【2019年10月最新】WiMAXプロバイダおすすめ8選を比較!

モバイル回線として便利に使えるWiMAXは、プロバイダの契約が必要です。少しでもお得に利用するにはプロバイダを選定する必要があり、どこと契約するかによってコストは大きく変動します。

しかし、プロバイダは選択肢が多く、どのように選ぶべきなのか・結局何が良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そのため、今回はおすすめのプロバイダから選ぶ際のポイントまでわかりやすく説明します。この記事を読むことによって、自分に合うプロバイダを理解することができます。

WiMAXプロバイダを選ぶ3つの比較ポイント

プロバイダによって提供するサービスが違うため、WiMAXを利用する際は慎重に検討しなければなりません。このとき、特にチェックしたいポイントが次の3つです。

  • 月額料金
  • キャンペーン内容
  • 取り扱っているルーター(機種)
  • 月額料金
  • キャンペーン内容
  • 取り扱っているルーター(機種)

これら3点はプロバイダを選定するうえで重要なため、どのような点を意識すべきか、詳細なポイントまで把握しておきましょう。

月額料金

WiMAXはどのプロバイダも通信速度は同じなため、月額料金が安いほど、お得になります。

月額料金には、プロバイダが提供する通信サービスの基本料金の他に、ルーターのレンタル代や別途加入しているオプション料金などが含まれます。

プロバイダによって基本料金が違うことはもちろん、ルーターレンタル代の有無やオプション料金の設定なども異なるため、細かく比較する必要があります。

そのため、少しでも安くお得に利用できるプロバイダを選ぶことが大切です。

キャンペーン内容

WiMAXは、プロバイダごとに独自のキャンペーンを実施しています。

ただし、キャンペーン内容はその時々で変わり、適用条件も都度設定されているため、内容だけでなく利用できるかも確認しなければなりません。

キャンペーン内容はさまざまですが、特に多いのはキャッシュバックやギフト券、タブレットやノートパソコンのプレゼントです。

種類メリットデメリット
キャッシュバック特典金額が高い・受け取りに失敗する
リスクがある
・途中解約しにくい
ギフト券・契約後にすぐ受け取れる
・受け取りに失敗する
リスクがない
キャッシュバックに比べて
特典金額が安い
タブレットや
ノートパソコンとの
セット購入
なし個別購入と大して
金額が変わらない

それぞれにメリットとデメリットがあります。例えば、キャッシュバックは得られる特典の金額は大きいものの、受け取りの条件が厳しかったり、途中解約がしづらいということがあります

ギフト券はすぐに受け取れて、条件も簡単なことが多いのですが、その分キャッシュバックより金額的なメリットは下がってしまいます。

一概にどちらがよいとは限らないため、選択できる場合は、自分の好みに合わせましょう。ただし、タブレットやノートパソコンのセット購入によるプレゼント特典のメリットはほとんどありません

それは、還元される金額を考えても、個別購入とほとんど変わらないか、むしろ別途購入してキャッシュバックを受け取ったほうが、金額的メリットが大きいことがあるためです。

他にも、月額料金の割引やオプションの無料提供など、さまざまなキャンペーンがあります。そのため、条件や内容を比較して、最もメリットが大きくなるものを選びましょう。

取り扱っているルーター(機種)

2019年10月時点の最新機種は「W06」モデルでとても性能が優れています。そのため、プロバイダを選ぶ際は「W06」を取り扱っているのかどうかも確認しましょう。

W06の優れたポイントは次の4つがあり、他のモデルよりも快適に使いやすいです。

  • 下り通信速度が最速
  • 上り通信速度も速い
  • つながりやすい
  • 万が一のときでも高速通信できる

通常のWi-Fi接続時で最大速度は558Mbps、au LTEを使うと867Mbps、USBの有線接続だと1.2Gbpsです。

ダウンロードの下り速度だけでなく、アップロードの上り速度も最大75Mbpsと速く、SNSを頻繁に利用する人や動画をよく視聴するという人に向いています。

また、最新の通信規格を利用しているためつながりやすく、モバイル回線でも安定した利用が可能です。万が一、WiMAXの回線がつながりづらい場合でも、ハイスピードプラスエリアモードで回線が利用できるため、常に高速通信ができます。

