BIC WiMAXはビックカメラのWiMAX!同時購入を利用するとオトク

WiMAXのプロバイダーはいくつもありますが、家電量販店で提供しているものがあるのはご存知でしょうか。

実はビックカメラでもBICWiMAXというサービスを提供しています。

今回はBICWiMAXの料金やオプションについて紹介。WiMAX選びの参考にしていただけると幸いです。

この記事のポイント
  • ビックカメラやコジマ、ソフマップの店舗で契約可能
  • 3年契約プランなら家電との同時購入割引が利用できることも
  • 回線の品質は他のWiMAXと同じで安心

BIC WiMAXとは?

BIC WiMAXは、ビックカメラグループのWiMAX。

特徴は店舗でのみ申し込みを行っていること。

ビックカメラグループなので、ビックカメラのほかにもコジマやソフマップでも契約をすることが可能となっています。

ただし、契約後のサポートは株式会社ラネットが実施しています。契約は店舗でしますが、解約は店舗ではできない点に注意が必要です。

WiMAXの回線を借りて運営しているので、UQWiMAXなど他社のWiMAXと速度面での差はありません。

料金プランは全部で4つ

他のWiMAXサービスと比べて、プラン数は多く4つとなっています。

2019年の10月から新料金プランになり、契約期間の縛りがないプランなども登場しました。

3年契約プラン

まずは料金が最安の3年契約プランです。

こちらは月4,268円(税込)で利用することができます。

端末代金は15,000円を一括で払うか、30回払いの分割にするかを選ぶことが可能。

分割にしても手数料はかからないので、好きな方を選ぶとよいでしょう。

LTEエリアで通信することができるLTEオプションも無料で利用できます。

BICWiMAXで無料なのは3年契約プランのみ。

そのため、WiMAXがつながりにくいエリアで利用する機会が多い場合には3年契約がおすすめです。

更新月は38ヶ月目。

37ヶ月目の末日又は38ヶ月目に解約以外で解約をしたい場合には、9,500円の手数料が発生します。

また、3年契約プランだけの特典として「同時購入特典」があります。

これは、店舗で商品を購入する際の特典のようです。

店舗や時期によって同時購入特典は変わる可能性があります。

そのため、WiMAXを契約する前に店舗に問い合わせてみるのがおすすめです。

2年契約(自動更新有り)プラン

こちらのプランは、他社でもよくある2年縛りのプランです。

更新月に解約しない限りは自動的に契約が進むプラン。

月の料金は3年契約と同じく4,268円(税込)しかし、LTEオプションは有料です。

月に1度でもハイスピードプラスエリアモードを使用すると、1,105円(税込)のオプション料金が発生します。

契約の更新月は26ヶ月目。

25~27ヶ月目以外で解約をする場合には、1000円の契約解除料がかかるので注意が必要です。

2019年10月からの新料金プランでは、2年契約プランの更新月や解除料が安くなったので、一番契約しやすいプランだといえます。

LTEオプションを使わない場合には、こちらのプランがおすすめです。

ただし、端末を分割購入した場合には30回払いになっているので注意が必要です。

2年契約(自動更新なし)プラン

2年の契約プランでは、自動更新がないプランも存在。

こちらは、25ヶ月目までは4,268円(税込)で利用できます。

それ以降は期間の契約がなくなるため、月額基本料が増額。

4,455円(税込)となります。

こちらもLTEオプションは有料です。

端末を分割で購入している場合には30回払いである点に注意が必要です。

契約期間がないプラン

契約期間がないため、いつでも契約解除料がかからないプランもあります。

こちらは、月額4,455円(税込)でLTEオプションは別料金です。

1ヶ月からでも利用できるため、短期の利用にも最適なプランとなっています。

ただし、端末料金は一括又は30回払いになるので注意が必要です。

オプションについて(端末保証プラン・公衆Wi-Fi)

