Wi-Fiが届かないトラブルは、中継器で解消しましょう!

無線LANルーターは今、外出先での使用だけでなく室内利用としても当たり前になってきました。それは有線に劣らない程、無線が安定してきた事を実証しています。

しかしご家庭で利用される際に「電波が入りにくい場所がある」なんて経験、ございませんか?

そんな時に便利なのが中継器です。電波が届かなくなった場所には、この中継器を経由させて電波を飛ばす事が出来ます。

どんな場合に有効で、どう使うのがベストなのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

この記事のポイント
  • 中継器は親機のエリアを拡大するもの
  • 金属や湿気は電波の敵。離してご利用下さい。
  • 2.4GHzは電子レンジと同じ周波数。干渉を避けるようにしましょう。
  • 中継器は2.4GHzと5GHzの両方使えるものがある

場所によってWi-Fiが届かないを解決できる

Wi-Fiが届かなくなる主な4つのケース

  • 高低差がある場合
  • 障害物がある場合
  • 距離がある場合
  • 他の電波と干渉している場合

ご家庭に無線LANルーターがあれば、スマホやPC等の端末を無線で楽しむ事が出来ます。しかし場所によっては電波が入りにくい事がありませんか?

そんな時におススメしたいのが無線LAN中継器です。中継器は親機のルーターから電波を受診し、より遠くのエリアに電波を飛ばす事が出来ます。

イメージとしては延長タップの様に、Wi-Fiの電波を延長させる事が可能になります。

中継器の機能と相場

様々な無線LANが出回る中、それぞれの機能の違いを知るには先ず「規格」を知っておく必要があります。規格は簡単に言うと「通信方法」です。

規格通信速度周波数帯
IEEE802.11ac6.9Gbps2.4G帯/5GHz帯
IEEE802.11n300Mbps5GHz帯
IEEE802.11a54Mbps5GHz帯
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz帯
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz帯

重要なのは親機のルーターが扱う「通信方法(規格)」と、同じ規格の中継器を選ぶ事です。

11acや11nが主流ですが、通信速度では11acの方が圧倒的に早い事がわかります。

ただし高性能になる程、中継器や親機のルーターも高価になる事をお忘れなく。

ちょっとまって!周波数ってなに?

表の中で規格がある事と、通信速度に関しては予測がつくかと思います。それでは周波数帯って何の事でしょうか?

5GHzと2.4GHzの違いについてご説明します。

5GHzは障害物に弱いですが、他の電波(電子レンジやBluetoothなど)との干渉があまりありません。「安定」を求めるには5GHzがおススメです。

一方の2.4GHZはというと、こちらは「障害物に強い」というメリットがあります。しかし他の電波と干渉しやすいデメリットもあります。

しかし通信エリアは広いため、屋外での使用も可能です。

つまり「規格によってスピードが変わり、周波数によって電波の混み具合が変わる」という事になる訳です。

もちろん5GHzで11acが最速!になるのですが、端末によっては5GHzに対応出来ていない事もあるので注意が必要です。

また最近の無線LAN機器は複数の規格が扱える場合があります。1つの中継器の中に11acや11nなどがサポートされているという事です。

中継器の比較

それでは気になる商品と、価格帯のご紹介をしていきます。

RE450(TP-Link)


Amazon|TP-Link WiFi 無線LAN 中継器 RE450 11ac 1300+450Mbps

楽天市場で売り上げランキング1位を獲得した中継器。11acも11nも対応しているので2.4GHzの切り替えが可能です。

コンセントに取り付けるだけの楽々設定で、お値段約6,500円~というお買い得商品。

約929平方メートルまでWi-Fi範囲が広がる為、ご家庭やオフィスでも活躍しそうですね。

WN-G300EXP(アイ・オー・データ機器)


Amazon|I-O DATA Wi-Fi 無線LAN中継機 Nintendo Switch 動作確認済 11n コンセントタイプ 土日サポート WN-G300EXP

