どんなときもWi-Fiって本当に通信無制限?WiMAXとの違いも解説!

通信制限がないWiFiとして知名度を増している「どんなときもWiFi」。

本当に通信容量が無制限なのでしょうか。

また、「無制限だから月額料金が高いのでは」と思う方も多いでしょう。

今回は、どんなときもWiFiの実態を解明していきます。

さらに、一番人気であるWiMAXとの比較もしているので、WiMAXとどんなときもWiFiで迷っている方も必見です。

この記事のポイント
  • どんなときもWiFiは、無制限で使えるモバイルWiFi
  • WiMAXのような3日で10GBの縛りもない
  • 回線はドコモ、au、ソフトバンクから自動で選択
  • 解約手数料に要注意

どんなときもWiFiとは

どんなときもWiFiは、株式会社グッド・ラックが提供する通信サービスです。

ドコモやau、ソフトバンクの電波を利用して速度制限のない通信サービスを提供しています。いわゆる「トリプルキャリア対応」というものですね。

月々の料金も格安なため、安く快適にインターネットを利用したい方にはピッタリのサービス。

料金プランも1つでシンプルなことも魅力です。

料金プラン

ここでは、料金プランについて説明します。

料金プランは1つですが、クレジットカード払いと口座振替で料金が異なります。

利用期間 クレジットカード 口座振替
利用開始月 3,480円 3,980円
1~24ヶ月目 3,480円 3,980円
25ヶ月目以降 3,980円 4,410円

クレジットカード払いのプラン

クレジットカード払いの場合は、24ヶ月目までは3,480円で利用することができます。

また、その後は3,980円で利用することが可能。

通常の利用料金は4,410円ですが、割引がついているため上記の価格で利用できます。

口座振替のプラン

口座振替の料金プランは、クレジットカード払いよりも割高になります。

24ヶ月目までは3,980円、25ヶ月目以降は4,410円となります。

また、月額料金に加えて手数料が200円/月が発生します。

そのため、クレジットカードを持っている場合にはクレジットカード払いがおすすめです。

契約解除料について

どんなときもWiFiは契約期間によって契約解除料が発生します。

契約期間 契約解除料
0~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円

更新月以外は契約解除料がかかりますので、ご注意ください。

また、「解約をするつもりだったのに更新月を過ぎてしまった、、」という事例も多くありますので、更新月を忘れないよう工夫が必要ですね。

口コミ

まずは、高評価の口コミをご紹介します。


次に低評価の口コミをご紹介します。

新宿のような非常に込み合う場所でも高速通信ができている一方で、場所によっては通信速度が遅いこともあるようです。

これは他のモバイルWiFiでも発生しうることですので、契約前に口コミを確認しておくことをおすすめします。

通信回線や速度について

様々な口コミがありますが、どんなときもWiFiの通信回線はどのような仕組みなのでしょうか。

通信無制限の真偽のほども解説します。

通信無制限は本当なの?

どんなときもWiFiのQ&Aに以下のような質問と回答がありました。

Q: 無制限の使い放題とありますが本当に制限はかからないんですか?

A:不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合のみ、制限がかかる場合があります。
国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。上記のような利用でなければ制限をかけることはございません。
例えば、「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といったご利用では制限がかかることはございません。

参照元:https://donnatokimo-wifi.jp/faq

このQ&Aからも、通常使用では速度の制限が発生しないことがわかります。

そのため、安心して利用できるでしょう。

通信回線は3社から自動選択

通信会社はソフトバンク・ドコモ・auの3社から自動的に判断して利用しています。

このような仕組みなのは、他社のようにSIMカードを挿入して利用するのではなく、クラウドシステムを利用しているからです。

この仕組みを「クラウドSIM」と呼びます。

クラウドSIMを使うことで、そのエリアに最適な通信会社を臨機応変に利用することができます。

クラウドSIMで海外通信にも対応

クラウドSIMによって海外通信も可能になりました。

何か特別な設定をすることなく、世界107カ国で利用することができます。

利用した日数分だけ料金が発生するので安心です。

速度は下り最大150Mbps

速度は下り最大150Mbps上り最大50Mbpsです。

そのため、WiMAXやソフトバンクAirなどと比較すると、最大速度は劣っています。

WiMAXとの比較

どんなときもWiFiとUQ WiMAXを比較していきます。

どんなときもWiFi(ギガプレミアム) UQ WiMAX(ギガ放題)
月額料金 3,480円~/月 4,380円~/月
速度 下り最大150Mbps 下り最大1.2Gbps
速度制限 なし 3日で10GB
支払い方法 クレジットカード/口座振替 クレジットカード/口座振替
契約期間 2年間 2年 or 3年

UQ WiMAXと比較すると、月額はどんなときもWiFiの方が安いです。

しかし、BroadWiMAXなどWiMAXのプロバイダによってはどんなときもWiFiより安くなる場合があります。

金額の詳細については以下の記事をご覧ください。

下り最大速度はWiMAXの方が圧倒的に速いものの、ここまでにお伝えしたように場所によってどれくらいの速度が出るかは大きく異なります。

最大速度だけでなく、実際の速度を口コミなどで調べて比較するのがよいでしょう。

何より大きな違いは「速度制限の有無」です。

WiMAXは3日で10GBと十分に見えるかもしれませんが、ゲームなど大きなファイルをダウンロードする方にとっては物足りないかもしれません。

使い道によって判断することをおすすめします。

どんなときもWiFiをおすすめできる人

どんなときもWiFiは、ゲームのダウンロードなど大容量の通信を行う方に最適です。

通信制限がないため、いつでも高速通信が可能。

また、ソフトバンク・ドコモ・auの電波を自動的に選択するので、いつも安定した通信ができるでしょう。

月額基本料も安いため、気軽にWiFiを利用したい方にもおすすめです。

キャンペーン

どんなときもWiFiでは、月額料金の割引キャンペーンを行っています。

クレジットカード払いに場合には24ヶ月目まで930円、それ以降は430円の割引になります。

口座振替の場合には、24ヶ月目まで430円割引となります。

公式サイト上にはキャンペーンの期限は書かれていないので、急遽中止になるかもしれません。

中止になる前に、なるべく早く検討することをおすすめします。

まとめ

今回は、どんなときもWiFiについて紹介しました。

通信制限がなく、3社の電波を自動的に切り替えるなど魅力がたくさんです。

その上、月額料金も安価なためどんな方でも利用開始のハードルが低いといえます。

どんなときもWiFiをお得に契約するなら、キャンペーン開催中の今がチャンスです。