【2019年10月版】実質月額料金で比較!最安のモバイルWi-Fiを紹介

※2019年9月時点の情報です。

モバイルWi-Fiには多くの種類がありますが、選ぶ際に値段を決め手にしている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、キャッシュバックなどを考慮した「実質月額料金」で比較して、最安のモバイルWi-Fiをご紹介します。

Wi-Fiを安く契約するポイント

モバイルWi-Fiを選ぶ際には、以下の点を抑えましょう。

ポイント
  • プロバイダ
  • 機種
  • 月額
  • キャッシュバック

ここでは、これらのポイントについて1つずつ説明していきます。

プロバイダ

冒頭で説明したとおり、モバイルWi-Fiには様々な種類があります。

そのなかでも特に人気なのが、「WiMAX(ワイマックス)」です。

WiMAXは他のモバイルWi-Fiと違い、契約する「プロバイダ」を選ぶことになります。

WiMAXにおけるプロバイダは簡単に言うと、販売代理店のようなものです。

WiMAXは「UQコミュニケーションズ株式会社」のサービスですが、これを複数のプロバイダがそれぞれ提供しています。

これは他のモバイルWi-Fiには見られない、WiMAX独自の特徴です。

プロバイダによって費用やオプションなどに違いが出るため、安く利用するには各プロバイダをチェックする必要があります。

機種

モバイルWi-Fiを利用するには、「モバイルルーター」と呼ばれる端末が必要です。

この端末をスマホやパソコンとWi-Fi接続することで、外出先でもインターネットを利用できるようになるのです。

端末には様々な機種があり、通信速度やバッテリー持続時間の性能に違いがあります。

「UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」を除けば、基本的に大手のプロバイダではどの端末も無料なので、性能の高い最新機種を選ぶようにしましょう

※プロバイダによっては、機種ごとにキャッシュバック金額が異なる場合があります

月額

同じWiMAXでも、月額料金はプロバイダによって異なります。

いくつかある費用のうち、合計費用に大きく影響するのが月額料金なので必ず確認しましょう。

キャンペーン

プロバイダによっては、契約時にキャンペーンを展開している場合があります。

キャンペーンの内容は様々で、条件を満たせば数万円がキャッシュバックされるものや、毎月の利用料金から一定金額を差し引くものなどがあります。

キャッシュバックを利用した方がより出費を抑えられるので、契約先を選ぶ際に各プロバイダのキャンペーンをチェックするようにしましょう。

出費を抑えたい人におすすめの安いモバイルWi-Fi

ここからは、費用を重視している人向けの安いモバイルWi-Fiを紹介します。

今回紹介するのは、以下の6つのモバイルWi-Fi(WiMAXのプロバイダ)です。

プロバイダ実質月額
JPWiMAX約3,336円
GMOとくとくBB約3,372円
BIGLOBE WiMAX2+約3,414円
カシモWiMAX約3,523円
BroadWiMAX約3,550円
UQ WiMAX約3,973円

※2019年9月時点 ギガ放題プラン・3年契約の場合

キャッシュバックを考慮した「実質月額」は、以下の計算式で算出しています。

実質月額の計算方法

(契約期間の月額料金の総額 – キャッシュバック金額) ÷ 契約期間

契約期間の選択肢はプロバイダによって違いますが、現在では「3年契約」が主流になっています。

ほとんどのプロバイダにおいて、3年契約の契約期間は「契約開始月(0ヶ月目)+36ヶ月間(3年間)」の37ヶ月間です。

また、プロバイダによって呼び名は異なるものの、WiMAXには以下2つのプランがあります。

  • ギガ放題プラン

「ギガ放題プラン」は、月間のデータ通信量が無制限のプランです。

ただし直近3日間で10GB以上のデータ通信をすると、翌日の18時から翌々日の2時までの間、速度制限がかかります。

  • 7GBプラン

「7GBプラン」は、月間のデータ通信量が7GBに制限されているプランです。

同月内に7GB以上のデータ通信をすると、その月内は速度制限がかかったままになります。

上記の表ではどのプロバイダも、3年契約のギガ放題プランで実質月額を算出しています。

ここからは、各プロバイダの特徴や各プランの料金について説明していきましょう。

JPWiMAX

「JPWiMAX(ジェイピー・ワイマックス)」は、「フォン・ジャパン株式会社」が運営するWiMAXのプロバイダです。

JPWiMAXでは特典として、契約者全員にAmazonギフト券11,000円分をプレゼントしています。

WiMAXではキャッシュバックを実施しているプロバイダは多いのですが、もらえるまでの期間が長いうえ、指定の期間内に受取りの手続きをしないとキャッシュバックがもらえないことが多いです。

