフリーWiFi

新幹線の車内には、鉄道会社が提供する「フリーWiFi」があります。

新幹線の車内であれば無料で利用可能なWiFiサービスで、車両によって対応しているものが異なります。

フリーWiFiは、無料で使えるというメリットはありますが、通信速度についてはあまり期待できません。

1つのWiFiを客全体で共有することになるので、どうしても通信速度は遅くなりがちですし、利用条件や設定方法などが複雑に感じられる場合もあります。

東海道・山陽・九州新幹線

東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線では「Shinkansen Free Wi-Fi」という名称のサービスが提供されています。

利用するには「メールアドレスまたはSNSアカウント」の登録が必要です。

利用方法は、ネットワーク一覧から「Shinkansen Free Wi-Fi」を選択し、アカウントの認証を行います。

接続時間は1回当たり30分まで、利用回数の限度はありません。最初の登録から21日が経過すると再度登録が必要となります。

北陸新幹線 E7系

北陸新幹線E7系では「JR-EAST FREE Wi-Fi」が対応しています。

メールアドレスを登録して、ネットワーク一覧から「JR-EAST FREE Wi-Fi」を選択、ブラウザから画面の指示に従って認証を行います。

1回当たり3時間まで、利用回数の制限はありません

北陸新幹線 W7系

北陸新幹線W7系では「JR-WEST FREE Wi-Fi」が対応しています。

メールアドレスまたはSNSアカウントの登録で利用できます。接続方法はネットワーク一覧から「JR-WEST FREE Wi-Fi」を選択、画面の指示に従って進むと登録ができます。

1回当たり3時間、利用回数の制限はありません。

 

車両wifiの種類ステッカー利用条件接続時間(1回あたり)接続方法
東海道・山陽・九州新幹線Shinkansen Free Wi-Fiメールアドレスまたは
SNSアカウント登録
30分ネットワーク一覧から選択
→認証
北陸新幹線 E7系JR-EAST FREE Wi-Fiメールアドレス登録3時間ネットワーク一覧から選択
→認証
北陸新幹線 W7系JR-WEST FREE Wi-Fiメールアドレスまたは
SNSアカウント登録
3時間ネットワーク一覧から選択
→認証

※画像引用元:https://www.jr-odekake.net/railroad/service/shinkansen-wifi.html

新幹線で使える通信キャリアのWiFiスポット

新幹線で使えるのはフリーWiFiだけではありません。キャリアスマホから提供されているWiFiスポットに対応している場合もあります。

ここでは、au、ソフトバンク、ドコモのWiFiスポットをみていきましょう。

au

auでは「au Wi-Fi SPOT」が提供されており、au契約端末であれば無料で利用できます。申し込みなどは不要。

接続方法は、WiFi機能をONにした状態で「auWiFi接続ツール」というアプリを起動します。

auIDから設定を行うことで接続できます。接続時間などの制限はありません。

利用可能な車両は東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線です。

ソフトバンク

ソフトバンクでは「ソフトバンクWi-Fiスポット」が提供されており、ソフトバンク契約端末で指定のプランに加入していれば無料で利用できます。

接続方法は、専用のアプリ「ソフトバンクWi-Fiスポット」を起動して、WiFi接続の設定を行います。

接続時間などの制限はなく、利用可能な車両は東海道新幹線です。

ドコモ

ドコモでは「ドコモWi-Fi」が提供されており、ドコモ回線契約端末であれば無料で接続できます。「mydocomo」から設定を行い、接続します。

接続時間などの制限はなく、東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線で利用可能です。

キャリア車両wifiの種類利用条件料金接続方法
au Wi-Fi SPOT東海道・山陽・九州新幹線0000Wi2au契約端末無料(au契約端末)公式サイト参照
ソフトバンクWi-Fiスポット東海道新幹線mobilepoint1iソフトバンク契約端末フラット型パケット定額プラン加入者:0円
それ以外:月額467円
公式サイト参照
ドコモWi-Fi東海道・山陽・九州新幹線0000docomoドコモ契約端末無料(ドコモ契約端末)
それ以外:月額300円
公式サイト参照

新幹線でネットに接続する方法

新幹線でネットに接続する方法として「フリーWiFi」や「WiFiスポット」を紹介してきましたが、接続方法はそれだけではありません。

ここでは新幹線でネットに接続する方法を挙げていきます。

モバイルWiFi

コンパクトな無線ルーター端末を利用してネットに接続する方法です。「ポケットWiFi」とも呼ばれます。家でも外でもネットに接続することができます。

モバイルWiFiは通信速度も申し分なく、快適に利用できるというイメージがあります。

しかし新幹線の場合、トンネルに入ったときや電波の届かない場所を走っているときに通信が安定しないことがしばしばあります。

スマホ(テザリング)

スマホを無線ルーターのようにして利用する「テザリング」でも接続可能です。スマホのデータ通信量をスマホだけではなく、その他の端末でも利用可能にします。

テザリングは、通信速度・安定度ともに優れています。しかし、スマホはデータ通信量を基準に料金が決められているため、容量の消費には注意しなければなりません。

モバイルwifiのオススメ比較ランキング


10社のモバイルwifi比較ランキング