各種性能が高く快適に使いやすいため、プロバイダの選定はW06の機種が利用できるかどうかを重要視するとよいでしょう。

WiMAXおすすめプロバイダ8選を比較

実際に利用するプロバイダを決めるためにも、次のおすすめの8社を比較してみましょう。

プロバイダ総額利用料金
(3年間)
平均月額料金特典キャンペーン特徴
GMOとくとくBB122,660円3,407円・月額料金割引・プランの変更が何度でも可能
・au・UQ Mobileユーザーは割引あり
JPWiMAX131,100円3,642円・契約キャンペーンとして
10,000円分のAmazonギフト券
・3年間料金割引(実質54,580円割引)
・LTE利用料1,005円3年無料
・1週間0円レンタルが可能
・最短即日発送
BIGLOBE WiMAX2+139,300円139,300円・10,000円のキャッシュバック・auユーザーは割引あり
・口座振替がある
・1年プランのみ(端末代金が別途必要)
カシモWiMAX132,668円3,685円・3年間料金割引
(実質42,755円割引)
・支払いはクレジットカードのみ
・翌日発送
BroadWiMAX128,626円3,573円Web購入&クレジットカード払いで
初期費用18,857円割引
・au・UQ Mobileユーザーは割引あり
DTI WiMAX2+126,670円3,519円・最大2カ月月額利用料金が無料
・機器代金無料
・DTI Club Off
・プランの変更が何度でも可能(無料)
UQ WiMAX139,680円3,880円・3,000円キャッシュバック・15日間無料お試しサービスあり
・au・UQ Mobileユーザーは割引あり
@nifty WiMAX150,890円4,191円・利用登録月無料・最短4日で到着
・au・UQ Mobileユーザーは割引あり

それぞれ最新のW06ルーターが利用でき、キャンペーンも充実していることが魅力です。また、知名度や実績も高いため、安心して利用できます。

一覧の総額利用料金は、3年分の実質負担額をベースに各プロバイダで比較しているため、詳細まで確認して、どれが最もお得か見極めましょう。

GMOとくとくBB:月額料金の安さを重視する人向け

とにかく月額料金を安くしたいなら、月額割引があるGMOとくとくBBがおすすめです。

制限ありの7GBプランと無制限のギガ放題プランの両方とも、低価格で利用できるため、初めてWiMAXを利用する人にもおすすめです。

プランの変更は何度でも無料なため、環境に合わせた柔軟な使い分けができます。また、auやUQ Mobileのユーザーはスマホとのセット割引が利用でき、さらにお得です。

月額料金

契約期間月額
0ヶ月目(端末発送月)2,170円(日割)
1ヶ月目〜2ヶ月目2,170円
3ヶ月目〜3,480円

GMOとくとくBBの月額料金は、7GBプランだと3,609円、ギガ放題プランは4,263円です。

ただし、月額割引が適用されるため、どちらのプランも最初の1~2カ月は2,170円になり、3カ月目以降はギガ放題プランは3,480円、7GBプランは2,690円での利用が可能です。

キャンペーン

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランの2カ月目までの月額料金が割引きになるキャンペーンが行われており、2カ月目までは通常月額よりも2,093円割り引かれます。

また、3カ月目以降は通常月額よりも783円割り引かれるため、3年間の総額でみると30,808円割り引かれる計算です。

7GBプランの場合は、2カ月目までは通常月額よりも1,439円、3カ月目以降は919円割り引かれ、3年間の総額でみると34,124円割り引かれます。

注意点

GMOとくとくBBを申し込むためには、クレジットカードが必要です。クレジットカードを持っていない場合は、事前に発行しなければならず、スムーズに利用ためするにもあらかじめ用意しておくとよいでしょう。