そのため、キャッシュバックを受け取り損ねる人も多くなっています。

一方でJPWiMAXでは、契約後すぐにAmazonギフト券がもらえるため、受け取り損ねる心配はほとんどありません。

また、他の多くのプロバイダと比べて、月額料金も安くなっています。

JPWiMAXの月額料金

JPWiMAXのプランは、ギガ放題プランしかありません

JPWiMAXの月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
1ヶ月目(契約月)2,800円(日割)
2~3ヶ月目2,800円
4~24ヶ月目3,500円
26ヶ月目以降4,100円

先ほどWiMAXのほとんどのプロバイダでは、3年契約の契約期間は37ヶ月間と説明しましたが、JPWiMAXの契約期間は例外の36ヶ月間となっています。

JPWiMAXの実質月額は、以下のとおりです。

(131,100-10,000)÷36=約3,336円

2019年9月時点では、JPWiMAXが実質月額で最安のプロバイダとなっています。

契約解除料

WiMAXでは、契約満了月かその翌月にある「更新月」以外の月に解約すると、契約解除料を支払わなければなりません。

契約解除料は、プロバイダや解約時期によって異なります。

JPWiMAXの契約解除料は、以下のとおりです。

契約期間契約解除料
契約1年未満30,000円
1~3年目25,000円
3年目~9,500円

実質月額が最安なJPWiMAXですが、契約解除料はWiMAXのプロバイダのなかで最高額になっています。

そのため、3年以内に解約する可能性があるのなら、別のプロバイダを選んだ方が安全です。

GMOとくとくBB

「GMOとくとくBB」は、「GMOインターネット株式会社」が運営しているWiMAXのプロバイダです。

GMOとくとくBBでは、2019年9月時点で、最大31,000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック金額は以下のように、購入した機種によって異なります。

キャッシュバック金額

【モバイルルーター】
W06…31,000円
WX05…31,000円

【ホームルーター】
L02…30,550円
HOME01…30,550円

このようにGMOとくとくBBでは、最新機種の「W06」を購入しても、31,000円のキャッシュバックがもらえます。

またGMOとくとくBBでは、20日以内なら契約のキャンセル可能です。

キャンセルする場合、契約解除料はかかりませんが、契約時の事務手数料3,000円と2ヶ月分の月額料金がかかります。

ギガ放題プラン

GMOとくとくBBの「ギガ放題プラン」の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(端末発送月)3,609円(日割)
1ヶ月目〜2ヶ月目3,609円
3ヶ月目〜4,263円

実質月額料金は、以下のとおりです。

(155,769円-31,000円)÷37ヶ月=約3,372円

これは2019年9月時点で、JPWiMAXに次いで安い金額です。

7GBプラン

GMOとくとくBBの「7GBプラン」の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(端末発送月)3,609円(日割)
1ヶ月目〜3,609円

7GBプランの場合、実質月額料金は約2,771円になります。

契約解除料

GMOとくとくBBの契約解除料は、以下のとおりです。

契約期間契約解除料
~24ヶ月目24,800円
25ヶ月目~9,500円

GMOとくとくBBの解約金は、他プロバイダと比べて高額になっています。

そのため高額な契約解除料を支払いたくないという人は、キャンペーンページから申込みましょう

キャンペーンページでは、契約解除料が以下の額になっています。

契約期間契約解除料
~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
26ヶ月目~9,500円

キャンペーンページから申し込んだ場合、31,000円のキャッシュバックは受けられませんが、そのぶん月額料金がグッと安くなっています。

ギガ放題プランの実質月額は約3,374円なので、3,372円の公式ページと2円しか変わりません

BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブ・ワイマックス・ツープラス)」は、「ビッグローブ株式会社」が運営しているWiMAXのプロバイダです。

BIGLOBE WiMAX 2+には、公式ページの他にキャンペーンページがあります。

公式ページよりも、キャンペーンページから申し込んだ方が、実質月額が安くなります。

キャンペーンページでは、以下2つの特典から好きな方を選べます。

2つの特典
  • 月額料金大幅値引き
  • キャッシュバック+値引き特典

「キャッシュバック+値引き特典」を選んだ場合、月額料金が安くなるだけでなく、30,000円のキャッシュバックがもらえます。

(クレジットカード払いの場合。口座振替の場合のキャッシュバック額は15,000円)

実質月額は「月額料金大幅値引き」より、キャッシュバック+値引き特典の方が安いです。

BIGLOBE WiMAX2+には、「Flat ツープラス ギガ放題(3年)」と「Flat ツープラス(3年)」の2プランがあります。

ここでは各プランの、キャッシュバック+値引き特典の月額料金について紹介していきます。

Flat ツープラス ギガ放題(3年)