オプションとしては、端末保証プランや公衆Wi-Fiがあります。

端末保証プランは、安心デバイス+と安心デバイス2+にわかれます。

安心デバイス+は月418円(税込)で、安心デバイス2+は月528円(税込)です。

両者の違いは、補償の内容です。

安心デバイス+は水漏れなどの故障に対応しているのに対して、安心デバイス2+は追加で紛失や盗難にも対応。

水漏れや破損など、補償の範囲内なら無料で対応してくれます(ただし、複数回故障した場合には有料)。

安心デバイス2+のみ対応している盗難などは、別途5,000円の費用負担が必要となります。

次は、公衆Wi-Fiです。

こちらは、契約後にマイページから申し込みをすれば無料で使えます。

Wi-Fi+プラスプランでは、UQWiMAXが提供するWi-Fiが無料で利用可能。

また、Wi2プラスプランでは、Wi2の公衆Wi-Fiが無料です。

それらを合わせたWi-Fi+プラスプレミアムというプランもあります。

それぞれプランによって対象者が異なるので、契約後に確認するのがおすすめ。

空港などWiMAXがつながりにくいところでもWi-Fiが使えるため、利便性を高めることができるでしょう。

端末料金は、一括か分割払いが選べる

料金プランの中の中でも解説しましたが、端末料金は有料で分割払いか一括払い可を選択できます。

分割は30回払いで手数料は発生しません。一括は15,000円を支払います。

どちらも合計金額は変わらないため、好きなほうを選ぶとよいでしょう。

通信速度や速度制限について

BICWiMAXでは、WiMAX回線を利用しています。

そのため、UQ WiMAXと同じ環境で通信できます

BICWiMAXでは、データ通信量に制限のないプランのみ提供されています。そのため、月間の通信容量を気にする必要はありません。

ただし、混雑を回避するための速度制限がある点は注意が必要。

3日間で10GBをこえる通信を行うと、翌日の18時頃から速度制限がかかります。

制限がかかったとしても、You Tubeの標準画質の動画がみられるくらいの速度。

そのため、ウェブサイトの閲覧やSNSの閲覧は問題なく行えるでしょう。

BIC WiMAXの口コミを紹介

ここでは、BICWiMAXの口コミを紹介していきます。

良い口コミ

まずは、良い口コミを3つ紹介します。

BICWiMAXの解約の際、サポートセンターの対応が非常によかったとつぶやいています。

サポートセンターは悪い評判を聞くことがありますが、この方は良い対応をしてもらえたようです。

解約手続きで良い対応をしてもらえると、気持ちよく解約をすることができるでしょう。

このような口コミがあると安心です。

この方は、BICWiMAXの同時購入特典を利用したようです。

2万円の購入券がもらえたようで、除湿機と扇風機を購入したよう。

同時購入の特典があるのは、家電量販店ならではですね。

悪い口コミ

一方で、BICWiMAXの悪い口コミもいくつかありました。

今回は3点紹介します。

この方は、サポートの方の対応が少々不満だったようです。

サポートセンターは良い評判が多かったですが、一部対応があまり良くない方もいるのかもしれません。

この方々は、サポートがつながりにくいとツイートをしています。

サポートセンターは、時期や時間帯によって繋がり時間があるのかもしれません。

また、月末などは混み合うところが多いので、時期を見極めて電話をかける必要がありそうです。

他プロバイダーと比較してお得?

最後に、BICWiMAXは他社のものと比較してオトクなのかを検証していきます。

ここではJPWiMAXと比較しながら考えます。

BICWiMAXは月4,268円(税込)。

端末料金は15,000円ですが、同時購入割引が同じくらいある可能性が高いです。

一方のJPWiMAXは月額料金の割引があり、平均すると月額約3,336円。

また、端末料金は無料です。そのため、BICWiMAXよりも約1,000円近くオトクです。

料金重視の人はJPWiMAXのほうがおすすめといえます。

BIC WiMAXはこんな人におすすめ

今回は、ビックカメラのBICWiMAXを紹介しました。

おすすめな方は

  • 店頭で申し込みたい方
  • WiMAXと同時に家電を購入したい方

最近のコメント

    モバイルwifiのオススメ比較ランキング


    10社のモバイルwifi比較ランキング