42(w)×33(h)×42(d)mmという、とてもコンパクトなサイズの中継器。コンセントにさしても他の挿し口を塞がない所も魅力的です。

11n/11g/11bのみ対応のため、5GHzは利用できません。こちらはお値段約2,600円~と、お手頃価格。試しに使ってみたい人にもおススメです。

DB-WEX01(PLANEX)


Amazon|PLANEX DANBOARD Wi-Fi 無線LAN中継機 DB-WEX01

人気漫画『よつばと!』シリーズに登場する架空のロボットの形をした中継器。何と言ってもデザインが特徴的なのと、71(w)×47(h)×49(d)mmという丁度いいサイズ感。

11n/11g/11bなので、2.4GHz対応です。お値段約2,600円~です。

Air Station High Power WEX-1166DHP2/D (バッファロー)


Amazon|WEX-1166DHP2/D [無線LAN中継機 WiFi 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps]

この中継器の特徴はデュアルバンド対応で、異なる周波数も同時接続が可能という点です。

また接続した端末を狙って電波を飛ばすビームフォーミングを搭載しており、これまで届かなかったWi-Fiトラブルもきっと解決してくれるでしょう。

もちろん5GHz、2.4GHz対応で、お値段は約6,000円~となります。

安いものであれば3,000円弱から購入できる中継器。実際のところ2.4GHzの方が障害物に強い利点もあるため、場合によっては5GHzよりも早くなるケースもあります。

金額はもちろんですが、まずは使う環境を確認するのが大切です。

中継器の設置方法

さて、さっそく購入した中継器。いったいどこに設置すべきでしょうか?

中継器の置き場として相応しくない場所を挙げていきます。以下の場所を避けて設置すれば問題ないでしょう。

  • 親機に近い場所

中継器は親機のエリアを増幅させるものなので、近くに置いても仕方ありません。例えば部屋の屈折部分や、電波の弱くなっている場所に置くようにしましょう。

なるべく解放感があり、金属や水分を含む障害物を避けられるような場所が理想的ですね。

  • ラックの中

テレビチューナーなどと一緒にラックに入れると、扉がガラスや金属なので電波が弱くなります。またラックの中で熱がこもって熱暴走する可能性があります。

  • 電子レンジの近く

2.4GHzの電波は電子レンジに干渉するので、絶対に近づけたくない場所です。

またBluetoothや無線マウスなども同じなので、出来るだけ干渉を避けられる場所に設置しましょう。

  • 壁際

WiFiはルーターを中心に全方向に電波を発信しています。壁際に設置してしまうと、折角の電波の半分しか利用できない事になります。

出来るだけ解放感のある場所に設置するようにしましょう。

  • 水回り

Wi-Fiは水にも吸収されてしまいます。花瓶や、水を含んだタオルなども電波を妨害する要因になる為、湿気を含むものに出来るだけ近づけないようにしましょう。

中継器によく起こる問題や不満

設定が難しい

若干の専門知識が必要になるため、何も知らない状態ではどう使えばいいかわからない事もあるかと思います。

そんな方のために、WPSまたはAOSSで設定できるものがあります。これらを利用すると、まるでBluetoothを利用するように手軽に接続できます。

中継器の効果が感じられない

折角中継器で電波が改善されると思ったのに、スマホの繋がりは相変わらず遅いと感じられた方。

そんなときは中継器に問題がある場合と、端末自体に問題がある場合があります。

中継器に問題がある場合、たとえば親機からの距離が離れすぎている等が考えられます。またはファームウェアアップデートがされていない事も考えられます。

また端末ですが、そもそも親機の信号を受信していると中継の意味がなくなります中継器からのWi-Fiをキャッチできているのか調べてみましょう。

前項でもご説明している通り、中継器はあくまで親機の機能を広げるものです。速度が急激にあがるような事はありませんので、ご注意ください。

まとめ

いかがでしたか。

屈折の多い場所や障害物などで親機の電波が直接受けられない時は、中継器を利用する事で改善されます。

ただし中継器はあくまで延長タップと同じ役割。

速度の改善ではなく、エリアの改善を目的としたものである事をお忘れなく。

モバイルwifiのオススメ比較ランキング


10社のモバイルwifi比較ランキング