キャッシュバック+値引き特典の、Flat ツープラス ギガ放題(3年)の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(サービス開始月)0円
1~2ヶ月目3,695円
3ヶ月目~4,380円

キャッシュバックも考慮した実質月額は、以下のとおりです。

(156,310円-30,000円)÷37ヶ月=約3,414円

キャッシュバック金額が高額な分、実質月額も安くなっています。

Flat ツープラス(3年)

Flat ツープラス(3年)は、月間のデータ通信が7GBのプランです。

キャッシュバック+値引き特典の、Flat ツープラス ギガ放題(3年)の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(サービス開始月)0円
1ヶ月目~3,695円

キャッシュバック金額も考慮した実質月額は、約2,784円です。

契約解除料

BIGLOBE WiMAX2+の契約解除料は、以下のとおりです。

契約期間契約解除料
~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
26ヶ月目~9,500円

BIGLOBE WiMAX2+の契約解除料は、他の多くのプロバイダと同じ額になっています。

ただし24ヶ月以内に解約した場合、契約解除料とは別に端末の残債を支払わなければなりません。

BIGLOBE WiMAX2+では、毎月800円の端末代金がかかりますが、毎月800円の割引を受けられることで実質的に端末代金が無料になっているのです。

24ヶ月以内に解約した場合、残債の支払い額は「残りの月数×800円」です。

カシモWiMAX

「カシモWiMAX」は、「株式会社MEモバイル」が運営しているWiMAXのプロバイダです。

カシモWiMAXには、データ通信量のプランとは別に、以下2つのプランがあります。

2つのプラン
  • 最安級プラン
  • 新端末プラン

「最安級プラン」は、「W05」以外の端末は選べませんが、月額料金は「新端末プラン」より安くなっています。

「新端末プラン」は、月額料金こそ最安級プランより少し高いものの、最新機種が選べるプランです。

カシモWiMAXのプランには、「カシモWiMAX2+ギガ放題プラン」と「カシモWiMAX2+ライトプラン(7GB)」の2種類があります。

ここでは、それぞれの料金について紹介していきます。

カシモWiMAX2+ギガ放題プラン

最安級プランの「カシモWiMAX2+ギガ放題プラン」の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(初月)0円
1ヶ月目1,380円
2~24ヶ月目3,480円
25ヶ月目~4,079円

最安級プランの実質月額は、3,523円です。

一方で、新端末プランの月額料金は以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(初月)1,380円
1ヶ月目1,380円
2~24ヶ月目3,580円
25ヶ月目~4,079円

新端末プランの実質月額は、3,623円です。

カシモWiMAX2+ライトプラン

最安級プランのカシモWiMAX2+ライトプラン(7GB)の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(初月)0円
1ヶ月目1,380円
2~24ヶ月目2,880円
25ヶ月目~3,379円

最安級プランの実質月額は、2,923円です。

新端末プランのライトプランの月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(初月)1,380円
1ヶ月目1,380円
2~24ヶ月目2,980円
25ヶ月目~3,379円

新端末プランの実質月額は、3,023円です。

契約解除料

カシモWiMAXの契約解除料は、以下のとおりです。

契約期間契約解除料
~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
26ヶ月目~9,500円

カシモWiMAXの契約解除料は、他の多くのプロバイダと同額です。

Broad WiMAX

「Broad WiMAX(ブロード・ワイマックス)」は、「株式会社リンクライフ」が運営しているWiMAXのプロバイダです。

Broad WiMAXは、すでに他のWiMAXのプロバイダと契約していて、乗り換えを検討している人に向いています

なぜならBroad WiMAXは、他のプロバイダから乗り換えた場合、契約解除料を最大19,000円まで負担してくれるからです。

また、月額料金もWiMAXのプロバイダのなかで安い方に分類されます。

そのぶん18,857円の初期費用がかかりますが、これは「web割キャンペーン」を適用することで無料にできます。

web割キャンペーンは、以下3つの条件をクリアすることで適用可能です。

web割キャンペーンの条件
  1. クレジットカード払い
  2. 指定のオプション加入
  3. webからの申込み

「Broad WiMAX」には、「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の2種類があります。

ここではこれらの月額料金と、web割キャンペーンを適用した場合の実質月額について紹介していきましょう。

ギガ放題プラン

Broad WiMAXの「ギガ放題プラン」の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(利用開始月)2,726円(日割)
1~2ヶ月目2,726円
3~24ヶ月目3,411円
25ヶ月目~4,011円