また、公式サイトからWiMAXの申し込みと同時に、セゾンカードの申し込みもできるため、カードを持っていない人はこれを利用するのもおすすめです。

JPWiMAX:キャンペーン内容を重視する人向け

キャンペーン内容の充実を求めるなら、JPWiMAXがおすすめです。JPWiMAXでは月額料金の割引に加えて、ギフト券のプレゼント、オプションの無料利用なども提供しており、コストパフォーマンスが非常に高いです。

また、お試しとして1週間の無料レンタルも可能で、気に入ったらそのまま契約もできます。無料レンタルから継続利用する場合でもキャンペーンは適用でき、端末も最短即日発送してもらえるため、使い勝手が良いです。

月額料金

契約期間月額
1ヶ月目(契約月)2,800円(日割)
2~3ヶ月目2,800円
4~24ヶ月目3,500円
26ヶ月目以降4,100円

JPWiMAXの月額通常料金は4,880円ですが、限定料金プランで申し込むと1~3カ月は2,800円と格安で利用できます。4カ月目から24カ月目までは3,500円、それ以降は4,100円と段階的に上がるものの、お得に利用できることは確かです。

また、キャンペーンで得られる金銭的なメリットを考えると、最初の3カ月分は実質無料となるため、よりお得といえます。

キャンペーン

契約時のキャンペーンでは、10,000円分のAmazonギフト券のプレゼントと、限定料金プランによる3年間の月額料金割引、au LTEオプションの3年間無料がセットです。このページから申し込むと、11,000円のAmazonギフト券がもらえるためお得です。

月額料金の割引やオプションの無料については、公式サイトのフォームから申し込むだけで自動的に適用されます。

ギフト券はフォームから申し込み後、端末に同封されている契約IDを申請URLに入力することで受け取れます。どれも簡単に受け取ることができ、利用しやすい点が大きな魅力です。

注意点

手厚いキャンペーンでお得度が高いJPWiMAXですが、解約金は他社より高額なため注意しなければなりません。契約から12カ月以内での解約だと30,000円、36カ月以内で25,000円、37カ月目以降で9,500円とかなり高めの設定です。

また、24カ月以内での解約だと、別途端末違約金を支払わなければなりません。端末違約金は、契約の残り月数に1,600円をかけたものになり、早い段階で解約すると金銭的な負担は大きいです。

JPWiMAXをお得に利用したいなら、少なくとも24カ月以上は使うことを念頭において、契約するとよいでしょう。

BIGLOBE WiMAX2+:口座振替での支払いが可能

クレジットカード払いしか利用できないというプロバイダは多いのですが、BIGLOBE WiMAX2+では、口座振替も利用できます。

支払いの選択肢が多いため、クレジットカードを持たない人は特に利用しやすいです。また、auユーザーはスマホとのセット割引が利用できるため、よりお得です。

月額料金

契約期間月額
0ヶ月目(サービス開始月)0円
1~2ヶ月目3,695円
3ヶ月目~4,380円

月額料金は3,980円ですが、サービス利用の初月は費用が発生しません。翌月からの請求となり、1カ月分お得に利用できるのは、大きなメリットです。

また、キャッシュバックの特典を利用することで実質の負担額はさらに下がり、初月無料分と合わせるとよりお得といえるでしょう。

キャンペーン

公式サイトから申し込むことで、10,000円のキャッシュバックが受け取れます。キャッシュバック金額はそれほど大きくありませんが、申し込むだけで誰でも適用できるという手軽さは、大きなメリットです。初期費用に当てられるため、費用負担を抑えて利用開始できます。

注意点

キャッシュバックが簡単に受け取れることはメリットですが、利用開始時にはキャッシュバック金額以上の出費が必要です。初月の月額料金は不要ですが、端末代として19,200円、契約時の事務手数料として3,000円が必要です。

そのため、初期費用はある程度かかるものと考えて、資金はあらかじめ用意しておきましょう。また、口座振替が選択可能な点が大きな特徴ですが、支払いごとに手数料が200円かかるため、費用を削減したい場合はクレジットカード払いの選択がおすすめです。

DTI:2年契約可能でお得な会員特典がある

DTIは、3年契約と2年契約の2つの形態があります。また、「DTI Club off」というお得な会員特典が利用でき、各種サービスやショッピングなどが割引価格で楽しめます。

他社より契約の自由度が高く、インターネット以外のメリットがあるのは、DTIならではの特徴です。

月額料金

契約期間月額
1~2ヶ月目0円
3ヶ月目2,590円
4ヶ月目~3,760円

「DTI WiMAX2+ ギガ放題プラン (3年)」で契約すると、最初の2カ月は月額料金無料で利用できます。3カ月目は2,590円、4カ月目以降は3,760円と金額が上がりますが、平均すると実質の負担額は安いです。

また、モバイルプランだと1カ月目から月額料金は3,500円で固定となります。ただし、モバイルプランは事務手数料が5,500円で、ギガ放題プランは3,000円で済みます。

実質的な金額を考えると、ギガ放題プランのほうが負担は少なく、快適に利用できます。

キャンペーン

DTIでは月額料金最大2カ月無料と、ルーターの端末代無料の2つの特典が利用できます。月額料金2カ月無料により、ギガ放題プランはよりお得に利用しやすいでしょう。

また、端末代金無料は最新機種のW06も該当するため、費用をかけずに高性能なルーターが手に入ります。

注意点

DTIは2年プランが利用できますが、3年プランに比べると、月額当たりのコストが高い点に注意しなければなりません。また、2年プランの新規受付は終了しており、利用できるのは現在加入中の人に限られます。

そのため、これから新規契約を考えている人は「利用は3年契約のみであること」という点は、頭に入れておきましょう。

カシモWiMAX:初月の月額料金が安い

初期費用を抑えたいなら、カシモWiMAXがおすすめです。カシモWiMAXは初月の月額料金が無料であり、端末代や送料などもかかりません。

事務手数料の3,000円は必要ですが、基本的にはこれだけで利用できるため、初期費用を大幅に抑えて使い始められます。

月額料金

契約期間月額
0ヶ月目(初月)0円
1ヶ月目1,380円
2~24ヶ月目3,480円
25ヶ月目~4,079円

初月の月額料金が無料になるだけでなく、1カ月目の料金が1,380円と業界最安値であることも、カシモWiMAXの特徴です。

2カ月目以降は24カ月目まで3,480円、25カ月目以降は4,079円となりますが、最初が安い分、実質の負担額も節約できます。ちなみに、これはギガ放題の料金ですが、7GBの制限ありプランでは、月額料金は600円程度安くなります。

キャンペーン

カシモWiMAXではキャッシュバック制度はありませんが、その分割引や端末無料などで大きな金銭的メリットを提示しています。

割引は3年間続いて最大42,755円で、端末代は20,000円相当です。つまり、合計62,755円相当のメリットが得られることになり、割引のために自動で適用される点も、うれしいポイントです。

注意点

カシモWiMAXの支払いはクレジットカードのみとなっており、口座振替は利用できません。そのため、事前にカードの発行が必要で、デビットカードやプリペイドカードなども利用できない点には注意が必要です。クレジットカードは年会費無料のものでも使えるため、持っていない人は、支払い用に作っておいてもよいでしょう。

Broad WiMAX:乗り換え時に違約金負担サービスあり

他社でWiMAXを利用していて乗り換えを検討しているなら、解約金を負担してくれるBroad WiMAXがおすすめです。Broad WiMAXなら、他社からの乗り換えで最大19,000円の解約金を負担してくれます。