実質月額は、約3,550円です。

ライトプラン

「ライトプラン」は、月間のデータ通信量が7GBのプランです。

ライトプランの月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
0ヶ月目(利用開始月)2,726円(日割)
1~24ヶ月目2,726円
25ヶ月目~3,326円

こちらの実質月額は、約2,921円です。

契約解除料

Broad WiMAXの契約解除料は、以下のとおりです。

契約期間契約解除料
~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
26ヶ月目~9,500円

ただしweb割キャンペーンを適用して、24ヶ月以内に解約した場合、契約解除料とは別に「web割キャンペーン違約金」を支払わなければなりません。

この違約金の額は、9,500円です。

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が運営しているWiMAXのプロバイダです。

先ほども説明したとおり、WiMAXはUQコミュニケーションズのサービスなので、UQ WiMAXはWiMAXの本家ということになります。

ここまで紹介してきたプロバイダはいずれも端末料金が無料、もしくは実質無料です。

しかしUQ WiMAXでは、2019年9月時点で、どの機種でも3,800円の端末代金がかかるので注意しましょう。

UQ WiMAXには、「UQ Flatツープラス ギガ放題」と「UQ Flatツープラス」の2つのプランがあります。

ここでは、それぞれの料金について紹介していきます。

UQ Flatツープラス ギガ放題

「UQ Flatツープラス ギガ放題」の月額料金は、以下のとおりです。

契約期間月額
1~3ヶ月目3,696円
4ヶ月目~4,380円

UQ WiMAXは公式ページではなく、キャンペーンページから申し込むことでキャッシュバックがもらえます。

キャンペーンの適用には、以下2つの条件があります。

キャンペーン条件
  • ギガ放題3年プランで契約
  • クレジットカード払い

これらの条件を満たしたうえでキャンペーンページから申し込んだ場合、最大13,000円のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバック金額は以下のように、購入する機種によって様々です。

キャッシュバック金額

【モバイルルーター】
W06…3,000円
WX05…8,000円
W05…13,000円

【ホームルーター】
L02…3,000円
HOME01…13,000円

W05かHOME01を選んで13,000円のキャッシュバックを受ける場合、実質月額は3,973円です。

UQ Flatツープラス

UQ Flatツープラスは、月間のデータ通信量が7GBのプランです。

UQ Flatツープラスの月額料金はずっと定額で、3,696円です。

こちらのプランはキャンペーンの対象外となっているので、キャッシュバックは受けられません。

そのため、実質月額も月額料金と同じ3,696円です。

契約解除料

3年契約の場合、UQ WiMAXの契約解除料は以下のとおりです。

契約期間契約解除料
~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
26ヶ月目~9,500円

UQ WiMAXの契約解除料は、他の多くのプロバイダと同額になっています。

WiMAXが安い理由

モバイルWi-Fiには今回取り上げたWiMAXの他に、「Pocket WiFi(ポケット・ワイファイ)」など、別のサービスもあります。

しかし一般的に、WiMAXの方が料金は安くなっています

なぜならWiMAXは、複数のプロバイダがそれぞれサービスを提供しているからです。

各プロバイダでは自分のところと契約してもらえるよう、独自のキャンペーンを打ち出して価格競争をしています。

そのため、必然的にWiMAXの料金が安くなっているのです。

多くのプロバイダでは割引キャンペーンやキャッシュバックが実施されていますが、適用条件や受取時期などが定められているため、注意しましょう。

まとめ

この記事では、モバイルWi-Fiの中でも実質月額料金が安いおすすめのサービスを紹介してきました。

今回紹介した安いモバイルWi-Fi(WiMAXのプロバイダ)と、それぞれの実質月額は以下のとおりです。

プロバイダ実質月額
JPWiMAX約3,336円
GMOとくとくBB約3,372円
BIGLOBE WiMAX2+約3,414円
カシモWiMAX約3,523円
BroadWiMAX約3,550円
UQ WiMAX約3,973円

※2019年9月時点 ギガ放題・3年契約の場合

実質月額で比較するとJPWiMAXが最安ですが、他のプロバイダと比べて契約解除料が高額になっています。

その次に安いのはGMOとくとくBBですが、キャッシュバックの受取りに失敗すると約3万円も損してしまうリスクもあります。

一方でキャッシュバックがもらえない代わりに、月額料金が大幅に安くなるキャンペーンを実施しているプロバイダもあります。

いずれのモバイルWi-Fiも更新月以外で契約解除すると違約金が発生するため、なるべく安いサービスを選択することをおすすめします。

モバイルwifiのオススメ比較ランキング


10社のモバイルwifi比較ランキング