また、解約金が発生しない場合でも、auユーザーやUQ Mobileユーザーならスマホとのセット割引が使えるため、お得に利用できます。

月額料金

契約期間月額
0ヶ月目(利用開始月)2,726円(日割)
1~2ヶ月目2,726円
3~24ヶ月目3,411円
25ヶ月目~4,011円

ギガ放題の定額プランで申し込むと、最初の2カ月は月額料金が2,726円と格安で利用できます。3~24カ月目までは3,411円で、以降は4,011円となりますが、2年目までは通常よりも割引価格で利用できるため、お得です。

キャンペーン

Webからの申し込みで、かつ支払い方法をクレジットカードに選択して指定オプションに加入すると、初期費用の大幅な割引が受けられます。

指定オプションは「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」の2つで、契約後に解約が可能です。これらの条件を満たすことで、初期費用が18,857円分割引になります。

注意点

初期費用の割引を受けるためには、2つのオプションに加入する必要があり、不要な場合は契約後すぐに解約しなければなりません。

安心サポートプラスは月額550円、My Broadサポートは月額907円かかるため、加入したままになっていると、せっかくの初期費用割引のメリットが薄れます。割引が減り、実質の負担額が減ってしまうため、オプション解約は忘れずに行いましょう。

@nifty WiMAX:大手で信頼性が高くサポートが充実

信頼性の高さで選ぶなら、大手で知名度も高い@nifty WiMAXがおすすめです。@nifty WiMAXはサポート体制が充実しており、別途オプション加入が必要ですが、24時間体制のセキュリティサポートが利用できます。

通常月額500円かかりますが、WiMAXと同時申し込みで、初月無料で利用できるのは大きな魅力です。

月額料金

契約期間月額
1ヶ月目(契約月)0円
2〜3ヶ月目3,670円
4ヶ月目〜4,350円

@nifty WiMAXは利用登録月は月額料金が無料で、費用が発生するのは翌月からです。また、2カ月目と3カ月は割引料金になり、月額3,670円で利用できます。そして、4カ月目以降は月額4,350円です。これはギガ放題プランですが、上限7GBの容量制限があるプランでは、2カ月目以降も変わらず3,670円で利用できます。

キャンペーン

キャンペーンを適用すると利用登録月の月額料金が無料になり、1カ月分お得に使えます。公式サイトから申し込むだけで自動的に適用できるため、使いやすい特典といえます。また、キャンペーン以外ではauやUQ Mobileユーザーに限り、スマホとのセット割引が使えるため、これも利用すると実質の負担額はさらに下げることができます。

注意点

最新機種のW06を利用するためには、端末代が20,000円と送料の762円がかかります。利用登録月の月額料金は無料になるものの、初期費用が発生することは覚えておきましょう。初期費用はこれらに加えて、事務手数料の3,000円もあるため、ある程度資金を用意しておかなければなりません。

UQ WiMAX:乗り換え時にお得になる可能性あり

スマホをauやUQ Mobile以外で利用しているなら、これらに乗り換えることでUQ WiMAXがお得に利用できます。それぞれのスマホとのセット割引が利用でき、大手キャリアからUQ Mobileへの乗り換えなら、スマホの月額料金自体が安くなります。

組み合わせ次第で通信費全体を下げられるため、スマホの契約先も見直したい人におすすめでしょう。

月額料金

契約期間月額
1~3ヶ月目3,696円
4ヶ月目~4,380円

UQ WiMAXはプラン料金が非常に分かりやすく、月額料金は初月からずっと3,880円で変わりません。実際には契約時の事務手数料や契約更新料、ユニバーサル料金などが加算されるため、もう少し費用負担は増えますが、コストを計算しやすい点は大きな魅力です。

キャンペーン

公式サイトの申し込みページから契約することで、3,000円のキャッシュバックが受け取れます。ただし、キャッシュバックを受けるためには、所定のページから申し込むことに加えて、ギガ放題のプランへの加入が必要です。さらに、新規契約であることも条件で、プラン変更は対象外となります。

注意点

キャッシュバックが受けられるのは、申し込みページで「ギガ放題プラン」に申し込んだ場合で、この条件を必ず満たさなければなりません。また、キャシュバックの受け取り申請は、送られてくるメールに記載されたURLから行います。

メールが来てから30日以内に申請をしないと、受け取りの権利が消滅するため、メールの受信はこまめに確認する必要があります。ドメインが受信拒否設定になっていないかも確認するなど、メールの受信設定は最初に済ませておくと良いです。

WiMAXが他モバイル回線よりも優れている部分

モバイル回線はWiMAX以外にもあり、必ずしもWiMAXを選ぶ必要はありません。しかし、他のサービスと比較すると、WiMAXには優れたポイントが多く、主に次の4つが挙げられます。

  • 最大速度が速い
  • データ容量無制限で使える
  • 速度制限がかかりにくい
  • コストパフォーマンスが高い

他のサービスよりも、WiMAXはどのような点で優れているのか、魅力をさらに深堀りしていきましょう。

最大速度が速い

WiMAXは最大通信速度が速く、他のサービスと比較してもその差は歴然です。

例えば、Pocket WiFiの場合は、無線LAN接続の最大速度は588Mbpsですが、WiMAXは無線LAN接続でも最大867Mbpsとなっています。

また、USB接続時の速度もWiMAXのほうが速く、最大1.2Gbpsと光回線より速くなることもあります。

モバイルルーターを快適に使えるかどうかは通信速度で違ってくるため、より速く通信できるWiMAXのほうが、快適に使いやすいといえるでしょう。

データ容量無制限で使える

契約するプランにもよりますが、ギガ放題のプランを利用するなら、月間のデータ容量は無制限で利用できます。何GBでも自由に通信できるため、動画の視聴やオンラインゲームなどもたっぷり楽しめます。

ギガ放題よりも縮小したプランでは、月間7GBまでの通信しかできませんが、この場合でも7GBを超えないなら速度制限はなく、快適に利用できます。無制限での利用が可能なことに加えて、使用環境に応じたプラン設定がしやすいことも、WiMAXの魅力でしょう。

速度制限がかかりにくい

ギガ放題のプランでも、厳密には通信し放題というわけではなく、一定の条件を満たすと速度制限がかかります。

しかし、速度制限はかかりづらく、もし制限されたとしてもすぐに解除されることが魅力です。ギガ放題のプランの場合、速度制限は直近3日間で10GB以上の通信をした場合のみにかけられます。

直近3日間の通信の合計が10GB以上に達すると、翌日18時から夜中2時まで制限がかかります。制限があるのはこの8時間のみで、これを過ぎるとまた通常通りの制限なしの速度で利用が可能です。また、速度制限時でも最大速度は1Mbpsとなっているため、極端に遅くなるわけではありません。

月7GBまでのプランだと、速度制限時の最大速度は128kbpsとなるため注意が必要ですが、ギガ放題プランなら、制限はそれほど気にならないでしょう。

コストパフォーマンスが高い

高性能で使いやすいだけでなく、月額料金が比較的安い点も、WiMAXの魅力です。契約するプロバイダや適用するキャンペーンなどで費用は異なりますが、大体月額3,000~4,000円で利用できます

他社モバイル回線の場合は、4,000円以上が基本となることが多く、固定回線だと5,000円を超えるものは少なくありません。費用が安いながらも他のサービスよりも優れた面は多数あるため、コストパフォーマンスの高さは群を抜いているといえます。

さらに、契約内容の工夫次第でコストが下げられる点も魅力で、上手にプロバイダを選べば、よりお得にインターネットが利用できます。

WiMAXプロバイダを選ぶ際の3つの注意点

WiMAXを快適かつお得に利用するためだけでなく、損することなく使うためにも、次の3つの注意点は把握しておかなければなりません。

  • プロバイダの月額料金は実質負担額で考える
  • プロバイダ別の解約金について理解しておく
  • キャンペーン内容の条件・手続き方法を細かく確認

プロバイダの選び方を間違えて損をすることがないように、注意点は細部まで理解しておきましょう。

プロバイダの月額料金は実質負担額で考える

WiMAXをお得に利用するうえで重要になるのが月額料金ですが、これは表面的な金額ではなく、実質負担額で考えなければなりません。実質負担額とは、各種キャンペーンや割引を適用後の、実際に負担した合計金額です。

例えば、A社の月額料金が3,000円で、B社の月額料金が3,100円の場合、お得なのは100円安いA社です。しかし、仮にB社にのみ契約時に30,000円のキャッシュバックがあったとすると、月額100円安いA社よりも100円高いB社のほうが、断然お得になります。

このように、キャッシュバックや割引次第では、基本料金が高いプロバイダでも、実質お得になる可能性があります。「月額の基本料金が安い=絶対にお得」という図式は、必ずしも成り立つとは限らないことは覚えておきましょう。

プロバイダ別の解約金について理解しておく

WiMAXを解約する際には、タイミング次第ではプロバイダの解約金が発生します。解約金の発生条件や金額はプロバイダによって異なるため、契約前にチェックしておかなければなりません。

WiMAXの契約は、数年ごとの自動更新になっていることが多く、更新月に解約した場合のみ解約金が発生しない仕組みになっています。

これはスマホの解約金と同じですが、プロバイダによって契約年数が違うため、いつが解約金なしで解約できるのかは個別にチェックが必要です。

また、解約金はかからないに越したことはありませんが、少額なら費用がかかってもあえて早めに解約するという方法もあります。

例えば解約金が9,000円で、月額料金は4,000円、更新月は4カ月後だったとします。このケースでWiMAXの必要性がゼロになり、一切インターネット通信をしないという場合は、更新月を待たずに早めに解約したほうが、実質負担額は少ないです。

即時解約すれば解約金が9,000円かかりますが、更新月まで待つと4カ月分の月額料金で16,000円かかります。

WiMAXを全く利用しないようであれば、早めの解約もときには必要であることは覚えておきましょう。これらも踏まえて、解約の条件や解約金の額を確かめておく必要があります。

キャンペーン内容の条件・手続き方法を細かく確認

少しでもお得に契約するためには、キャンペーンを上手に活用することをおすすめします。しかし、キャンペーンは自動的に適用できるわけではなく、利用するためには各種条件を満たしたり、手続きをしたりする必要があるため、これらも確認しておきましょう。

キャンペーンの内容によって適用条件は異なりますが、新規契約の場合のみ利用できるものや、他社乗り換えの場合のみ利用できるものなど、契約の形態が関係することもあります。

また、特定のプランやオプションへの加入が必要といったケースもあり、この場合は出費と受け取れる特典の差額を計算して、本当にお得かどうかを確かめなければなりません。特典受け取りの方法も確認が必須で、いつどのようにして受け取れるのかなど、細部までチェックしておきましょう。

特典によっては、一定期間内に申請や手続きをしないと、受け取りの権利が消滅することもあります。条件を満たしているか、スムーズに受け取りができそうかを確認し、確実に特典が適用できるプロバイダを選ぶことが大切です。

サービス内容を比較して目的に合ったプロバイダを選ぼう!

契約するプロバイダによって、月額料金や利用できるオプション、受け取れる特典などは異なります。どこがお得かを考える際には、総合的にチェックすることが大切で、実質のコスト負担や使い勝手のよさを考える必要があります。

プロバイダごとの違いを念入りに比較し、自分に合ったものを選んでWiMAXを快適に利用しましょう。

モバイルwifiのオススメ比較ランキング


10社のモバイルwifi比較ランキング